キャプチャ6










いい顔するようになった
柔らかい笑顔が最高にかわいい
またヴァイオレットが人の人生変えたな・・・
ヴァイオレットと出会って、心が動いた...決心したんだな...
彗星より美しかったヴァィオレットの瞳を想いだすよ
うわ…素晴らしすぎるな…
身につけたブローチにも負けぬヴァイオレットちゃんの瞳、そのまま宇宙に引きずりこまれそうでやばい pic.twitter.com/vPEPFUQRjw
今日の は男子が完全にメタラーだった件。 メタラーはすぐ星を見るとか言い出す(STARGAZER)
青空の下あんな素敵な笑顔を見てしまったら、それはもう頑張るしかないものなぁ……
二度と巡り会えないはずの彗星という強力すぎる暗喩
一番好きな話が常に最新話なんだけどヤバすぎだろこのアニメ
リオンくん旅に出てまたヴァイオレットちゃんと旅先で会えるか会えないかわからないけどそうしたい、みたいなのが望みなのか、なんだか素敵なんだけどもどかしいわw
少佐がもしどこかで何らかの事情で隠れて生きていたらいいな

リオンはヴァイオレットに少なからず好意をもっていたから、アプローチを始めたのに、結果ヴァイオレットの少佐への気持ちを前より明確なものにしてしまったのか

ヴァイオレット・エヴァーガーデン6話 寂しいという感情がどう言った気持ちのことなのかを知ったヴァイオレット。そしてヴァイオレットとの出会いがリオンの考えを変えさせた。ルクリアのように再登場はあるのかな?今回も良かった。
ヴァイオレットには感情が足りないので、それを毎回学んでいくわけです。その感情は、相手にとって最も大切な思いにつながっている。「お前寂しいって感情はないのか」という言葉は、本人が最も大切にしている思い出に接続されているのです。
6話視聴致しました。
今回は特に、作画が自分好みで彗星を二人で見ている時の会話のシーンが印象強かったです。
そして、リオンに寂しさというものを教えてもらい…ヴァイオレットの心の成長が感じれて、人との出逢いによっての成長とは良いものですね。

リオンがヴァイオレットに出会って好意を寄せる展開かと思ったら、ヴァイオレットの気持ちを引き出す展開になった・・・。失恋というわけでもなくヴァイオレットの気持ちを視聴者に明らかにしつつリオンの時を動かすという
【ヴァイオレット・エヴァーガーデン#6】
泣けるとかじゃなく心が休まる感じで1話あっという間だった。懐かしいキャラも出てきて嬉しい。てっきり郵便局で代筆やるのがドールの仕事だと思ってたけどかなり移動する職業なんだな。てか前回の少佐のお兄さんはどうなったんだろ?
物語の内容的には、「聲の形」との類似性があるエピソードだった。さらに、少佐が、ヴァイオレットにとっての父親=セカイであったことが明らかにされた。今回の青年も両親を失った後に、閉鎖状況からの脱出を決意している。
今回のエピソード、男女の結びつきがセカイの運動と連動しているという、セカイ系の基本フォーマット読み取れる。しかも輪廻転生とか、聖母とかも盛り込まれていて、すごい宗教的な雰囲気があったよな。
今後、ヴァイオレットが過去の自分の罪をどのように認知していくのかが、ポイントになるのではないか。ヴァイオレットは、自分のことを許せるのかが、大きなポイントになると思います。それとも、ヴァイオレットが自分を責めて、内罰的傾向を深めてしまうのかがポイントになる。
公式他