キャプチャ6









新EDキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
えっっっっっっっっっっr
特集エンディングだーーー!!!すき!!!!
え、イチゴ可愛すぎでしょう。

ヒロインズ5人が仲良くしてるのとてもいい
この話で緑色の流星とか不穏 
イチゴちゃん、あまりにも推せる

砂浜で016の足跡の上を重ねる様に歩く015 このシーンに015の健気さがハンパない。
いわゆる水着回ってヤツだけれど、前までの話で置いておいた内容が細かい感情表現にめっちゃ絡んできてすげぇ面白かった。ストーリーがめっちゃいいんだよなぁ。


錦織ー田中ラインの素敵な水着シーンだと言うのに(本編で白、EDでパステルとか天才か)一瞬たりとも気が抜けねーというこの不穏さはどうしたらいいのか。全部フランクス博士のせいか?
さっきダリフラの7話『流星モラトリアム』見てきたけど、皆さんの水着可愛いんじゃ~^ 個人的にはミクちゃんほんとすこww
終盤のヒロとイチゴの砂浜での会話シーンでのイチゴの膨れ面は最強!

好きと繋がりたい
#イチゴだいしゅきぃ
#ゼロツーだいしゅきぃ pic.twitter.com/WU2oLnyUge
最後イチゴが「ずっと一緒にいたい」って言うのを、「流れ星!」で遮ったヒロに対して「てンめェェェェェェェェェェェェェェェェッッッ!!!!!!!!」って叫んだのは自分だけじゃないハズ


毎週パートナーが親友と仲良くしてて割りとないがしろにされてるゴロちゃん真の負けヒロインなのでは
pic.twitter.com/7tEx3OXsRW
また、今回は花がよく映り込んでましたね
僕の知識がないのでここから厳密な地域が割り出せる訳では無いのですが、温室育ちのメンバーが廃墟を通じて性の秘密に迫ったことのある意味象徴ではないでしょうか
廃墟、海、野草、何れにしても博士の意図が感じられます pic.twitter.com/O9YUmtGLuZ
今回は性への認識の相違がメンバー間で顕著でしたよね
嫌がるもの、受け入れるもの、戸惑うもの、楽しむもの、まだ知らないもの...パートナー間の関係もそれぞれ違う
博士のいう個性的な部隊とはこの事を指しているのかもしれませんね
性へのあり方=フランキスへの乗り方が重要なのかも
ヒロくんが星座の知識に嫌に精通しているのも気になります
勿論ほかの同期は詳しくない様子ですし、知識のパラサイト側への制限が激しいダリフラ世界で、幼少期からそれに詳しいというのは誰かの意図的な入れ知恵でしょう
個人的にはヒロは元々ギリシャ組と接点があったからと考えます
いやダリフラ7話特殊EDでイクノさん優勝という気持ちは分かる。
分かるが、やはりここでも勝者はイチゴさんだからな。
ハイビスカスの花冠かな?これ。
twitter.com/hikol/status/9…
pic.twitter.com/ZI0wDJ6u8B
ただの水着の息抜き回ってわけじゃなく、ヒロゼロツーが正式に仲間に受け入れられて仲間たちの成長もみれたし、本来のコドモらしさも見れたし、改めて性に対しての知識を制限してることが重要なことであると印象づける濃厚な回であったな。
何よりゼロツーのポニテ水着

フランクスの生みの親の博士が老人とはいえ存命で廃墟は原型を留めている。今のような世界になったのは精々数十年前からなのに具体的な部分は謎でコドモ達にはその情報は与えられてないと #オトナの方が侵略者では #侵略者による歴史改変の気配
今回、もしも保護者が同行していたとしたら子供たちがあの廃虚にたどり着く前に止められていたのかもしれない
外の世界の事情をそれとなく子供たちに教えてやるのがフランクス博士の狙いだったのかな 
なぜ冬の星座代表のオリオン座が海に入れるくらいの季節(たぶん夏)に見えるのか

①内的要因
マグマ燃料の採りすぎでマントルが減り、自転の周期が変わった
②外的要因
隕石が落ちてきて地軸が傾いた
(やたら流星が多い描写が関係あるかもしれないが、大きなクレーターの描写はない)

考察
ダーリン・イン・ザ・フランキス 7話
単なる水着回ではなく所謂“性”=“生”と、日本の何処かの街の“廃墟”という“死”の展開。表面上は賑やかだが不穏さを滲みさせた脚本構成は流石TRIGGER、巧い。大人に騙される子供達感が強いな。と共にキスからの母子手帳の演出意味がこの先とても気になる。
ゼロツー 華があるし勝ち気で明るいイメージだったが何となく影を感じるんだよなあ
やっと見つけたの!取らないでよね!ボクのなんだから!みたいな必死さがあるよな
案外イチゴよりいっぱいいっぱいなのかもしれないね

公式他