キャプチャ10










「私達は楽になる道を選んでしまった…でも貴方は生き続ける道を選んだのね…」 無限の残骸 pic.twitter.com/S2YVGD0axl
えっ続きは7月なの

今回のは向き合いではなかったけど
そりゃ本人が同化してたし
仕方が無いのかも。
ふと思ったんだけど、
「サーヴァントはマスターを
 監視していなければならない、
 マスターはサーヴァントを
 知っていなければ勝てない」
という月の聖杯戦争の設定も
向き合いの理由なのでは。

pic.twitter.com/VZoxqjcJiK


引き分けだったせいで歯車として機械に取り込まれたのか…まるでどっかの誰かさんみたいだな pic.twitter.com/zyG4vtgsgT
つまるところ、量産型デミ・サーヴァントだったと。 pic.twitter.com/KWPmhHUEm5


今回のエンディング絵はマスター同士の凛とラニ。ラスアンでは切ない終わり方でしたね。cccの方も切ないけどとても好みの終わり方でしたので興味持った方はやって欲しいですね。
そして礼装のテキスト泣きそうになる。 pic.twitter.com/VVN4r1TAdr
EDは最初違和感がある気がしていたが、今となっては激しさの中に物悲しさのあるとてもマッチした曲だった
ハクノがだんんだん人間っぽくなってきた。
感情が豊かになったというか。人間性が増した。

ハクノに説明するシーンの時点で、この2人らしからぬ「自分のために」感が出ていて変だなとは思ったけれど、それは2人が1000年の間に目的を見失って楽になりたくなってしまったからだったんだな。。。こいつらが楽になりたいなんて言うなんてな。。。
ハクノが選んだわけじゃないけど凛ルートを選んだかのようなこの展開で、サブタイトルが「無限の残骸」

やってくれましたね……

過去と未来。ラニが過去を象徴するなら、遠坂は未来を象徴する。過去は過ぎ去ったモノで未来はその延長線にあるのならまあこの二人に限って残されてしまうのは凛になっちゃうよねと
公式他