キャプチャ6










おいおいメガロボクス面白すぎる・・・・・・

紛うことなき神回だと思った
今週も最高だった…。熱くて眠れないや
今まで1番好きな回だった。
いやー本当に台詞が。
なんですかね?盛り上がるなぁ。
このジョーとアラガキの男同士の意地の殴り合い、いい感じだで…
毎週熱い。熱いんだけど男臭さ、泥臭さの熱さでほんとに最高だよ。
今日のメガロボクス、ジョーかっこよすぎるし。感動的な話だった。やはり最高だ。
ひとつの台詞の意味が重層的になっていく・・・良い

「おれの明日は今日です」
泣いた
1話まるまる打ち合いに使ったね いい試合だった アラガキに感情移入しちゃったよ
見終わった後、外に駆け出したくなる熱さだった。うずいちまうんだよ、身体の奥がジンジンとよ!
メガロボクスほんと面白くて1週間待ちきれないんだけど今回なんかちょっと涙目なった件…ほんと漢(男)の話好き…
ああ、毎週最高だ……正直、今の時代にこんなにも渋く、カッコよく、手に汗握るアニメを観れるとは……最高だ……
メガロボクスは野良犬の来ていいところじゃないって、途端にメガロボクスがきな臭くなってくる台詞だな。スポンサーなりパトロンなりを持つ飼い犬しか出場出来ないなんてメガロボクスを駆け引きにしている上の人間に命をいいようにされているみたいじゃないか。
今回は勇利が登場したから、この作品の野良犬ジョーと飼い犬勇利と捨て犬アラガキという3パターンが印象的に見せられた感じだな。
メガロボクスもジョーが真っ白に燃え尽きそうだなと思いながら見てるんだけど、ジョーがメガロニアまで行く困難な過程をあの拳でどう切り抜けて行くのかが毎週楽しみで夜更かししてしまう
アラガキの老トレーナーは、「ヤツ(ジョー)は気力だけで戦ってる」って言ったけど、実は自分の選手がそういう状態だってわかってて言ったんだな。
あそこで「お前も気力を振り絞れ」と言わない老練さ。シビれる。
おっさんから教わったことをジョーが自分のモノにして本当の意味で”ギアレス”ジョーが誕生したか。アラガキの足が限界だったとはいえ、自分のメガロボクスを完成させて勝てたのは大きいな。だが野良犬が”本物”のリングに上がるにはまだ倒さないといけない奴らがいるみたいだな。
まさにこのアニメこそが、一世一代の大博打だ。原作を踏まえたうえで、それを叩き壊してやるという気概が感じられる。偉大な原作だから恐れ多いとは、ひとつも思っていない。21世紀のボクシングアニメを俺たちが作ってやる。きっとそう思ってる。
公式他