キャプチャ9










「私、ハル君が好きなんです」 pic.twitter.com/g3EtN9rLHA
昨今の八百万の幼馴染、勝てた試しなし
甘粕が小此木を意識してる
またペロペロしてる(゚ω゚)
鼻息wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
テクニシャンかよ!
「ハルくんとはどういう関係ですか?」 pic.twitter.com/lu20m7XAVf
←↑男、捨ててるんですか?↓
マリー特有の三角関係始まった
そういえばひそねちゃんもマジレスキャラでしたねぇ pic.twitter.com/ayTFSlwiqh
悪いとは思ってませんのでw
やらかしましたね。
小此木をどれだけ知っているか競争
甘粕さんも梶のこと良く見とるんじゃ
バッドエンドルートwwwwwwww
失恋作戦回は伏線だったのか
甘粕さんは恋をしない(何
優しかった頃のジョアおばさんはもういない
楔女・・・こっちの女子高生チームか・・・。 
ああこれは誰か一人ドラゴンを眠らせるための生贄に選ばれる的な…
楔女は生贄なんでしょうか…
ベロベロベロベロベロ
久野ちゃんのぺろぺろが聞けるのはひそまそだけ!
ちゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちゅうううううううううううううううううううううう
wwwwwwwwwwwwwwwwwww
少女漫画みたいな展開がひそまそにw
くっそwwwwwwwwwwwwww
「貴方もちゃんとハルくんの事を好きって言って下さい!」 pic.twitter.com/gynrg4vBo3
「そうです。全然違うんです」 pic.twitter.com/ZDnE1ET6cg
すごく好きじゃねえかw
キエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ pic.twitter.com/S8gmmTIyry
自覚してなかったかー・・・
そういうのを好きって言うんです
(((´◓Д◔`)))ア゛ア゛ァ゛アァァーッ!!?
(´◓Д◔`)ア゛ア゛ァ゛アァァーッ!!!
ギャーーーーーーーーー
壊れたwwwwwwwwwwwwwww / #CisAni
サブタイ回収wwwwwwwwwww
どっから声出してんだ
これは痛いどころではない
パイロットを食べようとした pic.twitter.com/rpFWYFBEdL
恋するとダメなのか?
Dパイは恋しちゃいけない…まさか!?
ああ、ラヴな波動で溶けるのか
乗れなくなるってそういうことなのか





もう恋なんてしないよ絶対 
盛り上がってきましたねぇ
久野美咲という声優、もはや手の届かないところまで到達してしまっている感ありませんか
JKと自撮りしようとセルフカメラを構えたら後ろに意中の女がいるのに気づくという演出テクニック、なかなか美しい。自然に使えて効果も大きいいいテクニック
好きになったらトロけちゃう(消化液で) pic.twitter.com/sSmOJUI5Bb
好きになったらトロけちゃう(物理)
腸内環境を改善すれば恋をしても溶けなくなることがわかり、ヤクルトが大活躍する回きてくれ
しかしラヴな展開を上げて上げてからの最後に絶望に叩き落とすの本当に岡田マリーって感じでよい(何
ひそまそ、パイロット2人の恋愛模様が加速し出してから変態飛翔生体の存在が心なし後退していた節があったからここで話の流れを統合しつつ飛翔生体の怪物性を改めて強調してきたのは非常に好ましい
ひそねとまそたん 9話
マジレッサー同士の探り合わない言葉のぶつかり合い。OTFに依存するDパイと、男に依存する巫女、これがまつりごとに必要な構図っぽいですが、Dパイが恋をすることで遂行への危機が。これやっぱり巫女の人身御供なんですね。そして棗が選ばれそうなフラグが。
元々嫌ってた人と好きの意味が違ってた人では恋の落ちかたも違うってことっすかね pic.twitter.com/aNMW2XcGsc
恋をする事がDパイの御法度なのに、結構成り行き野放しで「手遅れだった」発言は、この後何か手があるんだろうな。ひそねと絵瑠が傷つかなければ良いけど。
予告の小此木さんの雄み、ひそねの前ではまだ出してないだけと思うとさあ・・・。変声期直後の可愛いさとか言ってた声があんな風に艶があるって知ったら、ぶっ倒れるんじゃ・・・w 
そして財投さん・・・正直今日の回で見直したわ・・・揺り籠から墓場までな守備範囲とか言っても、実際のJKには反応せず、あくまで子供扱い。だからジャレついても平素のテンションのまま対応。若さに釣られない大人って却ってモテちゃうんだよなあw 
樋本のおばちゃんが棗達に厳しい視線を向けてたの、Dパイと巫女が何がしかの対立関係にあるとかなのかなと思ってたけど、どうも少し違うっぽい? 巫女のうちの誰かが何らかの理由で“犠牲”になることが必要で、前回その役目に選ばれた?のが樋本さんの親友?だったみたいな、そんな感じ?
ジョアおばさんがひとりだけ残ったのは単に寿命でなく
祭事の際に恋愛感情を持っていなかったから、とかなんですかね
巫女のことを快く思っていなかったのはそういうのもあるのかな
事務次官が警戒していたとおりになってしまったものの
恋愛感情なんて読めませんからね… 
今回ひそねが小此木君に恋愛感情を持っていると自覚した場面
相当細かく演出されていて見ごたえがありました
月の光が顔に当たるところとか、顔を赤くして機関車走りする前に
基地の外から列車の走行音を入れてあるのが良かったです
というか友情と捉えていたんですね、ひそね 
公式他