キャプチャ10









メガロボクス… 面白すぎか?
そしてメガロボクスが面白すぎる
今週も面白かった
毎回毎回かっこよく終わらせるなー…あぁ!!次回も気になる!!
メガロボクス面白すぎて何もツイート出来んかった…
うーん盛り上げるねぇメガロボクス。関係が崩れていくけど糸一本で繋がってるこの感じがたまらん
メガロボクスのED最初聞いた時なんぞこれって思ったけど毎週聞くたびに全然印象変わってきてマジロック
うーん、ジョーと勇利の考え方……こういうシーン好きだなあ…ライバル同士が……ね
10話のサブタイは『THE DIE IS CAST/サイは投げられた。ダブルアップでベットするもよし。』か。
恨みのある兄弟子、盤外戦術に人工知能ギアって今までも困難ばかりだったけど道は続いてたのに、今回初めて行き止まり。どうすんだよこれ…
みんな夢を背負って戦ってる。熱い。こもってる熱量が心地いいアニメ。来週が待ち遠しい 
まただ。また気になる終わり方。まだ胸がざわざわしてる。本当にメガロボクス は最高だと思う。
省エネ作画ぽいんだけど見せ場でグッと上手いんだよなあ。本当どうなってんだ。コンテか演出か監督か見せ場で凄腕がいるのか
『かけ値なしの試合がしたい』掛け値 賭け値 ダブルミーニングか…
あぁ~今週も面白かった……ホント毎週最高に血が沸騰する。粋だ。
こんなにも粋なアニメを今観れるなんて幸せだ。
10話
ジョーとユーリのボクサー同士の会話が哀愁漂いつつもカッコいい。
おっちゃんも流れに身を任せた今、ジョー達の賭けは何処へ転ぶのか毎回次回が気になる。
サソリとカエルの話はイソップ童話のカエルとネズミをアレンジして映画の中で使ったアレなんだろうけど、オーソン・ウェルズの映画の方なのかニール・ジョーダンの映画の方なのか。ジョーとおっさん達の関係からするとクライング・ゲームの方なのかな。
ジョーと勇利はボクサーとして共感リスペクトしてるんだけど戦う根底が違うのがわかる対話。うーんしびれる。これ以上は拳を交わすしか通じ合えない。本当こういうシーン持って来るのうまい
ジョーが向かった先がまたいいよなぁ。そこかーっていう。また、道に迷っちまったのか、っていう台詞が凄い色んな意味で良い。ジョーの気持ちを汲んでいて、なおかつおいちゃんの深くは踏み込まないけど察してるっていう雰囲気を出してる
勇利の一体型ギアは未完成で軍事的な活用を白都は考えていて、開発とギアのお披露目のためにデモンストレーションとしてメガロボクスを開催したというのが流れ的に思える
勇利は己のためにボクシングしてないんだな
白都の夢のためにボクシングってなんか悲しくない
ジョーとユーリ、試合の熱でついつい語り合っちゃうの、ええなぁ。
今まできっと、あえて描かなかった一人一人の「理由」がその口から発せられて。
ああ、ジョーもきっと、何者でもない自分を見出してくれたおっちゃんが大好きで、何か返したいと思ってて、きっと戦う理由の一つなんだ。
藤巻とは本戦で八百長する話になってたとはな。おっさんはそうするようジョーに言ったけど、気が変わったのか最初からこうなると思ってたのかわからないけど最終的にジョー次第になったか。でもサチオは白都に預けたから安全だが八百長しないとおっさんはスープだな。どうするのか。
今回はほんと重いわ…さてジョーの選択はどっちとるのか?
ジョーでいること、ジャンクドッグに戻ることは同時にゃできんしな
どっちに転んでもいい落としどころが見えねぇんだよなぁ…
公式他