2008年06月15日

ザ・マジックアワー

最近の邦画はすごいですね〜。
「靖国」「アフタースクール」も「ザ・マジックアワー」も、私が観た回は全て満席でした。
(「靖国」は中国人の監督ですが、出演者等も含めて邦画のカテゴリーということでご了承下さいな)
たっちゃんの「カメレオン」やマツジュンの「隠し砦の三悪人」も観たいし、「花より男子final」も始まるし、オダジョの「たみおのしあわせ」も気になる〜っ!!ナニゲに今のマイブームは邦画です(笑)。

そんな訳で、なんとか残席を確保して観てきた三谷幸喜監督の最新作「ザ・マジックアワー」
“マジックアワー”とは太陽が沈んだ後の、でも残光が空や雲に照らし出されたグラデーションが綺麗な夕暮時の一瞬の時間帯を表す映画用語だそうです。
引いては“人生で最も輝ける瞬間”のことをいうそうで…。

以下、ネタバレありますのでこれからご覧になる方は要注意!(そして辛口…)


面白かったですよ。
ミタニンがいつも仰っている「笑うだけ笑って、爽快感以外は何も残らない」という路線を見事に踏襲しています。
ただ…ワタシ的には「THE 有頂天ホテル」の方が面白かったなぁ。
更に言えば「アフタースクール」の方がもっと面白かった(滝汗)。
「アフタースクール」はですねぇ…“観終わった後から始まる”みたいな感じがあるんですよね。
観た者同士であーだーこーだと言い合える、逆転の連続と伏線&ネタ満載感。
観賞直後から色々と思い巡らさずにはいられないという、後からじわじわくる稀有な映画なんですよ。
1週間経ってもまだ「アフタースクール」のこと考えてるもん(笑)。
それだけ脚本が練られていて、出演者の皆さんにクセと味があって、インパクトが強烈で…私にとっては久々に鮮烈なイメージが刻み込まれた映画でした。

だから余計に、「ザ・マジックアワー」はその場しのぎでは笑ったけれどそれは豪華出演陣の妙に尽きるからであり、辛辣なことを申し上げれば脚本や構成によって強烈なイメージが残ったわけではないんですよね。
…や、本当に面白かったですよ。
でも1度見たらいいかなーと思ってしまったのも正直な気持ち。

「新選組!」ファンとしては、やはり気になる俳優陣(笑)。
山本耕史クンがちょろっと登場するのは聞いていたのだけど、どこでだろ?と思う間もなく「この声は!!」と、こーちゃんの美声に反応してしまったワタシ(笑)。
もうねー、姿はなくとも声だけで分かってしまうわ〜♪
オデコ全開でしたね。セリフは多かったけれど、全てモノローグだったところがまたウケる(爆笑)。
中井貴一さん&天海祐希さんがちょい出演していたのも凄かったー。
ちょい出演で驚いたのは谷原章介さんっ!
しかも鈴木京香さんとの素敵なシーン♪
寺脇康文のタイ人役も笑えた〜
つくづく贅沢な役者の使い方をするなぁ>ミタニン。
ちょい役で一番秀逸だったのはカメ!(爆笑)
市川亀次郎さんが一瞬画面を横切って行った時には、場内大爆笑でした。

コヒさん…小日向文世さんはやっぱり素敵!
一番美味しい役どころを持っていった気がします。
香取慎吾ちゃん、有頂天ホテルの延長での出演ですvv
「踊る大捜査線」フリークとしては寺島進さんが欠かせませんっ。
なんだかとっても可愛いの!いちいち可愛いの!(笑)
「踊る〜」繋がりで外せないのは深津絵里さん。
やっぱり深っちゃんは上手いなー。佐藤浩市さんや西田敏行さんに混じっても遜色ない。存在感がスゴイ。
香川照之さんもさすがの貫禄でした。ちょい役なのに凄すぎる…。

三谷組!からは御馴染み戸田恵子さん、梶原善さん、阿南健治さん、甲本雅裕さん、近藤芳正さん、そして唐沢寿明さん(←もはや三谷組?笑)。
唐沢さん…大物俳優「ゆべし」役て!!(爆笑)
戸田さんは登場するたびに髪型も衣装も変わっていて、それだけでも笑えましたね。
伊吹吾郎さんの「撤収ーーーーっ!」にもウケちゃったよvv

フレッシュメンバーでは綾瀬はるかちゃんが可愛かったけど…ポジションとしては微妙。。。
ただのホテルスタッフ?ブッキーとも進展ナシ?みたいな(苦笑)。
妻夫木聡クンは…うーむ、やはり浩市さんと張ると存在感だけで負けていましたね。
来年の大河「天地人」も北村一輝景勝公に存在感負けしそうです

最後に主役の佐藤浩市さん。
ナイフ舐め舐めシーンは笑いました!もっと弾けてくれるかとも思いましたが、全体的に想定内だったなぁ。。。
町のセットといい豪華キャストといい¥がかかっているのは分かったけれど、ストーリー的にはもう少し捻りが欲しかったかな。
次回作に期待しています☆

akichan10314002 at 23:59│Comments(2)clip!映画/TV │Edit

この記事へのコメント

1. Posted by gary87   2008年06月18日 17:43
確かに〜。期待が高すぎたせいもあるかもしれないけど、見終わった後、ちょっと物足りない感がありました。
ボク的には三谷映画の頂点は「ラジオの時間」かなー。畳みかけるようなセリフの応酬が大好きなので。
この映画もよく出来た作品だとは思うけど、ちょっとうまくまとめすぎかなぁ。こざっぱりし過ぎですぅ。
2. Posted by Aki_1031   2008年06月19日 13:28
gary87さん、
ご覧になりましたか!
>よく出来た作品だとは思うけど、ちょっとうまくまとめすぎかなぁ。
そうなんですよねぇ。
突き詰めれば「ブッキーと深っちゃんがサッサとあの町から脱出していれば
何の問題もなかったのに…」と言いきることが出来る、
最初から破綻しているストーリーだし(苦笑)。

期待が大きかったのかしらん。。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: