今年最初のCD鑑賞は福間洸太朗さんのピアノ演奏から始めます。

福間洸太朗さんは1982年、東京都生まれのピアニストで
東京都立武蔵高校卒業後、ヨーロッパへ留学し、パリ国立高等音楽院、
ベルリン芸術大学、コモ湖国際ピアノアカデミーにて研鑽を積み、
20歳の時(2003年)にはクリーヴランド国際コンクールで
日本人初の優勝およびショパン賞を受賞しておられます。


多彩な表現力の裏で、緻密な構成力がそれをしっかりと支えている
という感じがして、凄く安心して演奏に聴き入ることが出来ました。

暖かく柔らかな音色、その上、一音一音がくっきりと聞こえるのです。
特に小品の「ひばり」、「ドゥムカ」の自然な優しい表現は気品に満ちていました。

選曲も良いし、どの曲も全て聴き応えのある素晴らしい演奏でした。

----------------------------------【ディスクデータ】-----------------------------------

福間洸太朗_火の鳥

曲  名:1. ムソルグスキー  :展覧会の絵
     2. グリンカ     :ひばり(バラキレフ編曲)
     3. バラキレフ    :イスラメイ(東洋的幻想曲)
     4. チャイコフスキー :ドゥムカ(ロシアの農村風景から)
     5. ストラヴィンスキー:火の鳥(ギド・アゴスティ編曲)

演  奏:福間洸太朗(ピアノ)
録  音:2014年2月 フランス
レーベル:日本コロムビア
規格品番:COCQ-850954
発売年月:2014年9月17日
記録形式:CD