今日は山田和樹指揮スイス・ロマンド管弦楽団で
チャイコフスキーの組曲「白鳥の湖」を聴いて
おります。
余談ですが山田和樹さんは本日2018年4月1日付で
読売日本交響楽団の首席客演指揮者に就任されま
した。益々のご活躍をお祈りいたします。

さて、話を戻してスイス・ロマンド管との演奏。
オーケストラの量感をずしりと感じつつも繊細な
表現力と透明感のあるサウンドに少々興奮して
しまいました。試聴回数を重ねても新鮮味が全く
落ちないこの不思議。録音の質も極めて良い。

小学生の頃は白鳥の湖をもう夢中になって何度も
繰り返し聴いていまして、その頃の興奮がよぎり
ました。この作品には音楽の宝石箱みたいに素敵
な曲がホント一杯詰まっていますね。

--------------------【ディスクデータ】--------------------

山田和樹_白鳥の湖_
RUSSIAN DANCES(ロシアン・ダンス)

【曲名】
 (1)チャイコフスキー:組曲「白鳥の湖」Op.20a
 (2)グラズノフ:演奏会用ワルツ 第1番 ニ長調 Op.47
 (3)グラズノフ:演奏会用ワルツ 第2番 ヘ長調 Op.51
 (4)ショスタコーヴィチ:バレエ組曲「黄金時代」Op.22
 (5)ストラヴィンスキー:サーカス・ポルカ

【演奏】スイス・ロマンド管弦楽団
【指揮】山田和樹 
【録音】2015年7月
    ジュネーヴ、ヴィクトリア・ホール

【レーベル】PentaTone Classics
     (King International)
【規格品番】KKC5650
【発売年月】2016年9月28日
【記録形式】SACDハイブリッド


クラシック音楽、好きやねん!
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村