トランペットとピアノだけの小編成な演奏と
いうこともありますが、その透明度と臨場感は
やはり、凄いものがあります。
ノルウェーの「2L」レーベルのずば抜けた音質
の良さを改めて感じた次第。

下は本ディスクを紹介するYouTube映像です。
トランペット奏者のアントンセンの名は全く
知りませんでしたが、モーリス・アンドレ以来
の逸材と絶賛されるスーパートランペッター
であることがわかりました。
お互いの音に耳を澄まし暗譜での演奏。
一糸乱れぬ素晴らしい演奏ですね。

【曲名】
 ゲイル・トヴェイト作曲
 ハルダンゲルの旋律 Ⅲ.Brurateven

【演奏】
 オーレ・エドワルド・アントンセン(トランペット)
 ヴォルフガング・プラッゲ(ピアノ)

【会場】
 2013年9月ノルウェー、ベールム、ヤール教会


--------------------【ディスクデータ】--------------------

オーレ・エドワルド・アントンセン

【曲名】
 (1) エドヴァルド・グリーグ
   組曲「ホルベアの時代より」Op.40
  (トランペットとピアノ編)
 (2) 山田耕筰
   ・琴 (トランペットとピアノ編)
   ・赤とんぼ(トランペットとピアノ編)
   ・野薔薇(トランペットとピアノ編)
 (3) ドミートリー・ショスタコーヴィチ
   3つの幻想的舞曲 Op.5
  (トランペットとピアノ編)
 (4) ゲイル・トヴェイト
   ハルダンゲルの旋律
 (5) カール・ニールセン
   6つのユモレスク・バガテル
   Op.11,FS 22(トランペットとピアノ編)


【演奏】オーレ・エドワルド・アントンセン(トランペット)
    ヴォルフガング・プラッゲ(ピアノ)

【録音】2012年1月、8月 ノルウェー、オスロ(1,2,3)
    2013年9月 ノルウェー、ベールム(4,5)

【レーベル】2L
【規格品番】2L130SABD(輸入盤 2枚組)
【発売年月】2017年3月4日
【記録形式】Pure Audio Blu-ray
      SACDハイブリッド


クラシック音楽、好きやねん!
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村