これが鹹草(カンサウ)』です。
明日葉


鹹草(カンサウ)』という名前を知っている人はいない。
明日葉のことなのです。

明日葉は、日本固有の野菜です。

八丈島など伊豆諸島、房総半島、三浦半島など
暖かい太平洋沿岸部に自生している植物です。

江戸時代、幕命により八丈島を見聞した

三河口代官の随行者・文人小寺応斎画が
『鹹草(カンサウ)』として明日葉の絵を残しました。

明日葉

江戸時代に貝原益軒による「大和本草」では、
鹹草(カンサウ)として八丈島で栽培されている
滋養強壮によい薬草として紹介されて
いました。

大和本草表紙

主に若芽を摘んで食用とします
多年草ですから、これからが楽しみな野菜です。