2012年12月18日

もう、年の瀬でございます。

早いものでもう年の瀬でございます。
ファミリーが終わり、ファミリーライブも終わり・・誕生日以降全く音信不通。
大変申し訳ございません。さて、改めまして三ツ星キッチン「ファミリー」ご観劇誠にありがとうございました。
大好きな作品を通して人生を学ぶ、素敵な時間でした。
現在は見上げたライブのリハーサル中でございます。
ファミリーが終わったら一度健康診断に行こうと思っておりまして、
先日行ってまいりました。
あっさりと2時間ほどで終了。結果は来年に持ち越しかと。恥ずかしながら成人後初の健康診断でありまして
男44歳・・好き放題に生きてまいりました。
どこかしらはガタがきているのは覚悟しておりますが・・。
ま、無事を祈るだけですが。

さて、今回の見上げたボーイズライブ。
いつもの「笑い」に逃げるという常套手段は使いません。
ガチンコの歌と踊りのライブ。
歌唱指導にSINGOを向かえアカペラにもチャレンジ。
生バンドで今年1カッコイイ我々をお見せします。

そう、・・・カッコイイんです。

・・・笑っちゃうでしょ。

かっこいいんです。

是非見に来てください。
2012年の締めくくり、クリスマスをかっこいい我々と過ごしませんか。

2012、見上げたライブ必見です!!

チケットお申し込みは見上げたボーイズHPチケット欄まで!

xmaslive

akihiko1114 at 11:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2012年11月14日

長文の告知とご挨拶とお礼が入り交じったごつあります。

expo_f1

まずはハイリンドの「エキスポ」ついに稽古中一度も更新せず初日が終わり、千秋楽を迎えてしまいました。
しかも時間はたっぷりあったのに写真的なものが一枚も・・。
本当にいい座組だった。呼んでくれた多根シューに感謝感激雨あられだ。
個人的には、人前でのギターは緊張した。唯一リアリティーがなかったシーンとのご指摘もあった。
その日は泣いた。
心の中では「おれはミュージシャンじゃない」と思いながらも稽古不足は否めなかった。毎回緊張した。毎回練習通りに出来なかった。街で弾き語りのあんちゃんを尻目に「けっ、ヘタなギター弾きやがって・・」とつぶやいて全てが自分に帰ってきた。三ツ星ではみんな褒めてくれ、SINGOや阿部兄は「人前で楽器はほんと緊張すんだよ」
と慰めてくれたが、二人のギターのレベルはおれのそれとは比べ物にならなかった。

ともあれ、男優も女優も本当にいい役者揃いで、脚本がよく、演出も才気溢れていた。三田村さんのような大先輩と共演できたのも嬉しかったし、楽屋で60年代〜70年代の演劇の話を聞くのが何より刺激的だった。
最初はみんなが宮崎出身なのかとびっくりした日が懐かしい。気がつけば「エキスポ」みんな仲良し。
作品がいい舞台は初日が楽しみ、楽日は切ない。仕事で打ち上げに参加出来なかった、私は深夜に一人打ち上げ・・エキスポ忘年会が楽しみだ。いい出会いが沢山あった。改めて芝居は難しいと感じたし、改めて楽しいと感じた。
ありがとう。ハイリンド。ありがとう、「エキスポ」素敵な本だよ中島さん、生まれてくれてありがとう。
また是非機会があったら次ははざまさんと枝元さんと共演したい。


__ 3
さて、そしてブログ更新の一番の妨げになった理由が実はコレ。
稽古〜執筆〜稽古〜打ち合わせ〜執筆〜書けない〜締切〜書けない〜悩む〜稽古〜寝れない〜何も思い浮かばない〜稽古〜ブログ更新しない〜それどこじゃない〜・・みたいな日々。
「こころのメモリー足りてますか」
フォーリーズの大塚庸介くんからの脚本依頼です。
正直時期的にどうかという所はありましたが、嬉しかったんです。
大塚くんに頼まれたことが。ぼくと彼はまるで付き合っているが如く会うとベタベタします。
実際、大塚くんなら・・まあ、いいかと考えたこともありました。
冗談はさておき、見上げた以外で脚本を書くということが自分にとっても今後プラスになるであろうと考えた次第です。大塚くんからの依頼はこうでした。「ファンタジーを書いてほしい」
仕上がりは「ファンタジー」の「ファ」の字もない仕上がりになりました。所詮書きたいことしか書けないという事が判明した次第です。
あ、でもよく見ると「ファンタジー」です。
とある島の郵便局のお話です。そこで起きる小さな奇跡が、ある意味とても「ファンタジカル」です。演出は大塚くんです。音楽はテキサスでお世話になった大久保慶さんです。
魅力的なキャスト揃いです。
締切を大幅に遅れたこと大変に迷惑をかけましたが、きっと大塚くんはじめみなさんでいい作品に作り変えていてくれているはずです。こちらも御時間ありましたら是非見に行ってあげてください。
届かなっかった手紙を軸にリーディングが唄になったようなやさしい時間が包み込みます。
元気再生の郵便局バージョンというとわかりやすいかも知れません。
まだまだチケットあるようです。お時間ありましたら是非是非です!



__ 2こころのメモリーたりてますか?」 絶賛チケット販売中!
★公演日程 11/21 19時
        11/22 14時 19時
        11/23 14時 (アフタートーク有り)
         11/24 14時 18時
        11/25 13時 17時
チケットは下記アドレスまで…。
anatano_kokomemo@yahoo.co.jp





__そして三ツ星キッチン第8弾!!「ファミリー」
三ツ星の伝説の名作。まだ三ツ星キッチンになる前の「KAZZCAFE&CO.ITO」の時に上演された作品。
高田安男生誕の作品であり、上條恒氏の愛に溢れた言葉たちが沢山です。
ぼくはDVDでしか見ていませんが、それでも号泣。家族ってなんだろう・・愛って。普遍的なテーマは日常の中にある。言葉の一つ一つが胸を打つ作品。ぼくはこの作品の伊藤俊彦が一番好きです。
ぼくは今回地味っちゃ地味な役です。
が、地味の中に強い真実を持っている役です。出番自体はそんなに多くはありませんが、なんせこの作品に惚れています。いい作品に関われること自体が幸せ。
台詞はなくても、伝えます。出番が少なくてもちゃんといます。一言あれば充分です。いや、俳優として人間を作るのには言葉も必要ないのかも知れません。
なぜならぼくは「俳優」だから。魅せます。今回はギターもないしね。
チケットまだの方は急ぎです!
【出演】
阿部 裕 / 大西 結花 / 高田 安男 / 寿里 / RiRiKA /
小泉 麻耶 / 佐藤 美貴 / たむらもとこ / 鈴木 良一 /
川本 昭彦 / 中川 菜緒子 / SINGO / 市村 啓二 /八重樫 円 /
上條 恒 / KAZZ / 伊藤 俊彦

青木 泰道(Percussion) /福澤 和也(Guitar)

【公演日程】
11月22日(木)19:00
23日(金)13:00/18:00
24日(土)13:00/18:00
25日(日)12:00/17:00
26日(月)19:00
27日(火)12:00/16:30
時間は開演時間です。開場は開演の30分前を予定しています。

【会場】CBGKシブゲキ
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-29-5 ザ.プライム6階

【チケット】
前売り\5.800。当日\6.300。
(全席指定.税込)
http://www.mitsuboshikitchen.com
もしくは
kk-kawamoto@jcom.home.ne.jp
まで。


xmaslive
そして2012年の最後は見上げたで締めくくりましょう。
日本のミュージカル界に宣戦布告した我々はなんと!
逆に今まで見上げたでは決してやらなかったことをやります!
それは・・笑→✖。

今までのような笑いの要素は一切ありません。
いわゆる中途半端なミュージカル俳優たちが片手間にファンを集めてよくやるツマラナイライブを、やっちゃいます!!
ただカッコつけて、歌ったり踊ったりします。ナルシストに自分が好きな唄を押し付けがましく歌って、体中からリズムが溢れるような自分本位なダンスを魅せちゃいます。
見上げたでは絶対にありえない、チョーツマラナイライブ・・!!
後にも先にもこんなにツマラナイライブを我々がやる事は絶対にないでしょう。逆に必見!!超プレミアです!
日時2012.12.25(tue)
会場 ROCK JOINT GB
出演者:幸村吉也 縄田晋 福永吉洋 平野亙 川本昭彦
ギター 初芝崇史 ピアノ 吉田みき
1st open15:30 start16:00 /  2nd open19:30 start20:00
前売¥3500+1drink(500円)当日¥4000+1drink(500円)
一般発売 2012年11月25日(日)AM10:00〜
見上げたボーイズHPチケット予約フォームにて

以上です。長文にて失礼致しました。
色々応援してくださっている皆様いつも本当にありがとうございます。
ほんとうにいい加減な男で申し訳ありません。
今の目標は立派な50代を迎えるためにがんばる、それだけです。
これからも末永くよろしくお願い致します。

PS タリカは元気です。
暴れ盛りで中々写真をとらせてくれません。
今もパソコンの脇からキーボードを狙っています。
早くしないと、データが消される〜・・。

おやすみなさい。












akihiko1114 at 03:52|PermalinkComments(7)TrackBack(2)

2012年09月27日

長文になります。

劇団パートタイマーズ「C.A」無事千秋楽を終えました。
ご観劇の皆様誠にありがとうございました!

どうにかやっと人心地ついております。
やっと人間の心を取り戻した・・というか。
テキサスが終わって休みなしの突入でしたが、かえってよかったな、と思っています。
テキサス終わりは身も心もカサカサのひび割れ状態でなにもなければきっと体調を崩し、引きこもりしばらく表に出なかったかもしれません((笑)
「C.A」、本当にやれてよかった作品でした。
上條恒さんの大きくてやさしく、愛に溢れた言葉たち、市村啓二という熱い男と一緒にやれたのも嬉しかった。
この男沢山背負ってなかなかいい男になりつつあります。魅力的です。
そして天然素材爆発の八重樫まどか、才能の塊テッシーこと武者真由、こちらも若干天然年齢不詳守田菜生と末っ子元ガングロ磯山かおりとリアル長男藤田遼平、そしてスタッフとして参加してくれたSINGOと健太郎。
みんなひっくるめて家族のようでほんとうに暖かかった。
そしてひび割れた心に潤いをくれた「C.A」本当にありがとうございました。

さて、もう次の稽古が始まっております。

次はハイリンドの「エキスポ」脚本はなんと大好きな中島淳彦さん。
ぼくは「やさおとこ」の山下という役を演じます。
先日縁あって中島さんとお会いし、劇団ハートランドの「バリカンとダイヤ」見てきました。
素晴らしかった。これが本物というやつなんだな、と、若干自分と比べてしまいましたが、
劇場は老いも若きも揃っていていや、むしろ加齢臭が劇場を埋め尽くすくらい中年以降の男性が多く、それはそれは健康的で、お芝居を、ドラマを本当に楽しみにくる!みたいな、本当に劇場内が健康的でした。

さてハイリンド。きっかけは多根周作といういい俳優と友達で、というか以前「悪路」という作品で共演しました。
今回声をかけて頂いて、ぶっちゃけ、10日後に三ツ星があるのでどうだろう・・と考えている内になんかやりたくなってやりました。いや、やります。噂はいつも聞いていたけれどいつもタイミングが合わず見たことないのですが、丁寧は芝居作りに好感という感想をよく耳にしていて、
作品的にも非常に楽しみで参加を決めました。

こちらも楽しみ。色々盗んで帰ってきます。

さあ、そしてもう発売中ですが、mocchans chiketでも、

劇団ハイリンドの「エキスポ」、三ツ星キッチンの「ファミリー」チケットご予約受け付けます。

詳細は以下の通りです。
沢山のお申し込みお待ちしております。


ハイリンド vol.13

エキスポ
2012年11月1日(木)〜11日(日)

日暮里 d-倉庫

作:中島淳彦  演出:高橋正徳(文学座)

「父ちゃん、人類の進歩と調和げな。」

大阪万博で日本中が沸き立つ1970年、宮崎の片田舎。定食屋と連れ込み旅館の経営を一手に引き受け、一家の大黒柱を担っていた母が急死。

故人を偲んで通夜に訪れる珍客達、それに翻弄される親族。ややこしく、暑苦しく絡み合いながら、それぞれが故人の人生を縁っていく。

懸命に生きながらどこか滑稽で、哀れで、それでいて愛おしい。人情喜劇の天才・中島淳彦作品の代表作。文学座の若手ホープ・高橋正徳を船頭に迎えハイリンドが送るのは――懐かしい故郷の匂い。
キャスト・スタッフ

伊原農
多根周作
井端珠里
勝平ともこ
川本昭彦(見上げたボーイズ)
木下藤次郎(椿組)
工藤潤矢
紺野相龍
白州本樹
鈴木幸二
玉垣光彦(東京ヴォードヴィルショー)
成田浬
福寿奈央(青☆組)
三田村周三


タイムテーブル
1日(木) 19:30★
2日(金) 19:30★
3日(土)13:00 ●/ 18:00●
4日(日)14:00 ◎ /18:00●
5日(月) 19:30★
6日(火) 19:30●
7日(水) 14:00● / 19:30●
8日(木) 19:30●
9日(金) 14:00 ● / 19:30●
10日(土) 13: 00 ● /18:00●
11日(日) 14:00●


●:通常公演   ◎:舞台装置の説明   ★:前半平日割

※受付開始は開演の1時間前/開場は開演の30分前となります。
※開演時間を過ぎますと指定のお席へのご案内が出来なくなる場合がございます。予めご了承下さいませ。
◎11月4日(日)14時の公演に限り、目のご不自由なお客様を対象に、13時から舞台装置の説明を行います。一般の方も観劇料金のみでご入場できます。詳しくはハイリンドへお問い合わせください。尚、この回のみ受付開始・開場は12時30分になります。


料金 [全席指定席]
● 一般:前売/当日3,500円 賛助会員2,500円(全ステージ共通)

★ 前半平日割:前売/当日3,000円(1日・2日・5日の19:30の回)

学生割引:前売/当日2,500円(高校生以下、当日精算のみ)


チケットお申し込みは下記まで
kk-kawamoto@jcom.home.ne.jp



三ツ星キッチン『FAMILY』 11月22日(木)〜27日(火)全10公演 CBGKシブゲキ!!

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-29-5 ザ・プライム 6階 東京メトロ半蔵門線/東急田園都市線 渋谷駅 出口1 ザ・プライム口 直結 渋谷109に隣接する1階がユニクロの建物の6階です。

★★★全キャスト決定!! 阿部裕 大西結花 高田安男 寿里 RiRiKA 小泉麻耶 佐藤美貴 たむらもとこ 鈴木良一 川本昭彦 中川菜緒子 SINGO 市村啓二 八重樫円 上條恒 KAZZ 伊藤俊彦

バンドメンバー/青木泰道(perc) 福澤和也(g)

前売り5800円 当日6300円

タイムスケジュール

11月22日(木)  19:00
   23日(金)  13:00  18:00
   24日(土)  13:00  18:00
   25日(日)  12:00  17:00
   26日(月)  19:00
   27日(火)  12:00  16:30


チケットお申し込みは下記まで

kk-kawamoto@jcom.home.ne.jp


たくさんのお申し込みお待ちしております。


akihiko1114 at 13:02|PermalinkComments(1)TrackBack(2)

2012年09月18日

テキサス、おわりました。

DSC_8031

見上げたボーイズ第9弾「テキサスブロンコをぶっ飛ばせ!!」先日無事千秋楽を終えました。
ご観劇の皆様、応援してくれた皆様、誠にありがとうございました。

さて、なにから話せばいいのか・・・。
と、いうのももうしばらく更新していませんでしたものね。

すみません。

稽古が始まったのが7月25日、台本上がったのが確か5月末くらいか、音楽の打ち合わせをしたのが6月24日。
そして終わったのが9月9日。
怒涛のような3〜4ヶ月でした。

痩せました。病気なのかと思うくらい(笑)

本を書いて演出するなどあまりむいていないのかもしれませんね。

今回はぼくが20年演劇に携わって、ぼくがずっと思っていたことを台本にしました。
それは「本物」とはなにか?
ということ。
台本を書いて作品を作っていく過程で絶えずぼくの頭にもこの言葉がのしかかってきました。
これは、テキサスは果たして本物かと。
そう思うと、ブログやFacebookなどに容易に言葉がかけなくなりました。
なんか言葉にすると嘘みたいな気がして。
ま、言い訳ですけど。

作品的にはもっとこうすればよかった。ああすればと色々思う所が多々ありました。
ただ後悔はありません。やりたいことを出来る範囲で目一杯わがままにトライしました。
キャストのみなさん、メンバーのみなさん、スタッフの皆様には感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。

次のことはまだ何も考えていません。薄ぼんやりと2、3アイデアはありますが、今は少し休みたい。
そう、海に行きたい。夏の終わりの海に行きたい。夏の終わりの海に行って素っ裸で叫びたい。

「す〜ずし〜〜〜っ」

と。

ともあれ色々と本当にありがとうございました。
裏話はまたライブなどで!

PS そうそう、CA明日初日です!疲れて、ひび割れてカスカスの心に上條恒さんの言葉が染み入ります。
とても見やすくていい作品。テキサスで疲れた心を一緒に取り戻しましょう!今回も不思議、自分の心にスト   ンと落ちる言葉が一杯。CA・・・果たしてその意味とは・・?お楽しみに!
髪、刈りました。
DSC_0236

akihiko1114 at 11:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年08月07日

『C.A』・・・なるものに出演致します。

IMG_0209

三ツ星キッチンの市村啓二くんと八重樫円による劇団パートタイマーズに出演します。
『C.A』
作・演出は尊敬する上條恒さん。

本番はなんとテキサス10日後・・・!!

「やれるのか、おい?」

私の中の猪木さんが問いかける。

「もし負けたら坊主になります!」

と、すでに髪にハサミを入れる自分の中のドラゴン藤波が気合を入れている。



迷っているうちにチラシ上がっちゃいました〜( ^∀^)

というわけで、

「やる前に負けること考える馬鹿いるかよ!」

が結論です。

本当はゲスト扱い的な軽いタッチだったらしいのですが、先日上條氏に伺った所出番タップリセリフもタップリらしいです。

「楽しみ〜〜( ^∀^)」

テキサスを見たあとのグッタリ感を「C.A」で取り戻し、残暑を乗り切りましょう!

詳細は以下。

劇団パートタイマーズ第3弾!!
『C.A』〜客室アテンダント?な日々

【作・演出】上條恒 【構成】伊藤俊彦 【音楽】KAZZ 【制作】 MKDF株式会社

2012.9.19(wed)~9.23(sun)

@阿佐ケ谷アートスペース・プロット

出演 八重樫円 市村啓二 武者真由 守田菜生 藤田遼平 磯山香 川本昭彦

【タイムテーブル】

9月19日(水) 19:00
   20日(木) 15:00 19:00
   21日(金) 15:00 19:00
   22日(土) 13:00 17:00
   23日(日) 12:00 16:00

全席自由 前売り4000円 当日4300円
20日、21日の15時の回、ウイークデイ価格で前売り3800円当日4300円

チケットお申し込みは下記まで

【mocchans chiket】
kk-kawamoto@jcom.home.ne.jp

随時お申し込み受け付けております。

では、また!!


IMG_4388

akihiko1114 at 13:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)