PGM-CB1号
一番最初に貰ったギターです。

当時FERNANDESのモニターをしていたのですが
全然使えなくて楽器屋さんに相談していたら

「あまり知られてないけど良いギターがあるから弾いてみなさい」と

お店にあったSSHのストラト・シェイプで普通のアームが付いてるCBを
弾かせて貰いました。
ボディー鳴りが抜群で、すぐにPGMの虜になってしまいました。

そこでPGMの乳井社長を紹介して頂き
バンドで使える仕様のギターを作って頂く事になるのですが・・・。

「ボディは黒でアームはフロイド、ネックは24Fで・・・」

のオーダーに職人の社長は

「せっかくきれいな木目の良い木なのに・・もったいないナ~。
シースルーは?フロイドは音が悪くなるでしょ・・」

と・・・・!

メタルはこうなんですゥ~と説き伏せて作って頂きました。

当時PGMは高級感のあるMOONタイプ(年寄りは判るよね!)
のギターしか無かったのですが
私がメタル仕様のギターを使いだした後、
札幌でちょっとしたブームになりかなりの本数が売れました。
そんな事もあり、最初の7本のギターを作って頂きました。

現在はSABER TIGERのレギュラー・チューニング用の
サブ・ギターとして使用しています。
6弦からD.G.C.F.A.D。
(一音下げてます)

元はPGMから発売されていたCBと言うモデルです。
普通のストラトより一回り小さい小ぶりなボディー。

今は2ハム仕様でボディーは一番古いやつ。
1987年7月23日に貰った奴ですわ!
ネックは比較的新しいですがK.nyuiのロゴが入ってるので、
かなり前のものだと思います。

PGM-CB1号01

ボリュームが2つ付いてまして、ひっぱるとタップのスイッチになります。
元々フロントにシングル・コイル、リアにハムバッカーが載ってる状態でしたが
後々改造して頂きました。

PGM-CB1号03

貼ってある骸骨のステッカーはスケート・ボード用のステッカーです。
ペンタグラムのステッカーは自作です。

見えない所では、
結構チューニング自体も変えたり
ツアーに出るとテンションが変わってしまったりで
バネの調整をする事が多いので、
裏にSchallerのテンション・コントローラーを入れてます。
ワシのギターには全部乗せてます。

e7724ac7-s


CB

NECK: Ebony on Maple
SCALE: 648
GRIP: U
BODY: Alder
PICK UPS: Seymour Duncan JB
CONTROLS: 2 Vol, 3-Way Switch, 2 Tap Switch
HARD WEAR: Black
BRIDGE: Floyd Rose original
COLOR: Black

PGM HP
http://www.asahi-net.or.jp/~dz6k-ysd/html/pgm_yoshida.html

まずはenterをクリック!
の左側のComplateをクリック!
上のGuitarをクリック!
数字は3までアンダーバーが付いてますが
3をクリックすると4にもアンダーバーが付くので
4をクリックするとBLACK FANGのページに到着します・・・!(汗)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字