BENIK SLIDING MITT 走塁用ミット をオーダーしてみた

!Hola!(こんにちは)




今回も野球ネタになるので

興味が無い方は、すっ飛ばしてくださいね。

先日、ナイターの草野球の試合で

ヒットで出塁し、1塁ランナーとして

リードをしました。



今年は、健大高崎の「機動破壊」を読んで

研究に研究を重ねていて

6月くらいから、まともにスチールができれば良いかなと

テストしていました。



何をテストしていたのかと申しますと

帰塁死です。

今年は、右足が最低でも4m30cmまで達しているようにしているので

牽制に対してギリギリ間に合うか、間に合わないかのラインまで

リードしていることになります。



今まで、あまり大きなリードを取ったことが無かったので

帰塁でアウトになったことがありませんでした。

なので、その感覚がつかめるまで

今年は何回かアウトになってやろうと思っていました。

むろん、練習試合での話です。



そう、話を戻すと大きめのリードを取っていたので

バッテリーは警戒してきます。

もちろん、それを分かっていてやっているので、

戻ることもできたわけです。

1回目、まあ余裕。

2回目、早く戻りすぎて、中指をベースに強打。

この時点で、指がグラついていたので、これはイッタなと思っていたのですが

3回目、ここでも頭から戻ります。

4回目、盗塁成功。

あちゃ、成功しちゃったよ。

まあそれはそれでチームとしてはイイんですが。



守備についてからも

違和感を感じていて、

骨が折れているか、靭帯なのか、わからないままプレー

ぶつけたときは激痛でしたが

その後は、痛みはそれほど強くなかったので

後に腫れるだろうと予想していたら

案の定、夜中に痛みました。

20180409_091750



次の日、

行きつけの整形外科に行き

レントゲンで見ると、骨に異常なし。

ほっと一安心。

1、2週間で痛みが引けば、大丈夫とのこと。



しかし、これからもああいってリードを取る練習をしておきたかったので

アメリカにしかない走塁用ミットを注文しました。

ブライスハーパー選手や
hi-res-9164404a56386c4f656451283e7607bc_crop_exact


大谷翔平選手が付けています
IMG_20180419_123515


Sliding mitt と英語表記します。

こちらのサイトにその内容が書いてありました。
https://celebsokuho.com/3892.html


それによると PRO 772 sliding mitt というようです。


ところが、調べてみると

BenikというブランドのW-137B

というモデルを使っているメジャーリーガーが多いことがわかってきます。




こっちのほうがカッコイイと思いました。

そこで、お問い合わせ欄から英語で質問です。

これは直接買えますか?といったような内容です。



すると二日後に返答が来て

直接売ってます、と。カラーオーダーができるらしく

コチラから希望を聞かれまして、

本当はド派手なグリーンにしたかったのだけども

チームがネイビーや黒が多いため

無難なネイビーにしました。



濃い目にしたほうが、タッチされた時に

審判から見えづらくて、セーフ判定をもらいやすいということも考えたからです。

(主審しかいない草野球の場合)

明るい色だとベースにタッチしていないことが遠くからでもバレますからね。



同時にサイズ表も見てね、ということが書いてあり

手のサイズを測ります。

アメリカはインチなので、センチメートルからちゃんと変換してくださいね。

僕はLでした。



スライディングミット本体は122ドル、13,000円です。

正直高いです。でも、誰かが頼まないといけないと思い

先陣を切りました。

送料が54.50ドルという恐ろしい高さで

合計が176.50ドルです。




およそ19,000円です。めんどくさいので2万円ということにしましょう。

ペイパルかクレジットカードで支払うことができました。

その支払いサイトのアドレスもメールに書いてくれました。

担当はRebeccaさん。



年間30試合程度で、そのうち15回くらいしかランナーにならないのに

2万円もする走塁ミットにお金をかける

草野球おじさんがどこに居るのでしょうか。





そう思うと,、してやったり。




オーダーしてから10日で届きました。

けっこう早くてビックリです。
20180419_121658





アメリカ製というところに萌えます。

説明書では、ネオプレン素材なので肌が弱い人は気をつけてねといった表記と

洗うときは、弱い洗剤で手洗いしてください。乾燥機にかけてはダメといったことが書いてありました。もちろん、英語で。


20180419_123002



20180419_122957


ちょうど手の甲と手のひらになんとなく固いプレートのようなものが入っていました。

手の指はわりと動かせます。

僕は右利きで、右投げなのでright handを頼みましたが

メジャーリーガーはなぜか左手に付けている人が多いんですよね。

なぜなのだろうか。



しかし、走塁のことを考えるとヘッスラのときは

右手を着いたほうが次の塁に最短で行けると思うのです。

左手だと外野側に身体が開きますからね。


ホームでタッチをかいくぐる時には

左手を使うのでその時用なのかもしれません。




でも、ホームスチールをするときは

右手のほうがタッチをかいくぐれるのになあとも思いました。

そもそもホームスチールなんてしないか。

昨年、僕は5つくらいやりましたけど。




C-FLAPのヘルメットは今のところなにも言われていません。

公式戦で使っても。

大丈夫みたいです。


こちらのスライディングミットはどうなのか

また使ったらブログに載せます。



しかし、これだけ真剣に野球バカなことができる自分を

褒めてあげたいですね。

いや、そうは思えないので、

褒めてください。








IRONMAN70.3 TAIWAN 参戦記その3

ニイハオ!

どどーんとフィニッシャーに
なれましたの写真です↓
1521355298557

70.3マイルの旅

スイム1.9km、バイク90km、ラン20kmは
とてつもなく長かったのですが、
終わるとまたトライアスロンやってみたいなぁ

と思ってしまうから不思議。

自転車だけのレースや
オンロードだけのマラソンに比べたら

MTBのクロカンレースや、トレイルランや、トライアスロンのほうが
飽きなくて好きみたいです。

台湾の高雄という南の街に
長く滞在したのですが、
本当に面白かったです。

20180319_144914
20180319_145209
こちらは少し離れたところにある
龍虎塔という人気の観光地!

虎と龍の塔があります。
眺めも抜群。


↓高雄の街中にあるUns cafeはおすすめです。
20180319_160131

昂司洋成明誠店

住所

IRONMAN70.3 TAIWAN 参戦記その2

ニイハオ!


間が開いてしまいましてスイマセン。

前回はトライアスロンについてと

その予算について話をしました。


ここ最近

クローズドの連載ページを書いていて

そこで文字を書きすぎたせいか

こちらのブログまで手がまわらずごめんなさい。


台湾に行っている回数は

もう数え切れないくらい

モーターサイクルで一周しているので、ほぼ全域を見ていますが

台東はわりとお初でした。

近くを通ったことはあるのですが。



とてものんびりしていましたし、

街の広さ的にはすごく好きです。

海も近いし、ご飯も美味しいし、屋台も小さいのが出ていたり、

まわりのホテルもそこそこ安かったです。


ホテルで自転車をセッティングしたときの写真
20180317_080833



これはフィニッシュの写真。
インターネットで買いました。
finisherpix_2295_046561


こちらはバイクセクション。
finisherpix_2295_007919


台東の海はめちゃくちゃ綺麗で

自転車のコースは隣町まで南下するのですが、

途中何度か激坂があって、そこはかなり絶景で

あの景色があったから上れたようなモンです。



アイアンマンのゲート。

迫力満点ですね。
20180317_110915



台湾で何が一番美味しいって

やはりステーキでしょう。

麺も、ご飯類も、水餃子もあるんですが、

もし一つだけ選ぶとしたら牛のステーキです。

こしょうが効いていて、ほんと美味しいんですよ。

安いですし、だいたい500円くらいで食べられます。
20180317_180943

IRONMAN70.3 TAIWAN 参戦記その1

ニイハオ!

トライアスロンは国内ではなく、
できるだけ国際レースにしています。


僕にとっては

"トライアスロン☓旅"なのです。

なぜならスイムがそれほど
得意ではないので、
できるだけ
優雅で、美しくて、旅感のある
場所で泳ぎたいという理由と、

見たことのない土地で走る楽しさ、
熱帯のような暑い気候でやりたいという
場所的な理由とがあります。

20180317_111208
他にもたくさんの理由がありますが、
それはまた今度にします。

人生初のトライアスロンは
オーストラリアのゴールドコーストに近い
ヌーサというリゾート地でした。

今回は2度目の海外遠征、
初のアインマンハーフです(70.3マイル)

まずはざっと
費用のことから話します。

およそ1年前にエントリーします。
気になるレースがあったら
今年のレースを調べて、来年出るように
しないとなりません。
トレーニングも1年あれば充分ですし。

1年を切ったレイトエントリー(遅れる申込み)は高額になることもありますし、そもそも
航空券が取れない可能性もあるので、慎重に下調べしてください。

エントリーフィーは(オリンピックディスタンス)だいたい300ドル前後です。
日本円で約30,000円。

実はここでのコツとして、為替変動を
見ておくこともキモです。

トライアスロンはアメリカのスポーツなので、
アメリカを中心にたくさんレースがあります。
なので対米ドルで日本円が調子の良いときは
狙い目なのです。

台湾、東南アジア、オセアニア、インターネットを探せばいろいろあります。
アイアンマンのサイトはコチラhttp://m.asia.ironman.com

この中で最も大きなバジェットを占めるのは
渡航費になります。
台湾は羽田からと成田からと両方あります。
空港税が安い成田のほうが航空券も安い傾向。

NRT(成田)→KHH(高雄)
3つのアルファベットはスリーレターコード
と言います。また別途説明します。

今回はLCCのtigerairで往復
合計38,617円。
自転車の荷物があったので、+25kg
片道4,900円(往復分は×2)が含まれています。
応援に行くだけなら30,000円ほどになると思います。格安航空券を取るなら、スカイスキャナーというサイトがオススメです。



宿泊費は安いところで1500円から2000円
自転車があるためドミトリーというわけにはいかず部屋を取りました。
バックパッカーならドミやエアB&Bやキャンプでも良いのですが。
中堅どころでも4000円から7000円であればそこそこ星付のホテルに泊まれます。
僕は今回4泊、台東(3000円)、台東(3500円)、台東(6200円)、高雄(3000円)でした。計15,700円。

台湾は宿泊費、食費、交通費が安いです。

高雄から会場のある台東までは
鉄道でおよそ2時間半から3時間。
チケットはインターネットで予約し、
コンビニで受け取るというやり方が1番確実で安心です。当日でも大丈夫ですが、日本語サイトもあり、時刻表も出るので途中の時間もわかっていたほうが良いでしょう。

値段は325元(日本円で1,170円、2018年3月)
往復で2,340円。

ご飯に関してはかなり安くて
一食が200円から300円。
贅沢に、豪快に呑んでも1,000円にいかないと思います。
全て朝食付だったので、
ざっと9食、飲み物や夜市での食べ歩き含めても5000円前後だと思います。

他の交通費が
空港から高雄駅までが地下鉄、およそ70円くらい
往復140円。

台東駅からホテルまでが割と遠かったので
タクシーおよそ1,000円、往復2,000円。
これでほぼ全部です。

つまり総額は、
エントリーフィー3,0000円くらい
航空券40,000円くらい
宿泊費15,000円くらい
食費5,000円くらい
他の交通費5,000円くらい

合計で、95,000円です。

削れるとしたら宿をもっと賢く
コストカットすれば
90,000円までは抑えられそうです。

トライアスロンという競技自体が
お金持ちのスポーツという感覚ですが、
日本人がそこそこ頑張って働けば、貯められなくもない価格だと思います。




FAという名の旅

!Hola!(こんにちは)

20180226_101533


新しい相棒を手に入れました。

いろいろな旅の形を試したくて

今度はこのミニヴェロにキャンプ道具満載にして

旅に出てみようかなと。



Birdyと言います。

サイトはこちら

今までのような冒険をもっと身近に手軽に

できないかという模索です。

部屋に置いておけますし。

FAはフォールディングアドベンチャーのこと。


輪行も楽にできるので

早く慣れたいですね。

手際よくパパッとトランジットして、

目的地まで行けるハズ。



そして、移動効率とともに

お財布にも優しくなってくれることを

期待しております。


台湾ファイナル

ニイハオ!


台湾の旅話を

最終回にしないといけないと思って

日にちが過ぎ去ってしまいました。


もう2018年も1月が終わるなんて

スピードが早過ぎます。



基隆(キールン)

台北から電車で40分ほど東へと進み、

基隆という街に着きます。

ここは、同じ野球メイトだったYUZUの地元

現在は台北に近いところに住んでいるので

ここはお父さんとお母さんが住んでいるとのこと。



基隆は、日本で言うと「横浜」と言ったらいいでしょうか。

港町です。

かつては沖縄とこの基隆を結んでフェリーがありました。

いまは客船フェリーは無いのでおそらく

運送フェリーだけでしょうね。

20171203_161252





とはいえ、ピースボートや世界周遊船旅の

寄り道地点としても有名で

大きな船が停泊しておりました。



雰囲気も、どことなく港町。

海も見られて、雨が多いところでも有名なようです。

この日も小雨。

でも、寒くはなかったです。

Tシャツにレインウェア羽織る程度

11月でしたが。



20171203_161907




セブンイレブンの近くに

スタバがあって

そこでコーヒーを飲んだり

昼間からやっている夜市に行ったり

まったり、ゆったり過ごしました。




夜市では、初のカエル料理に挑戦。

鶏肉に近い、素朴な味ですが

見た目はかなり、、、エグざいるです。

20171203_153201


20171203_154313


20171203_151540





あとは夜に台北に戻り

象山にも登りました。

なかなか急峻な階段でしたが、長くないのでなんとか。

汗だくにはなりましたが。



ここからの台北の夜景がめちゃくちゃ綺麗で

感動しました。

YUZUに案内してもらったのですが

日本人が日本に遊びに来たら

一緒に観光して回ったりなんていう時間を作るの大変じゃないですか。



その辺、台湾人からしたらウェルカムで

仕事場まで遊びに来て〜って言ってくれるし

終わったら、ごはんに行こうって誘ってくれるし

そういう友達、来客優先にしてくれるところが

ほっこりします。


これ、みんなも見習ったほうが良いですよ。

僕も、見習います。

なので、撮影現場に外国人の友人を連れてきてしまったら

ごめんなさい。

今後、そんなこともしちゃいます。

それが、WEB上ではなく人と人との対話ですからね。



ということで

いい話になったところで

最終回でした。



謝謝!


台湾のつづき 2

ニイハオ!(こんにちは)



最近は、〇〇バカというワードが流行っているので

トレーニングバカというキーワードを使うことにしました。

略してトレバカ。



ここのところ、ムキムキになるというよりは

パフォーマンスアップ、例えばジャンプ力を高くしたり、

片足で長く立てたり、逆立ち腕立て伏せをしたり、

スピードを上げて重りを挙げたり、といったトレーニングにしています。

すべては27.431mを駆け抜けるために。

台北でもちゃかりジムに行きましたね。

しかも2時間もワークアウト。

こちらはあまりトレーニングは流行っていません。すごく空いていたので。

IMG_20171206_033524_919




それはさておき、

台湾のつづきです。

台湾に住む友人YUZUはじつはアーバンリサーチ
関西のセレクトショップの台北店でWEB系の仕事をしていて、
WEBデザインのほうを担当しているようです。

スタッフとお昼ご飯に連れて行ってもらいました。

台湾のこのエリアはBEAMS、ユナイテッドアローズなどもあり、

とてもおしゃれなスポット。

歩いていてもかなり楽しめます。


価格は日本のほうが安いように思いましたが。

これがメンバー。

僕は海外に行くときは汚い格好過ぎて、逆に浮いてしまったため
写っていません。
20171204_134857




鼎元豆漿

ここは有名なトウジャンのお店。

豆腐のスープのような朝ごはんです。

台湾の方々に絶大なる人気で、いつも長蛇の列。

日本人観光客が多いので、なんとなく日本語が通じて

なんとなく出てきます。

小龍包も激ウマです。この写真はInstagramに載せたのでそっちをチェックしてみてくださいね。
IMG_20171204_092159_320


最寄り駅はMRTの中正紀念堂駅

金華街というところにあります。

Googleマップでも出てきますし、ガイドブックにも載っているので

こちらでは割愛します。



台湾の人々は

朝昼晩がほぼ屋台でご飯を食べるため

スーパーマーケットというものがすごく少ないです。

僕はどちらかというとスーパー好きなので、

なかなか辛いところで。


カルフールが大きいところでは有名ですね。フランス資本のスーパーですが、

台湾の製品ももちろんたくさんありました。


それとは別に、歩いていたら

たまたま見つけたスーパーで、

喉から手が出るほど買いたかったトイレ洗剤。

じつは、イギリスのジョンソンで出しているダックという

あひるのようなトイレ洗剤が大好きでして、香りがすごく良いんです。

それに形が似ているうえに、名前がマッスルさん(笑)

液体は重いので、断念。。。
20171204_105146






台湾で定宿にしたいくらい良かったのが

メンズオンリーのゲストハウス。

ドミトリーの部屋もあるGホテル。

僕はシングルルームでした。

刺激的な内装でドキドキしちゃいますが、

掃除が行き届いていて、どこもキレイ。

シャワーのボディソープがイタリア製で香りもすごくいい。

しかもめちゃくちゃ安くてだいたい2000円前後でした。時期にもよると思いますが。
20171204_070002


20171203_210056




コーヒーも無料、

お菓子も入口で取り放題です。



香港から来た男の子と仲良くなって話していたら

台湾を自転車で一周するとのこと。

レンタサイクルらしいのですが、ジャイアントでした。


次回は基隆という街の話で最終回になると思います。



台湾のつづき

ニイハオ!




台湾へは、基隆に住んでいる友人に会いに行く

目的もありました。

ユズという、

かつての草野球仲間です。

台湾でも野球をやっていて、

基隆のグラウンドを見てびっくり。

バックネット裏、ホームから見て後方には

スタンド席がありました。

さらに、すべて策があって、ホームランも打てます。
20171203_140200




ベンチもありましたし、

ダッグアウトには室内練習場も。

この日は雨だったので、

少年が練習していました。
20171203_140057




軟式野球のボールがあるのは

地球上でも日本だけなので、

台湾は硬式です。



こんな素晴らしいグランドがあって

羨ましいですね。

日本の草野球は公園だったり、

河川敷だったり、

一面でなく、四面取って、

外野同士が、近すぎたり

まだまだ環境は劣悪だと思わざるを得ないので

非常に勉強になりました!

2018年になりました

!Hola!(こんにちは)




台湾トリップの続きになってしまいましたが、

18年が幕開けしてしまいました。




昨年を振り返ってみても

あまりにもモデル業務が調子良くて

本当にあっという間に

一年が過ぎ去ってしまった感じでした。



過去の仕事では

雑誌がメインだったのですが、

昨年はどちらかというとCMなどのムービーが思いっきり増えて

動くほうの撮影に困惑しながらも

じつは舞台などを過去にやったこともあったので

俳優業務に近い現場だったので

ああこういう感じだったなあと思い出して

懐かしく思いました。




原稿を書く方も

多角化していって、

アウトドアだけでなく、フィットネスのことや

トレーニングのこと、栄養学的なことなど

身体に関するところも重点的にフィーチャーしたので

NASMという資格を取ってようやっと還元できた感じです。

けっこう資格取るのにお金を使ったので。



今年は、栄養学と医学を含めて

腸内環境の勉強を昨年末から始めています。

ダイエット方法、パフォーマンスアップも高次元のレベルで

考え、指導できるように。




旅に関しても

長期的な旅はできなかったのですが、

自転車と旅のイベントをやったり、

ハワイ、台湾、韓国、国内も、沖縄に2回行ったり

東北にも行けました。

関西は撮影で何度も行きました。




そういう意味では

旅らしい旅をしてきたなあと実感しています。




18年はユーティリティープレーヤーを目指して

いろいろなことにアプローチできる体制を整えようと思っています。

モデルも、書くことも、イベントも、プロダクトアドバイザリーも、コンサル的なことも

とにかく動けるうちに動くことで

広げていきたいです。





アウトドア業界、自転車業界=輪界、オートバイ業界、クルマ業界

スポーツ業界の人という風に、カテゴライズされて、

その業界的なヒトとしてピックアップしていただくのは非常にありがたいのですが、

僕はあくまでプレーヤー。

つまり業界の人ではなく、ユーザー、むしろエンドユーザーであり、

ひとりの旅人としての視点を重要視したいと思っています。

だからこのブログを読んでくださっている皆様と近い位置に居たいのです。

僕も一般人なんです。




ということで、

今年もよろしくお願い致します!

20180101_163055


年始は、ランニングシューズのインプレッションのために

15.5km走りました。鎌倉から江ノ島までの海沿いを。

気持ちよかったです。


20171230_100140


年末は走り納めで林道に行ってきました。

タイヤを交換したいです。

来月のお給料入ったら換えます。



台湾トリップ 

你好!(こんにちは)



台湾に行った話の続きです。

台湾は台北に二つの空港があります。

松山国際空港と桃園国際空港。

松山は街に近い場所で桃園は遠い場所です。



LCCを使った場合はたいてい桃園です。

桃園から市内まではおよそ40分くらいです。

今はMRTという、いわば成田エクスプレスのような電車もあるので

楽チンです。

とはいえ、高速バスの格安お値段には

毎度お世話になってしまいます。




空港から着いたらまずはSIMカードというモノを購入します。

スマホに入れるアレですね。

これがだいたい3日間で1000円から1500円くらいで、インターネットや電話が使えるようになると

旅がぐっと楽になるわけです。

日本の生活でも使えるので、SIMロック解除したスマホも買っておきましょう。

というか旅人なら海外でSIMカードを使うために

ロック解除しておくのがもうノーマルですね。



レンタルWi-Fiに比べてもはるかに安くて便利。

人数が多い場合はWi-Fiでも良いですが一人旅なら

もう海外SIM一択です。




桃園国際空港のいたるところにSIM屋さんがあるので

大丈夫です。どこも同じお値段ですし。

20171203_095623






20171203_052103

時計はやはりLUMINOX!

アナログでいい。いや、そのほうがカッコイイと思える年齢になって来ました。

時間はスマホ見ればわかりますからね、時計はオシャレアイテムだと思います。



20171203_103003


こちらバスにある充電座。

USBケーブルがあれば充電できます。

わりとスピーディーでした。

台湾もものすごい進化しています。


つづく。
Profile
Capture one 3078

山下晃和
(やました あきかず)


モデル (タイクーン所属)


アウトドア、ファッション、スポーツ、
バイク、クルマ、船舶、登山、
自転車系雑誌他、広告、WEB広告等
モデル業を中心に、   
トラベルライターとしても活動。
   

“旅”をライフワークに、オートバイや
自転車に乗って色々なところへ赴き、
写真を撮り、景色を見ては、人間
本来の生き方は何かを探し続ける
放浪旅人。
今まで訪れた国は40ヵ国以上。


中国・東南アジア・北米・中米・南米・南アジアの22ヵ国と国内を合わせて
約32,591kmを自転車で駆けた
旅サイクリストでもある。

初の著書
実業之日本社「自転車ロングツーリング入門」
が発売中。


“ファッション×旅”
が永遠のテーマ。

詳しいプロフィールは
Offcial Site
出演中のメディア等


Contact us
お仕事依頼は下記まで

株式会社 大君

〒154-0012 東京都世田谷区駒沢 4-6-6 3F

TEL 03-5486-8721
FAX 03-5486-8722 まで。


top3


お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
自転車ロングツーリング入門
Archives
Recent Comments
FINEBOYS +SUITS
画像1
自転車旅スタートブック
はじめてのキャンプツーリング
GARRR
magazine_hyoushi_b (2)
mono style outdoor
Bicycle NAVI 71
bn71_cover
Bicycle NAVI 52
latest_cover
PEAKS No.3
mono magazine 711
03071149_531933ad060f9
TRAMPIN' vol.6
trm06w240px
MOTO NAVI
cover (3)
Bicycle Style Magazine
54
CYCLO TOURIST
_SL500_AA300_
MTB only
MMB_1301x
GO OUT vol.11
GARRRV
GARRRV
New cycling
自転車人
_SL500_AA300_
QRコード
QRコード
Categories
Instagram