忙しい5月、遊びたい6月(希望)

!Hola!(こんにちは)




5月は比較的、仕事に集中していたと思います。

毎年、このくらいの時期はわりと

撮影ラッシュがあって、ありがたいです。




で、気づいたら梅雨入りなんて

ニュースもやって来るじゃないですか。。

なので、6月はなるべく遊びたいんですよね。

天候予備日とかを多く設定されるケースがあるので

スケジュールが振り回されるので

海外に行ってしまおうと考えておりました。




ところが、

わりと重要な仕事が入ってしまったので

少し遅らせて、少し短くして行くことに決めました。




さて、ここ最近の写真で綴る日々。

いまトーキョートラベルトートを
営業しているところで、

置いていただける店舗に直接飛び込みだったり、

事前に話に行ったり

いろいろやっています。

そんな時に役立つ時計はSUUNTOのエレメンタム。

いちおうアウトドア用ですが、ファッションの要素が強い。

スーツやシャツスタイルに合うし、

迷ったらコンパスを使えるし、普段から山まで愛用しております。
image



こちらは、唯一メンズモデルで

腹を割って話をしているREN君。

インディゴという事務所に所属していて、

ウチのタイクーンとはまあライバルなんですが、

そんなことは関係なく、自転車やモーターサイクルの話など

趣味が合う仲間でもあります。

一緒にArai派でもあり。
image




こちらはドアオブアドベンチャーというラリーイベントに出た

ときの一枚。

モトナビ編集の達徳選手、ゴーグル編集の岩瀬君、カメラマンの高柳ケンケン。

ここ最近仲良くやっております↓
image




こんな風にラリーマップ(コマ地図)を読んで

街や山を間違えずに進むラリーごっこです。

スピードを競うSS(スペシャルステージ)が無いので

目を三角にして走らなくていいというのもいい。

Nsystemというところのラリーマップホルダーを風魔プラス1世田谷店で付けてもらいました。
image



途中でお昼休憩もできます。

時間じゃなくて、道を間違えずにクリアーしたらゴールなので。

先が読めない道があったり、山道があったり、

冒険感、旅感があるラリーはオススメです。
image



IRCタイヤのBR99もとても馴染んできました。

走りやすいったらありゃしない。

ダート、泥路面はとくに。

舗装路も最近は慣れました。
image




帰りはバイバイして、

僕だけフェリーで帰りました。

自転車もモーターサイクルもフェリーを使うと

ぐっと旅感が増して、

旅しているなあという感覚に浸れるので好きです。

東京でも伊豆大島とかそういう気分が旅情を煽りますよね。

昨年はMTBで行きましたが。今年も行きたい。
image






と、そんな日々でした。

山下晃和の100のキーワード

!Hola!(こんにちは)



GW遊びましたか?

僕は少しだけ遊びました。

動画編集の最新作はコチラです。
東京船旅です↓




さて、タイトルの通りキーワードをただ単に
挙げていくだけの
ブログですが、

さ、100コあげてみますか。

image

1.海外自転車旅
2.自転車ツーリング
3.キャンプツーリング
4.バイクパッキング
5.MTBライド
6.日東キャンピー
7.日東ランドナーバー
8.ランドナー
9.キャンピング車
10.大旅行車
11.BROOKS革サドル
12.オーストリッチ 特大パニア
13.自転車ロングツーリング入門
14.BICYCLE NAVI
15.BICYCLE PLUS
16.rinproject
17.OGK KABUTO
18.輪行
19.THOMPSON
20.RESISTANT

image

21.登山
22.トレッキング
23.縦走登山
24.テント泊
25.雪山登山
26.トレイルランニング
27.アルトラ
28.ポーレックス コーヒーミル
29.SOTO ウィンドマスター
30.クライミット
31.ポリゴンネスト
32.NEWERA
33.ビブラムソール
34.GORE-TEX
35.アイゼン
36.スノーシュー
37.スノーボード
38.サロモン
39.ESS
40.SUUNTO

image

41.セロー250
42.モトクロス
43.エンデューロ
44.ラリー
45.キャンプツーリング
46.Arai
47.林道ツーリング
48.Y's GEAR
49.GARRRR
50.MOTO NAVI
51.ダートライド
52.デュアルスポーツ
53.デュアルパーパス
54.弾丸ツーリング
55.ロングツーリング

56.OUTDOOR
57.シングルバーナー
58.ポーレックスミル
59.コーヒー
60.カフェ

61.メンズグルーミング
62.フレグランス
63.化粧水
64.オードトワレ
65.メンズコスメ
image

66.ウエイトトレーニング
67.ケトルベル
68.ファンクショナルトレーニング
69.プロテイン
70.ベンチプレス

71.野球
72.メジャーリーグ
73.北海道日本ハムファイターズ
74.東京ドーム
75.札幌ドーム
76.ホームスチール
77.スプリットフィンガーファストボール
78.AT&Tパーク
79.タンパベイレイズ
80.ケヴィン・キアマイヤー
image

81.パックラフト
82.東京河川旅
83.パドリング
84.SUP
85.サーフィン
86.トライアスロン
87.シーカヤック
88.ビーチラン
89.焚き火
90.スノーケリング

91.ファッション
92.ワークウェア
93.ペインターパンツ
94.ワークブーツ
95.ビブラムソール
96.アウトドアファッション
97.ウルトラライト
98.ブーツスタイル
99.アメリカンカジュアル
100.タイドアップ

以上ここ最近のキーワードでした。

おやすみなさい!

ムービーについて死ぬほど勉強中

!Hola!(こんにちは)




GWですね。

遊びに行ってますか?

僕は、引きこもりです。

GWはどこも混むのであえて

家で仕事(撮影もちらほら)しています。



ここのところ、

CASIOのFR-100を使った動画を

編集する業務に凝っていて、

モトクロス動画も撮りました↓

正式には編集しました。






モトクロスとかモーターサイクルの動画って

ヘルメットマウントのライダー目線オンリーで見ていてクッソつまらないんですが、

カット割りを多くして、音楽も激しいロック調にしないこと。

それと話というか声を入れないということ。

ギターサウンドに合わせてサスペンションのストロークとリズム感を揃えること

なんてことを意識しているのです、じつは。

36時間くらいかかりましたけどね(笑)




他にも、パックラフトは荒川ロックゲートを一緒に旅するような

ドキュメントにしたかったこと。

簡単に東京河川探訪できることを意識しました。

けっこう失敗も多いですが↓





こちらはプロの動画ですね。

やはりタイムラプスとか、綺麗な描写とかプロの仕事ですね↓





それに近いキャンプとダートツーリング。

デュアルスポーツモデルの真骨頂とも言える

こういった遊びを、キャンプ場でなく、お気に入りの山の中でやることの楽しさ。

そんなことを発信したかったのです。

まあいろいろこちらも処女作的なもので失敗ありますが。






もうちょっと動画編集がうまくなりたいと思っていて

勉強中です。

とりあえず、カッコイイ動画をいろいろ見て

学ぶしかないですが。

いまはYouTubeがあるので、海外の動画とか

いろいろ見れますからね。

これとかもすごいです↓

春物 夏物 モーターサイクルジェントルマン

!Hola!(こんにちは)



ここ最近あまりにも暖かいもんだから

油断してしまいますが、

羽織りものひとつを持ち歩く。



これ大事です。




今月は後半に控える撮影が

すべてファッション&アパレル関係なので、

ジムで重いのを挙げられない葛藤と

有酸素をやらなくてはならない衝動と

いろいろな思いが混じっている

そんなGW前です。




モーターサイクルウエアであるワイズギアでは、

モデルを務め、

今回は、モデル落合恭子ちゃんと一緒でした。

http://www.ysgear.co.jp/mc/wear/2016ss/

新しいウエアをまとうと心がキリっとするというか。




デザインも年々洗練されてきて、

CAFEに入っても、むしろライダーであることが分かるので、

モーターサイクルジェントルマンです。(オシャレとして)





故・尾崎豊氏が「盗んだバイクで走り出す」を歌っていた頃は

半社会的な活動の一部だったモーターサイクルが、

趣味のひとつになり、熟成されて、

旅でもあり、アウトドアでもあり、移動手段でもあり、都内では渋滞気にせずだったり、

とにかく便利で、経済的な乗り物で。





といった新たなベクトルに向かいつつあります。




横断歩道や道を横切る人に道を譲るような

心の余裕を持って乗ることで

モーターサイクルジェントルマンでありたいですね。(モラルとしても)




今後の僕のキーワードです。

それは、オフ車でも同じ。山でも林道でもそうありたいです。

動物や登山客、MTBなどが優先。

これからも自然と共に走るのだから。

20160408_120528

これはガルルのロケでの一コマ。




それでは、

!!Buen Viaje!!(よき旅を!)

収納系は、安物買いの銭失いで、3つの法則

!Hola!(こんにちは)




花粉症が今年は長引いていて

おそらくスギだけでなく、ヒノキなのか何なのか。

別のアレルギー症が発症したようなそんなズルズルな日々です。




さて、春ですし、収納の見直しをする方も多いと思いますが、

ここ最近、100円ショップや、IKEAや、FlyingTigerや、ニトリや、無印良品(←ちょっとだけ安くない部類ですが)

や小物を揃えるときに3つの法則を生み出しました。




3つ以上買うと、なんとなくまとまってくるんですね。





物を置かないことが一番なのですが、

趣味を増やすと、どうしてもモノが増えてくるので、

仕方ないですよね。




このカゴは無印良品のものですが、

大小サイズを変えて、3つ買いました。

こちらはジム用、RUN用のよくシューズケースに入れて

持ち歩くスニーカー類入れ。

他に洗剤類入れ、化粧水&ボディソープなどのセルフメンテナンス入れも。

これは取っ手を折り返すと重ねることができるすぐれもの。
image





それと、IKEAのガーデニング用のスプレーというか

水やり用のボトルなんでしょうが、

ファブリーズ、除菌用アルコール、防カビ用エタノールをそれぞれ入れて、

底面に間違えないようにアルファベット表記しています。

無くなったら、詰替用を買えばいいので経済的でもあります。

image






こちらもIKEAのもの。

グリーンが好きなので、これはもう買うしかないと思って

けっこう大量買いしました。

この色味はIKEAしかやらないカラーリングですね。

草野球のチームに8チームくらい所属しているんですが、

野球って着るものが多すぎてもう大変極まりないので、

これにて毎回忘れものせず試合に行けるようになりました。

トップス、キャップ、ボトム、インナーと書いておいて上から順番に

バッグに詰めれば良いのです。
image





100円ショップなどでコレ良いな!と思ったら、

迷わず3つ買ってみる。

そんな収納のお話でした。



皆さんは、趣味のモノ、生活のモノ、

どのように収納しているのでしょうか??

BICYCLE NAVI 81号

!Hola!(こんにちは)




こちらはバイシクルナビの81号目。

隔月刊から休刊、そして不死鳥のごとく復刊。

さらに季刊誌化。
bn81_fb





今回はモデルという立ち位置というよりは

ライターとして原稿を書きました。

ページ数は、7ページと対談ページの6ページ

合計13ページに出ています。

他にもちらっと出ていますが。




僕の海外自転車旅への背中を後押ししてくれた

本『行かずに死ねるか』の著書でもあり、

世界一周サイクリストでもある石田ゆうすけさんと

旅対談をしました。



本当に憧れの大先輩で、

自転車のこと、旅のこと、その後の人生のこと、最近行かれたキューバのこと

その全てが僕にとって貴重なお話、そして時間となりました。

ちゃっかり本にサインももらいましたし。



僕も少ないながらも海外を自転車で旅して、そのときは大変だったんですが、

終わってみると、その頃の旅の風景が蘇ってくる瞬間があるんですが、

それがドーンドーンと戻ってきました。

話をしているうちに。



とにかく、見て楽しみ、

読んで楽しみ。

自転車の遊び方を提案している特集なので

きっとこれから自転車乗ってみたいなという方も

すーっと入れる内容になっていると思います。



ぜひ、書店にて!

BICYCLE PLUS vol.15

!Hola!(こんにちは)



現在、発売中のバイシクルプラス vo.15で

表紙モデルと

原稿をガッツリ書かせていただきました。

リニューアル一発目にまたまた貢献できたことを嬉しく思います。

バイシクルクラブもリニュール一発目カバーモデルやりました。



しまなみ海道プラスとびしま海道、かきしま海道という

海、そしてアイランドホッピング自転車旅。
2016-04-01_09h16_42




僕が旅のライターとして活動している

旅ルポルタージュはもっとも得意とする分野でもあります。

旅の記事が、疑似体験となったり、行ってみたいなあと思ってもらったり、

旅のヒントになればと思ってしっかり調査と実際に走って

一文一文丁寧に文章にしています。




ロードバイクでも、MTBでも、ママチャリでも

旅はどんな自転車でもできます。




自転車での旅は、ほかのどの乗り物でも体験できない

15km/hのスピードで流れる景色、リズム、生活空間というものがあります。





これはやってみないと分からないので、

自転車旅してみてくださいね。




この売上によっては、

僕がまた旅記事を書ける可能性がググッと上がるんで

ぜひ買ってください!

年度末は粘土質 

!Hola!(こんにちは)



久々の更新になってしまいました。

このくだりを入れておけば

なんとなく忙しいということをアピールできてしまうので、

たいていの有名人が使っていますね。

僕はただ単にめんどくさかっただけです。

ごめんなさい。




image





先日は、

交通安全関係のムービーのお仕事をしました。

セリフを覚えるのはニガテなんですが、

なんとか撮り終えてほっとしています。



一般には見られない動画なので

残念ではありますが、

どこか誰かに見ていただければと思います。

じつは、消防服のカタログモデルもやっています。

こちらも一般公開ではないんですが。

日本国のお金、力は偉大です(笑)





さて、

先日は東京モーターサイクルショーご来場ありがとうございました。

多くの方と話すことができ、そして、見ていただけて、

泥がヨカッタ、キャンプグッズがあんなに入るのね。

とかいろいろな声をいただいて嬉しかったです。
image




また多くの方が写真を撮ってくださいました。

ナンバーの泥は演出ですね。

あとはリアル泥です。かなり粘土質だったので

朝の搬入時の大雨でも取れませんでした。
image




その雨のおかげで、会場でペロッと

ナンバーにくっつけられましたね。

とくに糊とか付けてないんですが落ちなかった!!




搬出時、

ナンバーが見えないと違反になるんで、

ちょいちょいちょいっと数字近くだけ削って、帰宅。ほらね。

世田谷辺で休憩して、通る人、通る人にガン見されましたが、

運転はそんなに大変じゃありません。

すべてセミハードケースなので、アルミのボックスみたいな重さがないんです。

だから250ccでも余裕です。

むしろこういったライトなバイクに積めるのがウリですね。グランドシートバッグと言います。

ちょっと高いですが、一生モノなら良いですよね。

ホームセンターなどのボックスはやっぱりカッコ悪いじゃないですか。

積載も工夫が必要だし。コチラは簡単に付けられます。
image





今回、演出の最大のポイントはこのIRCのBR99です。

エンデューロやラリーに使われるタイヤですが、公道走行可の認可あり。

F.I.Mの規格も通っています。

それにもかかわらずこのパターンのカッコ良さ!

減りは早いかもしれませんが、この見た目の美しさには

かないません。

image




IRCのツーリストというタイヤを履かせている方が多いんですが

あのブロックパターンがどうしても好きになれなくて。

トライアルタイヤのグリップは凄いらしいんですが、

僕はブロックがゴリゴリあったほうが好きですね。



もう理由は一つ。

ルックスです。



とはいえ、泥濘路面は無敵でしたよ。

それもこれもガルルの連載ページに書きますね。

IRC90周年おめでとうございます。

アニバーサリーイベントとかやらないのかなあ。






さ、暖かくなってきた東京。



花見に、ツーリングに、トレイルランに、ハイキングに、ピクニックに

出かけたくなる日々がやって来ましたね。



明日から4月です、がんばりましょ!

東京モーターサイクルショーで逢いましょう

!Hola!(こんにちは)



春めいてきましたね。

少なくともトーキョーは真冬は越えて

少しずつ気温が上昇し始めています。



3月はありがたいことに

いろいろな仕事があって、

それをこなすうちに

4月になりそうな、

そんな気配です。



先日、ご紹介したDHCのスマートソープこと

スマソ。これ一本でオールインワンという

ことを書いたら、ジムに使える小分けボトルを送ってくださいました。

ありがとうございます!

三宿にあるお気に入りの雑貨屋さんであるプエブコの

ウィンドウ付き化粧ポーチ(ジム用)にイン。

保湿の化粧水とコスタリカで買ったデオドラントバー、リップクリーム

無印良品のボディタオルでもまだ容量があるので、

ハンドタオルもインできそう。
image





そして、今週末は

いよいよ東京モーターサイクルショーですね!



ここ最近、僕のInstagramを見て

セロー250が欲しくて仕方なくなっている人も多いかと

思いますが、生で見ていただけるよう

展示します。

TANAXさまのブースにて。

モーターサイクル用のバッグを作っているメーカーです。

僕は、ツアーシェルケースというサイドバッグを使っていたんですが、

その積載しているイメージでいつも通りのキャンプサイトを作っていいとの

依頼がありました。
image





で、せっかくイメージするのだから

キャンプ地を決めようと思い、

悩み悩んだ結果。




ボリビアのサンタクルス近辺にテントを張る想定で

キャンプサイトを作ることに決めました。

サンタクルスは、ボリビア第二の都市で、

ハブ空港もあり、

標高3000mを超える首都ラパスに比べると

だいぶ標高が下がり、

さらにパラグアイ、ブラジルらへんと近い熱帯気候になります。

ジャングルですね。暑いです。



蚊が居ましたね、そこそこ。

そして、屋台にはパリージャが並んでいて

網の上に焼かれた肉ですね。

そこら中からいい匂いがしていました。




バス停近くに安宿もあって

それなりに快適に過ごした記憶があります。




なぜそこにしたのかというと、

想定日本だったら、こんな大きいバッグ(いい意味でね、MOTOFIZZのバッグがデカいんです)必要ないですし、これで、山梨の山奥なんて言ったら

誰だってできるよってなっちゃうんで。

自分的に面白くなかったというのが理由。

その当時、ボリビアからパラグアイまでは自転車ごとバスに積んで移動したんですが、

ここの区間は200kmくらいイミグレが離れていて、

東京から静岡くらい。

自転車で行ってたら確実に死んでいたんで、

まあそれなりに過酷な地域でもありました。

なおさらキャンプの重要性ありますね。





いろいろなメーカーにもご協力いただいていて、

IRCタイヤには、そのボリビアの悪路、サバンナみたいな道です。

それと、キャンプ地ジャングルを想定したタイヤBR99を用意していただきました。

これが抜群にイイ!見た目もイイし、マッドなコースでも凄いグリップ。

舗装路はわりとギリギリですが、未舗装路は本当によく噛みますよ。



それと、NEUTRALOUTDOORからは

バンブーテーブルを用意していただきました。

買おうと思っていたんですが、まだ生産までに至ってなくて、

サンプルをお借りしました。

いずれ買う予定です。

だって、ほら!このコーヒーテーブルとして家でも使える

デザイン、サイズ、質感、完璧ですよね。

これは、脚を外している状態なので、もっと高くなりますが、

ソファと使うならこの低さがまた良くて。

家でも使えて、アウトドアでも使えて、デザインも洗練されていて。

アルミの天板じゃないから、オシャレ。

これで価格が7000円+税 らしいので超破格です。

欲しくなったでしょ?
image




そんなこんなで

東京モーターサイクルショーで逢いましょう!

コミネのブースにも行く予定ですし、

モトナビのブースでは、トークショーもやるようです。林道部の説明とのこと。



なので、日曜日に行くと思います。

質問にもなんでも答えますし、みなさんの生の声を聞きたいので

気軽にお声がけくださいませ!

ではでは。







3、4月はダイエット月間

!Hola!(こんにちは)



春になったとはいえ、寒いですね。

もう嫌になります。

寒いのは。



この時期は、

花粉症で顔がパンパンになるんで、

撮影の際は

本当に大変なのですが、

そうならないようにできるだけ食事制限をしようと

ここ数日頑張っています。



鶏の胸肉を茹でたものを積極的に摂取。
image




しばらくトライしてみます。




それとインスタでは上げたんですが、

DHCMENのクレンジングウォッシュと全身美容液は

オールインワンで、手間いらず。

面倒くさがりな人、毎日忙しい男の人にはピッタリでしょう。

もし旦那さんや恋人が居たら女性からプレゼントしてあげるのも良いかもしれません。

プレミアム感が漂うボトルなので、

きっと喜ぶと思います。少なくとも僕は喜びます。
image





それと、先日、初の抱っこひもモデルしました。

そういう歳になったんだなという思いと、

いろいろなことを飛び越して、

いきなりパパになるのはちょっと笑えるなあという思いと錯綜。




もし、街で見かけたら笑ってやってください。
image
Profile
Capture one 3078

山下晃和
(やました あきかず)


モデル (タイクーン所属)


アウトドア、ファッション、スポーツ、
バイク、クルマ、船舶、登山、
自転車系雑誌他、広告、WEB広告等
モデル業を中心に、   
トラベルライターとしても活動。
   

“旅”をライフワークに、オートバイや
自転車に乗って色々なところへ赴き、
写真を撮り、景色を見ては、人間
本来の生き方は何かを探し続ける
放浪旅人。
今まで訪れた国は38ヵ国以上。


中国・東南アジア・中米・南米、南アジアの22ヵ国、
約14,850kmを自転車で駆けた
旅サイクリストでもある。

初の著書
実業之日本社「自転車ロングツーリング入門」
が発売中。


“ファッション×旅”
が永遠のテーマ。

詳しいプロフィールは
Offcial Site
出演中のメディア等


Contact us
お仕事依頼は下記まで

株式会社 株式会社 大君

〒154-0012 東京都世田谷区駒沢 4-6-6 3F

TEL 03-5486-8721
FAX 03-5486-8722 まで。


top3


自転車ロングツーリング入門
twitter
Archives
Recent Comments
FINEBOYS +SUITS
画像1
GARRR
magazine_hyoushi_b (2)
mono style outdoor
Bicycle NAVI 71
bn71_cover
Bicycle NAVI 52
latest_cover
体幹コアトレ集中読本
PEAKS No.3
mono magazine 711
03071149_531933ad060f9
TRAMPIN' vol.6
trm06w240px
MOTO NAVI
cover (3)
Bicycle Style Magazine
54
CYCLO TOURIST
MTB only
MMB_1301x
GO OUT vol.11
GARRRV
GARRRV
New cycling
自転車人
_SL500_AA300_
QRコード
QRコード
Categories
Instagram
  • ライブドアブログ