2017年10月19日

9時頃から13時までAMラジオを聴いている。
伊集院のラジオ番組でタケカワユキヒデとミッキー吉野がゲスト。
ナーイス!
すごく面白い話だった。
いろんなアプローチが出来るゲスト。
お題目は「小学生とゴダイゴ」。
FMだったらそんなこと聞かないだろうなあ。

ドンピシャ世代なのであんなことこんなことを思い出す。

馬に乗った佐良直美の映像が浮かぶ。


なぜ?
そして思い出す。
これは夢じゃなーい。
小学校の交通安全教室に一日署長として
婦人警官の恰好をした佐良直美が馬に乗ってやってきたのだ。

当時の売れっ子芸能人だけど、小学生は気持ちが盛り上がらない。
彼女の真面目なイメージが子供にとっては面白くない。
華やかなアイドルならよかったのに。
学校行事じゃ無理なんだろうな。
けれど色白な佐良直美に
「やっぱ芸能人は違うな。」と思い直した記憶も。

これが引き金になってママチャリに娘を乗せた子煩悩な佐藤蛾次郎とか
運動会に屈強なお父さんがいると思ったら坂口征二とか。
子役の見栄晴など。(2代目だったかな?)

芋づる式に記憶がよみがえる。
なんか脳内映像は混沌としてるけれど。
これが私の小学校の思い出なんだよな。



(11:42)

2017年10月15日

P1010001 (8)











キュー(旧)バウルーをやっと見つける。
ニューバウルーはフッ素加工してある。
そんなのしゃらくせーーと思っていて。
昔はそんなんじゃなかったよなあと子供の頃を思い出す。
南部鉄器のものにも惹かれたのだけど
見た目はナイスだけどサイズが好みじゃなかったり。
せっかくの南部鉄器なのにデザインが気に入らなかったり。
何より、子供の頃に使ってたやつが欲しいなあと諦めきれなかった。

安く手に入れる。
2500円弱。
ラッキー。

携帯電話の最新機種なんて全く気にならないが、
子供の頃に使っていた道具にとても魅力を感じる。
手に入れたいと思う。

昭和の香り〜。


(13:05)

2017年10月10日

P1010002 (51)












我が家の電子オーブンレンジの調子が悪い。

横浜ではガスオーブンを使って焼いていた。
マンションで使うには工事をしなければならず
結構な金額になりそう。
ということで、昭和の香り漂う天火オーブンを買う。
販売店はなく、中古品を探すしかない。
天火オーブンと言えば「ピース天火」。
小学校の頃、使っていた記憶がある。
赤い色のオーブン。
これはなかなかの値段。
と、いうことで違うメーカーを選ぶ。
5000円もしない。
磨いたらとても綺麗になった。


オーブン扉についている温度計が信用ならないので
オーブンメーターを買う。
これでよし。

写真の右にあるパンは、これで焼いた第一号。
納得はしてないが、オーブンの癖を掴めば解決する。

ぴすこは適温になったらピピっと鳴る
電気のオーブンがいいと言うけれど。
私は手をオーブン内に入れて、
表示されてる温度より低いと気が付いた。
ぴすこはケーキを焼く時に気が付かなかったわけで。
料理は体の感覚が大切、と改めて思った次第。




(20:18)

2017年09月30日

今日はライブ。
スタンド席だったけれど、ステージに近いのが嬉しい。
最前列の通路側だったので、スペースに余裕あり。
心おきなく踊れる。

マサムネが「膝と腰は大丈夫ですか?」と観客に声をかける。
そういう年齢。

でも最近ガシガシ歩いて体力はつけてある。
肩こりだって最近はだいぶいい。
思いっきりジャンプして拍手して汗かいたーー。

やっぱ、ライブはいいよねー。



(23:07)

2017年09月29日

コンタクトレンズにして以来、
初めて中学時代の友達に会ったちゅぱ。

二階堂ふみに似てるって言われた。


なんと!!!


似てると思う?


どこがじゃ!!


この飴玉は一生しゃぶり続けるよ!


おう!大事にしな!!




(18:58)

2017年09月16日

職場で失敗すると、帰宅後すぐに私に必ず報告。
これはよくあるパターン。
ひと通り話終え、次の話へ。

最近眼鏡からコンタクトにしたちゅぱ。
職場のあまり会話をしたことのない年上の女性に
「すごい美人だね!」と言われる。
なんと!!!美人だって?!



お母さんはちゅぱのこと美人だと思う?


思わない。(きっぱり)
自分の娘だし、可愛いとは思うけど。


だよねー。
でも「美人」って言われちゃったー。


若いからという理由で可愛いと言われることは
女性にはあるけど。
美人と言われる事はなかなか無いね。
しかも「すごい」が付くなんてね。
一生の宝にして、つらい時悲しい時に思い出しなさい。


そうしよー。



彼女はムチュールに似ているのだ。(ポケモン)
ガラスケースに入っている金太郎人形とか。
でもちゅぱの顔が年上女性の好みだったんだろう。


毎日職場で気持ちが上がったり下がったり。
本日はプラマイプラだ。
これからも頑張ってくれたまえ。





(13:24)

2017年09月09日

カラスを飼いたいと言ったら
「それもいいね。」と言ってくれる人がいい。(ぴすこ)

「ねえ、ちょっとおかしなこと言ってもいい?」と言ったら
「そういうの、大好きだ!」(アナと雪の女王より)
とノッてくれる人がいい。(ちゅぱ)


カラスを合法的に飼うための知識があり、
近所迷惑にならぬよう人里離れたところに住まいを持つか、
広大な土地を購入して家を建てないといけないねえ。


あんたの口調が最近ミュージカル調で鬱陶しいと思っているのに、
家族にそういう人が増えるのは嫌です。
二人だけでやってほしいんだけど。


と、各自に伝える。
そんなピンポイントな条件じゃ相手は見つかりませんということも
付け足したいと思います。



(11:42)

2017年09月03日

お日様の力を強く感じる日曜日。
新しく購入した布団用の物干し台を使って敷布団やマットや
なんだりかんだりと干せるものは何でも干してやると
ベランダを行ったり来たり。

勢いづいて台所でお弁当のおかずのピクルスを作ったり
コーヒー豆を焙煎したり。
家事マシンとなる。


おかーさーん。
後でちゃんと洗うから虫を入れていい瓶、ある?


そんなもの無い!


なんの虫かと思えばスズメバチ。
大学で駆除したものを庶務さんにかけあって、
巣とハチをもらってきた。
その標本作りに使う瓶が必要とのこと。


そういうことならと、ずっと使っていない古いガラスコップをわたす。


返してもらわなくて結構!


これ庶務さんにお礼に見せるんだー。


庶務さんも虫好きなの?


そういうわけじゃないけど。
庶務さんのおかげだから(標本を)きれいに作って見せたいの。


そーですか、そーですか。


今日もお昼から研究室に出かけていった。
ちゅぱは図書館で仕事のお勉強。
来月小学校で特別授業(?)を行う「せんせー」になるらしい。
それぞれ自分の世界を広げてる模様。



(14:31)

2017年08月31日

木になっている実が気になってるぴすこ。
大学で果実酒を作っている。
先日果実酒の作り方を伝授。


砂糖は氷砂糖を使うとゆっくり溶けるから
実から美味しいエキスが出てくるよ。


うん。



果実酒は研究室の仲間と一緒に作っているらしく。
一人暮らしだと氷砂糖を買っても余らしてしまうから
普通の砂糖で作れないか調べたそうな。

美味しいエキスを抽出するには浸透圧作用が関係しており、
普通の砂糖で作るのであれば
数回に分けて加えるといいという答えを導き出す。
でもそのタイミングがいつなのか見極めるには?という疑問も。



だったら砂糖じゃなくて
氷砂糖をキロ買いしないで少量サイズの買えば?
余ったところで腐らんがな。
防災食だと思えばいいじゃん。


そうなんだよ!
そういうことなんだよ!


・・・・頭いい人たちって面倒くさくて愛おしい。



(11:27)

2017年08月13日

帰省した時に食事に行った店は伊勢佐木町の先にある店。
NPO法人が入っているビルの隣は怪しげなパブで
向かい側には教会。
混沌。
絵的にはテレビ番組の警視庁24時。
看板ギラギラ、目はチカチカ。
通り1本入るといきなり吉田類が好きそうな古い居酒屋。
きっとこの店は昔からずっとここにあって、
周りの店が変わっていき、
どんどんぎらぎらしていったんだろうなって思わせる。

立派なカウンターがある
薄暗い店に入るときびきびと立ち働く料理人のおじさんと
(流ちょうな日本語を話す)外国人の店員。

キラキラ横浜じゃないほうの街は濃い店がたくさん。
テレビで横浜の街が紹介される番組があると見るが、
最新情報ばっかりで。
じゃないほうの横浜も紹介してほしいなー。
美味しくて、家族でゆっくりできて、いいお店だったなー。



(15:33)