2017年04月29日

ちゅぱが窓口業務に立つと、
同じ班の上司や先輩の皆さんのお耳がダンボになってると
他の班の同期の仲間から言われる。
親鳥がひなの成長を見守ってるようだ、と。
ありがたいことです。



毎日夕飯に今日の出来事を聞くのが面白い。
やっと仲良くなれそうな子に出会ったという嬉しい報告。
思ったことを文章にするのが好きなんだそうだ。


インスタグラムで空の写真に言葉を添える系ではなく
椎名林檎のような世界観、らしい。
(ちゅぱは彼女の文章を読ませてもらった)

おしゃべりしていても言葉選びが秀逸で
初めて飲み会で自然とちゅぱが笑ったそう。

いいじゃんいいじゃん。
お母さんが時々ラジオ投稿をしてるって伝えてくれる?
私とも話が合いそう。


(00:12)

2017年04月22日

P1010001 (42)














ちゅぱがお給料をもらってきた。
めでたいなー。
アルバイト経験無く社会人になって
初めてお給料をもらうってどんな気持ちなんだろう。


「ちゃんと仕事出来ないのにもらっちゃった。」


謙虚な気持ちを忘れずに
コツコツと真面目に働いておくれ。




写真はお給料で買ってきてくれたケーキ。


(22:43)

2017年04月16日

仙台は桜満開。
風が強い一日だったけれど花びら舞うこともなくこんもりと。
近所のお花見スポットでお昼を食べようと、ぶらぶら散歩。

花の香りをかいで鼻の頭がオレンジになるぴすこ。
年頃の娘になってもやることは相変わらず。

貯水池をぼんやりと眺めてたらさざ波が立つ。
何かいると確認しに斜面を降りる。


亀だ!


嬉しそうに言う。
生き物好きなのも相変わらず。



もうすぐポケモン映画の前売り券の発売日だ!



今年はぴすことスピッツと源のライブに行く予定。
チケット先行発売日なんて覚えてなかったくせに
ポケモンとなると違うらしい。
生き物もポケモンもきっと同じ並びにあるんだろな。




(18:04)

2017年04月15日

P1010002 (38)












新しい植木屋さんが出来たので早速行ってきた。
雑貨好きな男性が集いそうなお店。
無骨でかっちょいい植木や鉢がたくさん。
初心者にも世話できる植木を購入。
かっちょいい鉢というのはホームセンターにはないのよね〜。

夜はちゅぱの誕生日を前倒しで祝うためにピザ屋に行く予定。
ピザの世界大会で入賞した日本人というのをテレビで見たことがあって。(うろ覚え情報)
東京じゃ行けなーいーと思っていたら北仙台に数年前にやってきた。
ありがたーい。

ひっさしぶりに小粋な休日になりそう。


(15:23)

2017年04月08日

社会人になってから初めての休日。
帰宅して玄関に倒れこむ毎日から解放され
ちゅぱはリラックスしております。

提出する書類がいろいろあり、
詳しくはYouTubeの動画を見るように、とのこと。
今時はそうなのねー。

職場の人たちは忙しく立ち働いているのに、
自分は何をしていいのかわからない不安や孤独。


ずーっと昔に私もそんな経験したなー。


前任者が残してくれたファイルに味わい深い一文が。


「※仕事以外で優しくしてくる奴には気を付けろ。」


何があったんだろ?
こーわーいー。

(20:02)

2017年04月03日

本日、入庁式のちゅぱ。
前日にアイロンかけたり、
お化粧の練習をしたり、
前髪チェックをしたり。
しまいには緊張のためお腹が痛くなったり。
不慣れなストッキングに片足入れようとするところでストップをかけ、
私の腹巻を渡す。


落ち着け。
お腹を温めな。



私は普段家事をしながら、なかなかな音量で歌を歌う。
ちゅぱの門出に歌おうと口から出てきたのは
「母をたずねて三千里」の主題歌。
途中で曲調が変わるところがお気に入り。

2曲目はトムソーヤの冒険の「誰よりも遠くへ」。
曲の最後、「パッパッパーヤ、パッパパーヤ」も歌いきる。


ここまでくれば世界名作劇場シリーズとなり、
南の島のフローネを高らかに歌う。
ちゅぱの気持ちは知らないが、私の気分は確実に盛り上がる。


びっくりするくらいに早く家を出た彼女。
8時過ぎには目的地に到着。
「着きました」メール着信。
「スマーイル、スマーイル!」と返信。


今日ぐらいは身長が高くありたいと
無理してぴすこのヒールの靴を履いていった彼女。
帰りはかかとに絆創膏をいっぱい貼ってるだろうなー。










(10:48)

2017年04月01日

勤務先から「パソコンの勉強をしておいてください。」と言われてから
勉強しているちゅぱ。
ワード基礎の認定試験に合格し、今はエクセル基礎。
夏頃に試験を受けるためパソコン教室に通っている。

通ったところで基本的にDVD学習。
そのDVDを売ってくれという話は置いておいて、
DVDの最初の画面左下に必ず一言メモがある。
本日の学習内容が記されていると思いきや、
先生役のレナ情報が。

「ピアスをしたいのですが、耳に穴をあけるのが怖くて出来ません。
痛いのは苦手です。」



知るかーーー!!!


毎回一言メモとして強制的にレナ情報を知ることとなる。
ちゅぱは今まで画面を飛ばしていたので気が付かなかったそう。


そこ一番大切なとこだよ!
毎回お母さんに報告するように!


と、叱る。
日常のくだらないところを拾っていかないとー。

(11:54)

2017年03月20日

夢のような2日間だった。

11月に福島のかもめ舎さんでASSOBOOと販売会を行う予定。
オーナーさんにご挨拶をしに春頃に車で行こうと計画。
仙台駅でピックアップしレツゴ!!

ナビもなければスマホもないため、前日にグーグルマップで下調べ。
記憶するために自筆の地図を描き、脳に叩き込む。

再会を喜び、どうでもいい話を連発。
いいお天気で気持ちもどんどん上昇。
活動報告をし、
加齢のための不具合を笑い飛ばしてるうちにお店に到着。
ナイスなお店構えに「素敵素敵!」と盛り上がる。
オーナーさんにご挨拶し、カフェでランチを食べる。
メインのカレーも美味しく、スープも具沢山で大満足。

オーナーさんとお話をして、いい販売会になる!絶対!と確信。

黒磯へ。
もうひとりのくだらなメンバーと合流するため。
東京に引っ越してからも、
青山のファーマーズマーケットに出店したり、
春のイベントにも参加予定と活発に活動している Y子さん。
彼女の案内で黒磯オサレエリアを散策する予定。
宿泊先はChus
オサレ爆発!

駅前で半年ぶりの再会を果たし、早速ぶらり散策開始。
古道具屋 吉田商店で工場で使うような大きな金属製ボックスを選ぶ。
並んでいる古道具にいいね!と選ぶものは
全て金属製と指摘され、笑われる。

タミゼ
素敵な空間に思わず「ほーぅ。」
久しくこういう世界観に触れていなかった。
嬉しい。

オーナーの高橋さんのかっこいいこと!
いろいろと黒磯エリアのお店の情報を教えてくださる。

他にも雑貨屋、本屋、洋服屋などなどを回る。
どの店も古い建物を改装し、照明で雰囲気を出して素敵。
こんなにたくさんのお店があるなんて思っていなかった。
興奮冷めやらぬまま、CAFE SHOZOへ。


ここが!!あの!!


情報としか知らなかったので来れて嬉しい。
例のごとくくだらない話を連発。


Chusへ。
夕食は地元の食材のごちそうが食べきれないほど。
どれも新鮮な野菜やお肉が使われていて美味しい。
普段はぴすこのお迎えがあるのでお酒が飲めないが今日は違う!
ビールも飲んじゃうぞ!

いろーんな話をする。
部屋に戻っても話し倒す。

翌日の朝ごはん。
美しく盛り付けられたお皿。
椅子に座ったら朝ごはんが出てくる喜び。
心とお腹が満たされる。

お世話になりましたーとChusを後にする。
道の駅へ立ち寄り、旧青木邸へ。
写真の展示の前にしてあーだこーだと盛り上がる。

各自お嬢様気分を味わう。
2階から階段下に向かって「お父様。」と言ってみる。
こんなお屋敷に住んでいたら所作はきっとこんな風とやってみる。
楽しい。

藤城清治美術館へ。
こんなにたくさんの作品を見るのは初めて。
影絵の舞台もあって楽しい。
細かな作業を積み重ねて出来た作品に触れ、
圧倒的な情熱を感じるとともに、
清治のチャーミングな人柄に心打たれ、
今自分がどこにいるのかわからなくなるようなふわふわした気持ちに。
ここは夢か幻か。

美術館を出てからも清治パワーは冷めず、
気を引き締めて運転しないとと戒める。

おみやげを買ったりごはんを食べ、
黒磯駅でY子さんとまた会おうねと別れる。

ASSOBOOと車で仙台という現実世界へ戻る。
餃子屋でわいわいと旅の出来事を振り返る。
キーワードは「淡々と生きる」。
くだらない話の中にも学びはあるのだ。


たまには旅行もいいもんだねー。









(21:58)

2017年03月06日

ちゅぱの通勤服を買いに行く。
なーんにも持ってないからバカスカバカスカ買い物かごへ。
1着スーツはいいものを選んだが、それ以外はリーズナブル。
そうでなきゃ、やってられまへーん。
レジへ持っていったら

「新生活用ですか?おめでとうございます。」


ありがとうございますー。



今日、配属先の職場のかたから電話をいただいた。
いろいろと配慮してくださったことを知り、
ほんともう感謝するばかり。

ちゅぱ、張り切って働いてくれー。

(21:20)

2017年03月01日

今日はちゅぱの高校の卒業式。
彼女の学生生活は本日で終了。
4月からは社会人としての生活が始まる。

卒業式が終わるところで「ちょっと待ったー!」という卒業生のひと声が。
クラスごとに担任の先生へ生徒から熱いメッセージ。
高校生らしい若さあふれる展開に目頭が熱くなる。

若いって素晴らしい。

これから皆ばらばらになって、自分の道に進んでいく。
しんどい時に、今日のことを思い出して踏ん張ってほしい。


「死んではだめ。生きてください。」

定年を迎える担任の先生から本日たくさんのよい言葉を聞いた。
そのうちの1つがこれ。
その通り!


(16:30)