2007年05月11日

年金分割

 大変ご無沙汰しております。四半期に1度のブログです(汗)。
 日差しが強くなり、初夏を感じさせる今日この頃、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 わたしのほうは、お陰様で担当する後見案件も増えてきまして、Aさんの不動産売却、Bさんの入院手続、Cさんの施設探し、Dさんの……とてんてこ舞いになってきました。細かい手続が多くて大変なときもありますが、ご本人の笑顔を見ると、嬉しくなって「また頑張ろう」という気持ちになるのが後見業務の不思議なところです。

 さて、今日は後見事務ではなくて、4月から始まった年金分割制度の実務のご紹介です。先月、早速ご依頼をいただきましたので、わたしもやってみました。流れはこんな感じです。

(1)情報提供の請求手続
 年金分割のための情報提供請求書、年金手帳、戸籍謄本を持って、最寄りの社会保険事務所へ。「年金分割のための情報通知書」の交付請求を行います。現在、即日交付ではなくて、1〜2週間程度かかるようなので、ご注意。

(2)公正証書作成
 ご夫婦間で按分割合(年金分割の割合)について合意をすることができたら、おなじみ、公正証書の作成です(「年金分割のための情報通知書」が必要)。文例は、下記を参照してください。合意がまとまらないときは家庭裁判所へ。

(3)年金分割の請求
 離婚をした日の翌日から2年以内に、標準報酬改定請求書、年金手帳、戸籍謄本、公正証書を持って社会保険事務所へ。「標準報酬改定通知書」が交付されます。これは依頼者ご本人に行なっていただきました。

※ 文例 ※
【第1項】甲(第1号改定者)と乙(第2号改定者)は、本日、社会保険庁長官に対し、厚生年金保険法第78条の2第1項の請求をすること及びその請求すべき按分割合を0.5とする旨合意する。
【第2項】乙は、離婚届出をした後、速やかに、社会保険庁長官に対し、前項の請求をする。
 甲(昭和○○年○○月○○日生、基礎年金番号○○○○−○○○○○○)
 乙(昭和○○年○○月○○日生、基礎年金番号○○○○−○○○○○○)

こんな感じでした。

akikok at 20:11│Comments(1)TrackBack(0) 契約書等 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サムライ塾の里   2007年06月12日 02:02
お久しぶりです。
久保先生が実務経験をどんどん積んでいるのが
よく分かります。
サムライ塾でのご講義、大変楽しみです。
大御所・林先生のプロフィールも掲載しましたのでご覧ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔