パパが東京出張の際、子ども達にパソコンのソフトを買ってきてくれました。
内容は2人の大好きなピーターパンのゲームで、カーソルやクリックの仕方を覚えるにも役立つみたいです。もちろん最初は2人、いえパパもママも夢中でした。
6歳以上のゲームでちょっと難しいかな、と思いました。
ほとんど親がやって、それを子ども達が見ている状態。
それでもピーターパンが
「こんにちは!」と言うと2人パソコンに向かって
「こんにちは!」ペコリとおじぎしている。
「羽をつかまえて!」とウエンディが言うと
2人パソコン画面に指を伸ばし、一生懸命つかもうとしている。
お決まりのようであまりにおかしくて、吹き出してしまいました。
ゲームが進むにつれて、侑はますますのめりこみ、止まらない。
そして佳は・・。
実際のピーターパンの話のように進まないので、なんだかちょっとがっかりしている様子。
隣で折り紙を折りだしました。
思えばママもそうでした。家の中で遊んだ記憶があまりありません。ゲームなどに魅力を感じず。りかちゃん人形関係の遊びもほとんどやらなかった。
じゃあ何をしていたのかって?
毎日外遊び。ままごと、自転車、缶蹴り、おにごっこ、かくれんぼ、草遊び。
遊び相手は小学校中学年まで、ほとんど男の子でした・・。
佳もどっちかというと、そうなのかなあと思ってしまいました。