2017年06月19日

JAPAN本制作日記 4


ご無沙汰してしまってごめんなさい。
他の仕事が佳境に入ってしまって御報告が遅くなってしまいましたが、JAPAN本、無事校了しました!

JAPAN 1974-1984 光と影のバンド全史
アンソニー・レイノルズ
シンコーミュージック
2017-06-29




29日の発売までもう少しですので、楽しみに待っていてください。

それから、ベルクカッツェさん、 コメントをありがとうございました。
私もロキシー・ミュージック大好きなので、彼らの本はあるべきと思っています。2010年の再結成のときとか、その後の解散宣言のときとかが良いタイミングだったんですけどね。次の機会を待ちつつ、作戦を練りたいと思います。ちなみに、96年4月に出た『THE DIG』(シンコーミュージック刊)のロキシー特集は結構良いです。それから同じくシンコーからブライアン・フェリーの詩集は出したことありますね。今は亡き今野雄二さんが訳を手掛けていらっしゃいました。

zyan272

さてさて。今日は「翻訳」についてもう少し。


先のブログにも書きましたが、今回の本は、日本で初めて出るジャパンの評伝です。

御自身も熱心なジャパン・ファンであるイギリス在住のライター、アンソニー・レイノルズさんが、クラウドファンディングで制作費を募って書き上げた渾身の一冊です。


愛と情熱が原動力になって出来た本であることがおわかりいただけると思います。


そしてこのアンソニーさん、実はミュージシャンでもありまして、本国では音楽活動の方をメインにしていらっしゃるそうです。そのため本書でも楽曲の制作方法、特に『錻力の太鼓』のレコーディング秘話にはかなりのページが割かれており、レコーディングの方法や機材についてなどが事細かに書かれています。


名盤が生まれた背景にはもちろん興味がありますし、それが自分の好きなバンドとなればなおさらなんですが、いかんせん専門用語や独特の言い回し等が多くて、訳文を読んでもイマイチよくわからない……そんなわけで、専門性の強い部分はテクニカル・ライターの布施雄一郎さんにお願いして監修をしていただくことにしました。


布施さんはローランドに務めていらした方なので、一般的な音楽制作の方法はもちろん、当時のジャパンが使用していた機材も熟知しています。しかもチョー熱いジャパン・ファン! まさに願ったり叶ったりです。


かくして布施さんは丁寧に本文を読んでくださり、語句や表現の修正、レコーディング工程や特殊な用語の解説をしてくださいました。また、元々の発言者が言葉足らずだった部分なども、布施さんに補足していただくことで、あれほどちんぷんかんぷんだった内容を、ビックリするほどスッキリと理解することが出来ました。


また、その他の小さな工夫としては、曲のタイトルは、たとえば「誘惑スクリーン(Television)」や「Alien(異国人)」のように、邦題と原題を併記してあります。これは、この本を買ってくださる主たる層が、40代〜50代のオリジナルの日本盤を買っていた人たちであろうと考えたからです。


地名や固有名詞などについては、当時は“聞こえたまま”の発音をカタカナに起こしてあったものも多いですが、それも一通りアップデートすることが出来ました。たとえば古いファンの方々の中には、スティーヴが生まれた街を「スィディナム」と覚えている人(私もそう)も多いと思いますが、「シドナム」に修正したりといったことです。この本が出てからも当分ジャパン関連の書籍は出ないだろうと思ったので、「決定版」的なものにしたいという希望がありました。


さて。次回はこれまた重要な素材である「写真」の話を。




akikomima at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月06日

JAPAN本制作日記 3


外国の書籍をローカライズする場合、訳者の選定は非常に重要です。


その昔、夏目漱石が「 I love you 」を「月がきれいですね」と訳した話は有名ですが、翻訳って、すごく奥の深い作業なんですよね。単に意味が通じれば良いというのではなく、その文章に含まれた意図や情緒までに心を配らないといけない、技術とセンスを要する仕事です。


『JAPAN 1974-1984 光と影のバンド全史』の翻訳は、シンコー・ミュージックの飯村淳子さんにお願いしました。


著者のアンソニー・レイノルズさんはウェールズ人。やっぱり随所にイギリスの人ならではの文体や言い回しというのがあって、原書の文章には難解な部分も多々ありました。飯村さんはとても積極的な方で、翻訳の際に生じた疑問や、文意がハッキリしない部分をアンソニーさんに直接連絡して問い合わせてくださり、アンソニーさんもその度に丁寧に説明してくださいました。


そんなわけで本書には「訳者と著者の共同作業によるアップデート」がなされた箇所があります。デザインを変えたり写真を足したりしたところも、アンソニーさんと相談しながら進めていきました。自画自賛にはなりますが、つまり、日本版が最新で最強、ということです。ふふふ。


また、今回の翻訳についてのエピソードの一例ですが、たとえばミックの趣味として知られている「彫刻」。これ、原書でも「sculpture」となっているのでそのまま「彫刻」と訳すところですけど、本文でミックの具体的な制作手法を読んだ飯村さんは「この制作スタイルは“彫刻”ではないですね」と指摘してくださいました。

英語の「sculpture」には「彫刻」「彫塑」両方の意味があるわけですが、日本語では「彫刻」と「彫塑」は違うものとして区別されています。ミックの作品は粘土を材料に使用しており、土台に粘土を盛りつけてから形を作っていくスタイル。確かにこれまで疑問に思ったことはありませんでしたが、これは「彫塑」です。とはいえこれまで40年近く「彫刻」とされてきたわけですから従来通り「彫刻」とするべきか、いや、事実に基づいてこの機会に「彫塑」と直すべきか……しばらく迷いましたが、この本では飯村さんの御指摘を尊重し「彫塑」を採用しました。

細かいことではありますが、ひとつの言葉に丁寧に向き合ってくれる訳者の存在はとてもありがたく、良い本を作る為には不可欠なことだと思います。


あと、この本を作るにあたって、とりあえず過去の『ミュージック・ライフ』の記事を全部読み返してみたんですが、過去のインタビューを読むとメンバーの一人称は最初の2枚のアルバムまでは「オレ」で、語尾も「〜なんだぜ」とか、今読むとかなり違和感があります(笑)。あの頃は、誰も後のジャパンが音楽性、ルックスともに激変するとは思ってなかったですもんね。そうした歴史的ファクトのひとつとして、「オレ期」の記事はそのままにしてあります。古参のファンの方々に、懐かしく読んでいただければなと思います。
 
IMG_3889 

 




akikomima at 17:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2017年05月29日

JAPAN本制作日記 2


原書を一読して悪くない感触を得たので、CROSSBEATの大谷さんに「これは行けるのでは?」と回答しました。ただ、JAPANに関しては当面何のリリースもなく、再評価などの目立った気運もなし。そんな状況でただの翻訳本を出しても結果は知れている……。


そこで、日本盤ならではの付加価値をつけた「ジャパン・オリジナル・エディション」にした方が良いだろう、いや、そうするべきだ!と思いました。そしたら大谷さんもまったく同じことを思っていたそうで、そこですぐに“作るべき本のイメージ”が固まったわけです。


なんたって、シンコーには財産がある! 


シンコー・ミュージックといえば『ミュージック・ライフ』と『ロック・ショウ』ですが、ジャパンは両誌ともで「チョー常連」でしたので、写真も記事も潤沢にあります。


また、原書である『A Foreign Place』の中には、日本のメディアが行なった一番最初のインタビューや、デヴィッド・シルヴィアンと坂本龍一の対談、およびミック・カーンとゲイリ―・ニューマンの対談に関する記述が出てくるのですが、それらはどれも『ミュージック・ライフ』に掲載されたもの。この記事を章末につけたら、アンソニーさんが書いてる内容が具体的にわかって良いだろうな、と思いました。


さらには大谷さんが「カラーグラビアを16ページつけよう」と言って、ヴィジュアル方面の満足度を充実させることも決定。写真は見応えのあるものにしたいので、原書よりも大きい判型のB5サイズにしてもらいました。これは2015年に刊行された拙編集本『CROSSBEAT Special Edition 2CELLOS』のイメージをなぞったもの。自画自賛になっちゃいますけど(笑)、あの本は内容・デザインともに、とても良い出来映えで満足しているのです。


 

そこで、またあんな感じの本にしたいと思って、エディトリアル・デザインは件の『2CELLOS』を担当した根本尚史さん(通称ねもっち)に頼むことにしました。

彼は私が最も信頼しているデザイナーの一人で、最近だと『ビートルズと日本 熱狂の記録』(16年3月刊)『ビートルズと日本 ブラウン管の記録』(17年4月刊)も一緒に作りました。センスが良い彼は他の人からもガンガンに仕事を頼まれており、年がら年中忙しくしているのですが、快く受けてくれました。


次は、著者承諾です。
こちらの持っている素材を加えて独自の日本版を作るというアイディアを、アンソニーさんがOKしてくれるかどうか……これは大谷さんが交渉してくれたのですが、御自身も熱いジャパン・ファンであるアンソニーさんは「自作がアップデートされる」という認識を持ってくれたようで、喜んで許可してくださいました。


かくして本書の大綱は決まりました。

次はいよいよ翻訳者の選定です。




akikomima at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)