May 29, 2014

池袋の東武百貨店で「大福岡展」で
のこのしま自然農園」の甘夏みかんとアサリを購入しました。
ここの甘夏みかんは皮まで安心して食べられるのでので、はりきって料理してみました。
amanatu1

amanatu2

まずは、果肉の方ですが、こちらはそのまま美味しくいただきます。
甘夏をいただくのが久しぶりだったからなのか、それともこの甘夏が特別なのか?酸味もあるけど甘みもあって爽やかで、食べやすい…。

amanatu3

皮の方は、時間をかけて甘煮を作りました。
(1)6等分くらいに裂いて剥いた皮は、重さを量り、その半分の重量の砂糖を準備。今回は皮165グラムに対し砂糖を80グラムにしました。
(2)お湯で皮の下茹でを4〜5回繰り返し、苦みを抜く。(茹で汁はバケツにとってお風呂に使いました。)
(3)下茹でした皮、砂糖、水3カップを圧力鍋に入れ3分ほど加圧し、その後蓋をとり、落とし蓋をして水分が無くなるまでコトコト煮込んで完成。
amanatu4

夕食では大根人参の千切りの塩揉みと生ハムにオリーブオイルをたらしたものと一緒に、甘夏の果肉と皮の甘煮をいただきました。素晴らしい相性。

asari1

アサリの方は、ボールにいれて水を含ませた布巾を被せ冷蔵庫で一晩保存。翌朝、さっと水洗いした後、鍋に移し100ccほどの水を入れて蒸すだけ。ここのアサリは酒とか加えなくても十分美味しいのだそうです。スーパーで買うのに比べ、身がふっくら大きい!

asari2
asari3

この濃厚アサリスープをシンブルに味わうため、素麺のつゆ(スープに塩を加えただけ)にしていただきました。
身の方は、翌日、御飯+塩昆布と一緒にした混ぜ御飯でもいただきました。



(20:44)

May 22, 2014

20140522

焼き目をつけて重ねるだけで、見栄えが良い簡単料理。
大根は少し厚めの輪切りにして、電子レンジに少々の水と顆粒だしとともに加熱し下茹でする。
ハム(今回はサラミっぽいのを使用)も厚めの輪切りにし、フライパンで焼く。そのフライパンで大根にも焦げ目をつける。
ハムの上に大根、スライスチーズをのせ、ウースターソースとパルメザンチーズをふりかけ、電子レンジでチーズが溶ける程度に加熱。
お肉少なめでもボリューム感がある一品です。

(23:37)

May 16, 2014

最近、リンゴを食べることが多く、その度に出る皮…。
とりあえず、皮を冷凍保存し、紅茶やハーブティーを飲む時、お湯を沸かす際にリンゴの皮も一緒にして風味を煮出すというのをやっていましたが、そんなに沢山は使い切れないな…と思案していました。
そこで、もっと効率的に皮を使うため、料理の隠し味用に加工することにしました。
加工と言っても作業は簡単、リンゴの皮に砂糖と塩を少々ふりかけ、フードプロセッサーで粉砕するだけ。塩を加えるからでしょうか、変色せず見た目も美味しそう。
とりあえず「A(apple)P(peel)P(pieces)」と呼ぼうかな…。
IMG_6430

APPと豚肉料理は相性が良く、生姜焼きを作る時にこれを混ぜ入れたりすると食欲が増します。
また、豚のモモ肉の塊を、ビニール袋でAPP+酒+塩+胡椒で一晩つけこみ、翌日、醤油+みりん+生姜+ニンニクで味を整えた煮汁で煮込むと、柔らかで風味豊かな煮豚ができます。
P5157292

APPは鶏肉料理やサラダのドレッシングなどにも使えそうなので、これからはリンゴの皮を捨てずにすみそう。

(11:54)

May 09, 2013

furikake

妹が作っていたのをまねして、家でもヒジキとシラスの甘辛フリカケを作りました。
ヒジキ(生の状態)とシラスをフライパンで熱し、
味付けは好みだけど、材料100グラムに対し酒、砂糖、醤油を各大さじ1、顆粒だし(鰹節を切らしていたので)少々をふり入れ、
よく混ぜながら火にかけ、水分を飛ばして完成。
御飯によく合うのでお弁当とかで使いたい。
豆腐と合わせて白和えふうにしても美味しいかもしれません。

(11:59)

November 16, 2012

画像1

旬の牡蠣で炊き込みご飯!
牡蠣、シメジ、牛蒡を刻みショウガ+醤油大さじ2+酒大さじ2+みりん大さじ2で5分くらい煮る。
牡蠣以外の具材と煮汁とだし汁と塩少々で米2合を炊く。
炊き上がったご飯に煮牡蠣と大葉の千切りを混ぜて完成。

(19:17)

October 25, 2012

画像1

温海カブの甘酢漬けとキュウリの辛子漬け。新米のお供にします。

(18:50)

August 21, 2012

20120821-1

20120821-2

夏に予定した仕事やイベントが一段落した旦那様が、最近よく食事の支度をしてくれるので、助かっています。
今日は、旬のイカの中にライスや野菜を詰め、ジャガイモなどと一緒にトマトで煮込んだものでした。
感謝しながらいただきました。

(21:08)

June 28, 2012

120627_1751~01

主人と神保町の古本屋へ。細いビルの3階にある「ザ・ハンバーグ」という店で夕食。
入口で食券を購入してオーダーします。なんかラーメン屋みたい。
素朴な感じの手こねハンバーグのセット。主人はチキンのハーブソテーとのセットを注文(これはボリュームがありお得感があります)。
ご飯とか、私には少しボリュームがあり過ぎでしたが、食べ盛りのハンバーグ好きの人には良いかも

(01:07)

May 29, 2012

桃屋のきざみしょうがを買ってみました。生姜に胡麻油の風味が加わった爽やかな味で塩味も適度についています。冷奴のシーズンに良いかも。
さっと茹でたモヤシとキャベツと人参に、オクラ、生ハム、豆腐を加え、この「きざみしょうが」とすし酢で和えると、サッパリサラダの完成。


(17:53)

May 15, 2012


ミートソースを作るのに白ワインがなかったので、日本酒と柚子胡椒を使ってみました。
柚子胡椒の香りと辛さトマトソースに合います。

(21:42)

April 15, 2012

今日の晩御飯は旦那様が作ってくれました。
イタリアンナイトというテーマで、海老のトマトクリームスパゲッティ、豆と卵のサラダ、アサリとジャガイモのスープ蒸しが食卓に並べられました。


(20:05)

March 22, 2012

20120319-3

20120319-2

20120319-1


テレビでも紹介されていた地域限定「Kit Kat」。京都の代表的な和菓子「聖護院八ッ橋」とのコラボ商品を入手しました。
シナモンの香りと、シャキシャキしたウェハースが良い感じです。
和菓子の八ッ橋はお茶と一緒に食べたいけど、こちらはコーヒーのお供に合います。

(23:52)

March 04, 2012

20120304soba

創業50年の老舗蕎麦屋「志のや」の山菜と舞茸の蕎麦。
手打ち蕎麦は、やや太めで黒く、力強い蕎麦の味がしました。
私が気に入ったのは(蕎麦ももちろん美味しいのですが)、その上にのっていた山菜です。
スーパーとかで買う水煮の山菜はびちゃびちゃしていて香りがしないのですが、ここで食べたのは山の香りがしっかりあって歯ごたえもちゃんとしている。
子供の頃、家族で山菜採りに行き、すぐに下処理したものは確かにこんな感じだったかも…。
これだけ風味のあるワラビを食べたのは久しぶりだなあ…と思いました。


(13:30)

March 01, 2012


フレンチトースト風に焼いたパンにチーズ、エリンギのソテー、鮭のマリネをのせました。
アンチョビとキャベツのスパゲティと共に。

(19:31)

December 06, 2011

20111206

青々としてパリッとした小松菜が安く売られていたので、エビと一緒に炒めていただきました。ネギ、ショウガ、ニンニク、ごま油と一緒に炒めて香りを立たせ、鶏ガラスープの素と酒と塩で味付け。
我が家の定番メニュー「豚の角煮」に、厚揚げを加えるとボリュームが増すし、厚揚げに甘辛いタレが良く合って美味しくなります。グリーンピースと半熟ゆで卵を加え、彩りもアップ。


(22:13)

December 02, 2011

20111202

寒くなってきたので、ショウガなどの体を温めるものが欲しくなります。
先日、お試しでショウガの瓶詰めを買ってみました。味が付いているので、ご飯にそのままかけても食べられますが、私はチャーハンや炒め物に混ぜて食べるのが好きです。エビと白菜のスープに入れたり、お肉に混ぜて生姜焼き風にしても美味しいです。粒山椒とセットで使うと更に美味しい。

(10:48)

November 20, 2011

20111120

久しぶりにリンゴ(紅玉)を購入。圧力鍋で焼きリンゴを作りました。
圧力鍋にリンゴの芯をくりぬいたものを並べ(皮に切り込みを入れておくと後で食べやすい)、くりぬいた所に干しぶどうと大さじ1の砂糖を詰め、バターをのせます。全体にレモン汁(好みで洋酒も)をふりかけます。香り用のレモンのスライスとシナモン少々をちらして、水少々(150〜200cc)を鍋底に浸し火にかけます。
圧力をかけて3〜5分、15分ほど蒸らして完成。

旦那さんに、焼きリンゴは好きかとたずねたら、食べた経験がないので判らないと言われました。そういうことで、今回食べたのが彼の人生初の「焼きリンゴ」となりました。
レモンと紅玉の酸味が効いたヘルシーデザート、気に入ってくれたみたいです。

(17:40)

October 29, 2011

秋刀魚は美味しいけど、料理の際の臭いとか、最近では原発による太平洋岸の魚の汚染という心配もあり、買うのを躊躇していました。
でも、やっぱり食べたい!
とうとう我が家でも秋刀魚定食!

20111029-sanma1


20111029-sanma2


副菜には、やはり寒くなると美味しいレンコンをつかって、鳥手羽とレンコンの筑前煮風。
そしてアルゼンチン赤エビ!
頭と殻は味噌汁のダシにして。身の方は塩昆布と山葵で和えていただきました。

20111029-sanma3




(17:12)

October 21, 2011

昨晩の寄せ鍋の余り物を使ったサラダを作りました。
春菊、キャベツ、ネギに、酒と塩をふりかけてチンした冷凍のベビー帆立+そのゆで汁+塩キャベツのタレをふりかけて、レンジで1分半ほどチンします。その後、熱いうちに、すし酢を加え、冷まして味を馴染ませます。
材料↓
IMG_0223

貝割れ大根と豆腐を散らして完成。
IMG_0225


(18:15)

October 16, 2011


里芋を茹で、オリーブ油+ニンニクのみじん切り+マグロの酒盗と一緒にフライパンでさっと炒めました。

(18:01)

October 13, 2011


淡路島の農協の焼きプリン。卵の味がしっかりしていて美味しい。

(21:08)

October 03, 2011

今年は、太平洋沖の魚は原発事故の不安から我慢しようと思っていたけど、どうしても食べたくなって、イワシ買っちゃいました。
イワシを、梅干し、ショウガスライスと一緒に圧力鍋に並べ、酒大さじ1+醤油大さじ5+砂糖大さじ1.5+ミリン大さじ2+お茶カップ3分の2を混ぜた煮汁で約15分圧をかけて煮込みます。


(20:58)

September 22, 2011

油揚げを2等分して、その中に、挽肉+野菜の粗みじん切り(筍、ザーサイ、ショウガ、人参、エリンギ、葱)+片栗粉+顆粒だし+酒+豆腐を練ったタネを詰めました。
厚焼き卵用のフライパンにアルミホイルをかぶせ、油揚げをカリッと焼いてから、それを器に移し電子レンジでチン。
砂糖+ミリン+酢+醤油+片栗粉でつくった甘酢庵をかけて完成。



(20:16)

September 21, 2011

甘い小魚の佃煮。もらい物なのですが量が多くて、ご飯の共だけでは無くなりそうにありません。
そこで、コンニャクと人参とピーマンと一緒に炒め煮して、キンピラ風にしました。酒と水をふりかけて佃煮の甘辛いのを溶きほぐし、塩と醤油で味を調えます。
胡麻をふりかけ完成。好みで七味唐辛子を降るのも良いかも。小魚もふっくら柔らかく香ばしくなります。


(18:07)

September 20, 2011

最近は天候不順で野菜が高く、モヤシが大活躍しています。
今日は、合挽き肉にモヤシ+ショウガ+味噌+卵+麸を混ぜ込みハンバーグを作りました。
ソースは、桃屋の梅好みとオクラと鰹節と麺つゆを混ぜ合わせた和風味です。
比較的安い根菜類を使い豚汁と一緒にいただきます。


(18:03)