2010年04月03日

ご退職

2010040119150000
夫が商社時代にお世話になった上司が
無事ご退職なさいます。
ホテルでささやかなお祝いの宴を持ちました。

一線を退かれるには惜しい、相変わらずの切れ味。
楽しい話題は尽きず、あっという間に深夜になってしまいました。

ホテルロビーの一隅には春らしいディスプレイがされていて
見るだけでも心が華やぎます。

akimama1110 at 13:38|PermalinkComments(0)日常のひとコマ 

2009年09月17日

ユーミンのコンサートでパワーアップ

日記が書けなくなっています。。。

書きたいことは山ほどあるのに
書くための気持ちのゆとりと、時間がない

「時間がない」とか「忙しい」って言葉、できるだけ使いたくないと心掛けてはいるのですけれど、
このところはすっかり時間に追いかけられて生活しています。
ダメ、ダメ

9月からはじめた社員面談、これがボディブローのように効いている。

1日3人か4人、10分から30分かかる人もいます。
面談はパワーがいるね。
人の話を受け止める、受け入れるためのパワー。

130名あまり、今年中に終わるかな。。。
がんばろう。

そんな中、社員の交通事故、工場での労災事故なども起きて、
実はほんとうにてんやわんや。
経理の仕事も、今後のための「整理するための資料作り」も始まって、
会社では目一杯働いています。(元来これが当たり前か)

しばらく前に「体重を減らす〜」と宣言したものの
家にいるときも家事に追われ、時間と余力がない。。。
せめてもと毎朝のカラダスキャンだけは記録していますが、
記録するぐらいではやっぱり減らないわね。。。

こんなにいい季節なのに、
なんだか味気ない生活だなぁと思います

でも、そんな中にも清涼剤はあるもので、
先日はユーミンのコンサートに行ってきました。

楽しかったわ〜

お席も前から6列目。
途中からは立って歌ったり踊ったり、
目一杯楽しんできました。

実はユーミンのコンサートに行くのは初めて。
前評判に違わず、素晴らしかった


ユーミンって何歳なのかしら?
私もくたびれてはいられないわと強く思って帰ってまいりました。

夫と二人で行く予定だったのですが、
両親が急に旅行に出かけてしまい、
夫が留守に残ってくれることとになりました。(悲しき自営業)

それで、急遽お友達のモリーさんが一緒にいってくださることに。

モリーさんも当日遠いところでお仕事なさっていたのに、
お付き合いいただいてありがとうございました。

今朝のニュースで、映画「ゴースト」に出ていた俳優さんが亡くなられたことを知りました。
57歳ですって。

何となく80歳ぐらいまでは生きるのかなぁ、なんて思いながら生きているのだけれど、
もし、57歳で死んじゃうのであればあと10年しかない!

どう生きるか、日々大切に、との気持ちを強くしました。


akimama1110 at 11:25|PermalinkComments(0)自分探し | 日常のひとコマ

2009年07月30日

青空と、入道雲と、お弁当3つの幸せ

ずっとずっとじめじめしたお天気が続いていましたが、
今日は久しぶりに青空
そして入道雲がムクムク出てきて、
待ち焦がれていた「夏空」がやってきたような感じです。

気になっていたお布団もやっと干せました


夏休みになってはや10日余り。

子供たちは毎日元気にお弁当を持って出かけていきます。

長女は学校で課外授業&自主勉強。
次女も学校で課外授業&部活&文化祭の準備。
三女は塾で自主勉強&夏期講習。

この暑い時期に毎日3つのお弁当を作るのも大変と言えば大変なんですが、
子供たちのげんきな様子を見ていると、
お弁当を作るのにもまた張り合いがあるものです。

昨晩やっと給与処理を終わらせて帰ると
珍しく長女が頭痛で寝込んでいました。

気圧の関係か、
寝不足か、
肩凝りか。。。

かなりしんどそうでした。

水枕の準備と、枕元にイオン飲料を持っていってやりました。

普段まったく手がかからない長女に(どちらかと言うと助けてもらってばかり。。。)何かしてやるのは久しぶりのことかも。

現役で合格してしまったら、もうすぐ家から出て行くんだなぁと思ったら、
こんな些細なことさえ
お世話するのがうれしく、切なくなってしまうのでした。

「子供に手がかかるうちが花よ」とは、よく人生の先輩たちから言われる言葉ですが、
まさにそうなのだろうなぁと身に染むこの頃。

一緒にいる間に、あと何がしてやれるんだろうか。。。

何を子供に伝えておくべきなんだろうか。。。


そんなこともふと考えつつ
子供との毎日を満喫しています。


akimama1110 at 14:52|PermalinkComments(1)こども | 食べること

2009年07月03日

マイ・ブーム

最近のマイブ−ムは『糠漬け』

毎日おいしくビタミンBたっぷりのお野菜をいただいています

今年はこちら、早くから蒸し暑くて夏バテしそうだったので
ちょうどビタミンBの補給にもなっていいかなぁ〜と思って。

ス−パ−で見つけてきた糠床は冷蔵庫で作るタイプ。

ですので、毎食冷たいお漬物を
熱いご飯と共に食べる、これが結構おいしいのです。

きゅうり、大根、人参、なす、白菜などを漬けています。

まだまだ初心者ですが、
他にお薦めのお野菜って何かありますか

子供たちはなぜか食べませんので
大人は当たりが良く、
4人で毎食パクパクいただいております


akimama1110 at 14:14|PermalinkComments(0)日常のひとコマ | 食べること

2009年07月01日

7月だぁ〜♪

あっという間に今年もはや後半に突入しました。

6月は中旬あたりからどんどん苦しくなってきて
持病の首に加えて腰まで怪しくなり、
どうなることかと不安になりましたが。。。

月が変わっただけで(正確に言えば6月の月末処理が終わった安堵もありますが)なんだかリフレッシュ

7月はこの仕事を始めてから、超忙しい月なのですが、
昔からのイメ−ジで『私の一番好きな月』。
何と言っても夏がやってくる、海だプ−ルだ
誕生日もやってくる
夏休みもやってくる

はっきり言ってしまえば、大人になった今では「喜び」はイメ−ジだけなのですが
それでも7月のカレンダ−をめくった途端に
なんだか心がウキウキしてきます

この分なら、算定基礎もボ−ナスも、いろんな調査書類の提出もエイやッとバサバサやっつけられそうな気持ちです。

この勢いがあるうちにがんばろうっと

昨晩は給与支給日。
我が社は「おつかれさまでした」と本社の人には給与明細を一人一人手渡しします。

夕方はそれに1時間あまりかかりますが、
それ以外にも緊急に面談しなければならない社員が出てきたり、
過密な1日でした。

日中食事作りに帰ることができなくて、
夜家に走って帰ったのが7時半。
「ご飯作らなきゃ」と頭の中ではメニュ−と段取りをシュミレ−ションしながら帰ったのですが、
食堂に入ると家族が食卓を囲んでいる

娘たちが作ってくれていました〜、感謝
試験中なのにごめんね

「お母さん、この時間に帰って作るつもりだったの」と鋭い突っ込みを入れられつつ
「当たり前でしょ」といいながらシアワセな気分でまた会社へ戻り、
最後に残しておいたやっかいな電話を1件かけて業務終了。

家族に支えられているなぁ〜と
感謝の気持ちを噛みしめながらの月末が終わりました

今年後半分もがんばるぞ〜


akimama1110 at 14:38|PermalinkComments(0)仕事 | 季節

2009年06月05日

総体です

高校総体の県大会、こちらでは主に明日、あさっての土日です。

長女は剣道、これが最後になる予定です。
今日が最後の練習。
明日、明後日は中高の練習を全て出し切って、いい試合をしてもらいたいと思います。

次女は初めての高校総体。
いきなりレギュラ−に選ばれ、
責任の重さがプレッシャ−となっています。
チャンスだ、がんばれ


思い返せば20年前。
私は今娘たちが通っている高校の教師でした。
テニス部の顧問をしており、
当時、校舎の建て替え中でコ−トを求めて流浪の民となったテニス部の生徒たちと共に、
今日はこちら、明日はあちらと近隣のコ−トを借りて合同練習をさせていただきながら生徒たちと共に汗を流していました。

総体の次の週末、夫と引き合わせてもらい、
その次の週にはプロポ−ズを受けるという急展開でした。

一番驚いたのはテニス部の生徒たちだったでしょう
『先生いったいいつデ−トしてた』と「ビックリまなこ」でしたもの

あれから20年。

子供が最後の総体を迎えます。

なんだか感慨深いものがあります。。。


akimama1110 at 20:00|PermalinkComments(0)こども | 自分探し

『縁』はつながっている

しばらく前のことになります。
私が所属している音楽の同好会のような会がありまして、
夜の会が多いので末っ子の病気が発覚して以来、ずっと参加を控えておりましたが
最近調子も良くなってきたので、久しぶりに参加いたしました。

そのとき一緒のテ−ブルにたまたま座り合わせた二組のご夫婦、
まったく知らずにその席についたのに、
お話を進めていくうちに二組とも何某かのご縁のある方であることがわかりました。

高松は狭い?

いえいえ、それだけではないような気がします。

縁のある人とは、いつのまにか自然とつながっていくのではないかなぁ、と感じています。

一組のご夫婦は、何と、遠縁に当たる(正確にいうと姻戚ですが)方でした。
我が家のホ−ムドクタ−(父の従兄弟)の奥様のお兄さん夫婦だったのです。
会社の産業医としてもいつも何かとお世話になっており、
奥様は地元でコ−ラスグル−プを立ち上げ、ずっと指導もなさっていました。
お兄さまもお医者さまで、
もうそろそろ引退して夫婦の時間を楽しむんだ、とおっしゃっていました。

いやぁ、お名前は良く伺っておりましたが
こういうところでご一緒するとは思ってもいない出会いでした。

もう一組のご夫婦は、
近くのお寺で、とても有名な方々(梅原さん、山折さん、養老さん、ひろさちやさん、鎌田さん他いろいろ)を講師にお招きして講演会をなさる住職さんがいらっしゃるのですが
そちらのお寺の奥様のご両親でした。
善通寺では講師の方々と住職さんがパネリストとしてステ−ジでお話なさって、
奥様がコ−ディネ−タ−を務めていらしたりしたので、奥様もすごいなぁと思っておりました。
ご住職はよく当社におうどんを買いに来てくださっています。

そんなことでお食事をいただく間も皆さんと話が弾み、
音楽が取り持つ『縁』をうれしく感じておりました。

そのあと、お寺の住職さんからも、奥様のご両親から話を聞いたらしく
ご連絡をいただき、
10月にはまた山折哲雄さんが、12月にはひろさちやさんが来られるので、
ぜひどうぞ、とご案内をいただきました。
うちのおうどんを講師の先生方にもお送りしていますよ、との言葉を添えていただき、
ますますうれしく感じました。

『縁』といえば、
先日のキュ−バ大使来社の折にお世話になったS社の広報室の方々ともご縁ができ、
7月に開催される『ニュ−ヨ−クシンフォニック・アンサンブルと香川のオペラ歌手たち』のコンサ−トを支援させていただくことになりました。

こちらの売上金は、資金難で大変な地元のサッカ−チ−ム「カマタマ−レ讃岐」の支援に宛てられるとのことです。
自社だけでは何もできませんが、
こういった活動を支援することで地元のお役に立てるのもありがたいことだと思います。

7月25日午後のコンサ−ト(アルファあなぶきホ−ル)ですが
お近くの方でどなたか行ってくださる方がいらっしゃいましたら、ご連絡くださいね〜。
チケットありますので

いろんな『縁』がつながっていく楽しさを感じるこの頃です。


akimama1110 at 11:42|PermalinkComments(0)日常のひとコマ 

2009年06月04日

小さな進歩♪

ひょんなことから短歌を始めたのが昨年の夏。

もうすぐ1年になります。

けれどいつまでたってもそう目覚ましい進歩は見られません。

1か月に1首、投稿するだけですからこんなものでしょう。

投稿した皆さんの歌を批評しあう「歌会」というのが毎月あるので、
これに参加すれば上達の度合いは早まるのではないか、と思いますが
出席はまだ一度だけ

という訳で、とりあえず、「休まずに参加する」ことだけでも意義があるかなというのろい歩みで続けております。

そんな短歌なのですが、先月号の同人誌には「歌評」の欄に私の歌が選ばれました
これで3回目なんですが、
うれしいことに歌仲間の方が選ぶ欄と、東京の大先生が選ぶ欄と二つ共に選ばれていたので、
素直にとても喜んでいます

短歌の勉強、といっても一朝一夕に身につくものではありませんね。
小さな言い回しひとつとっても
「この表現はおかしいのではないだろうか?」
「もっと的確な一言があるんではないだろうか?」
とか、いつも知識の浅薄さを嘆き、悩んでいます。

すんなり素直に詠めればいいのでしょうが、
ちょっと上手に作ってやろうという欲が、きっとダメなんでしょうねぇ

選ばれた歌は4月に投稿した歌で、お題は「朝」でした。

 朝摘みの花を飾りし食卓に家族の声がやがて満ち来る


末っ子の歌は自由題の方で選んでいただきました。

 トントンと子犬の小屋を作る音父と私の共同制作

子供の方がよく歌評に選ばれるのです。
パッと作るのに


さて、今月のお題は「雨」を詠む。
気合を入れて風情ある歌を作ってみたいと思いま〜す
(この欲がダメなのよね。。。)


akimama1110 at 18:37|PermalinkComments(1)日常のひとコマ 

2009年05月21日

うれしいメ−ル

教え子からメ−ルをもらいました

彼女は、私が教師2年目に担任したクラス、
教員生活の中で一番印象に残っているクラス2−8にいた女の子です。

当時からとっても美人でおしゃれな雰囲気をもっていた彼女は
大学を卒業後TV局に入社しました。

そして、ほんとうに偶然なのですが、
先日のキュ−バ大使来社の折に、
我が社に取材に来たのです
(今年4月から報道班に配属されたのだそうです。)

メ−ルには当時の思い出も書いてくれていて、
とってもうれしかった

短い教員生活でしたが
ほんとうに人と人との出会いって貴重なものだし、
そして時間がたってからも
巡り合わせはおもしろいしありがたい、と思います。

以前書いたかもしれませんが、長女と次女がお世話になっている高校の養護の先生も私の教え子。

彼女の進路に影響を与えたと後から聞かされましたが、
その彼女に、今度は娘たちがお世話になっています。

ご縁っていつまでも巡り巡ってついてくるものなんですよね。

人との出会いを大切にしたいなぁと、ますます思った今日でした

akimama1110 at 08:14|PermalinkComments(0)日常のひとコマ 

2009年05月20日

ほっとひといき

967c48ff.jpgこのところ公私共にあわただしい日々が続いていましたが、
昨晩はやっとひといき。。。

仕事もたまってる〜〜〜
昨晩は夫が夜の会に参加でしたので、
夜、事務所の人たちが帰るまでに
気にかかっていた仕事のひとつ(ちょっと時間の掛かる複雑なもの)をやっと仕上げることができ、9時前に帰宅。

運動会の練習でくたびれたのか、末っ子がすんなり寝てくれたので
久しぶりに夜の「ひとり時間」が生まれました

今週末に振り込む予定のゾンタクラブの海外送金の書類のチェック、
そして久々の読書タイム

昨晩読んだ本は西水美恵子さんの『国をつくるという仕事』。
ゾンタクラブに所属してから
海外への支援について、考えるようになりました。

と言っても何も知らないので、まずは緒方貞子さん関係の本をいろいろと読み、
今度は世界銀行で活躍された西水さんの本に着手しました。

その一方で、以前から気になっていたフォスタ−プランという
個人的な海外援助をささやかながら始めることにしました。

私の援助する子供はバングラディシュの3歳の女の子です。
写真も送られてきました。
小さいのに、目が大きく意志の強そうな顔立ち。
お父さんとお母さんの写真も添えられています。

イメ−ジとしては、もう少し大きい(小学生ぐらいの)子を考えていたのですが(私の希望はアジアの女の子、というので出していました)
あまりに小さく、どういう交流をしたらいいのかなぁと考え中です。
お絵かき帳とか、クレヨンを手紙に添えて送ってあげようかな。。。
(送ってあげられる物も高価になってはいけないので制約があるのです)

さて、このところ朝は早朝出社が多かったのですが、
今日は8時半の出社で少しゆとり。


朝からお天気がよかったので布団を干し、
モ−ツァルトのグランパルティ−タを流しながら
お香を焚いて
部屋の片付けをしたり身支度をしたり。
友人のブログから思い出したグランパルティ−タを引っ張り出してきて久しぶりに聴きました。(ありがとうございます)

この曲を聴くと、秩序正しく優雅な一日が
ゆったりと始まりそうな気がします。

このところ採用の仕事が忙しく、
1日に何名もの面接を連日こなしています。
その最中に、労災事故が起きたし。。。
怪我は大怪我ではなかったのでほっとしていますが、
また書類です。。。

昨年当たった人事院の給与調査に今年もまた当たったり。。。

家のこと、子供の学校関係(懇談があったり、運動会もあります)も併せ、相変わらずバタバタはしております。

そんな中ですが、
所々で休憩を入れながら
息切れしないようにやっていきたいと思います。



akimama1110 at 12:38|PermalinkComments(0)ボランティア | 日常のひとコマ