2012年04月

2012年04月26日

ストクロムック

こんな本が明日出るんですが
表紙を描きました
最近はトレーニングが出来るための体力を
つけようと頑張ってます
567245418


akiman7 at 12:30|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2012年04月15日

チアキ・クリハラさん

モーレツ宇宙海賊のヒロインの一人チアキ・クリハラさんをかきました
ブルーレイ2巻発売記念です
120415


akiman7 at 11:28|PermalinkComments(11)TrackBack(0)

2012年04月11日

宇宙戦艦ヤマト2199感想

宇宙戦艦ヤマト2199は宇宙戦艦のCGの挙動がおかしいというところでもし切り捨てると俺の人生が大変損をするぐらい濃密に作られているのでこれは絶対見続けなければならないとわかりました。
まず今回良かったところは設定が濃密であるところです。設定というのはメカの設定画とか地球脱出作戦(ヤマト計画の前身)にイズモ計画と名前が付いたりしていることをいいます。設定はドラマではありませんが設定があることによりとにかく見る物が一杯でそれだけで楽しい、計器が格好良くなっているだけで楽しい。冥王星での戦いが「メ号作戦」と名前が付いていてコードネーム「アマテラス」ことサーシャの宇宙船回収のためのおとり作戦であったことにより地球艦隊に間抜け度が一切無くなって嬉しいし、
結城のぶてるさんのキャラが良すぎて見てるだけで気持ちいいし。オリジナル初代ヤマトから加藤と南部というキャラが居て、彼らは古代の部下だしモブじゃないわけです、モブじゃないキャラであるところの彼らがちゃんと早いうちに会って既にドラマが発生しはじめているところが嬉しいし、
かつての森雪にはヒロインという立ち位置以外にはほぼ役目はなく、故に森雪は看護婦やレーダー担当それに探索もしてたしあらゆるヒロイン的な事を担当し「ただ画面に出てくれれば良いんだ」という面が強かった。しかし今回は森雪の役目が他の女の子に分担されていてその上に多分謎の任務があるところが嬉しいし(なんとなく999のメーテルみたいに謎の光と話していたような、、)、
ヤマトには沢山の艦載機がありヤマトの護衛他をやってのけるのですが、最初のワープ実験の時、護衛の任に付いた「山本」というブラックタイガー隊の一人は被弾のために帰投困難になりそれを古代が励ますという名エピソードがあります。その印象深きモブ「山本」はこの度「女キャラ」に変更され、俺は嫌な予感がしたのですよ。なぜかというと安易に女キャラをふやしてお色気要員になってキャピキャぴだったらガッカリだったからですが、それも実際画面に出てみると山本はきちんとした女性で何か心の中に深い情念が隠されていると云うことがわかってそれもよかったし、兄の仏壇のまえで加藤と向き合って正座でお辞儀をした時にアホ毛が気にならなくなりました。おそらく山本のおかげで加藤が古代を認めるようになるんだろうなと云う予想がたってすごく続きが見たくなりました。
2199には階級があり故にトップダウンが存在します。昔で云えば古代は大尉で加藤と南部は中尉、森雪は元本部付きで大尉です、相原は少尉、徳川は少佐、守は少佐
地球脱出のイズモ計画がヤマト乗組員候補たちに秘密で1年前から「ヤマト計画」に変更になっていたと云うことがわかり、沖田は前倒しになった「ヤマト計画」すなわち恒星間航行が可能な艦船を開発したので放射能を除去する技術を手に入れるためにイスカンダルという惑星に出発しますよ」と発表した。
そこで次々と責任者の名前が呼び上げられるわけですが、その中でちょっと前まで少尉レベルだった古代進が戦術長に任命されます。
現在ガミラスと交戦中であると云うことを考えれば戦術長は世界で一番戦いがうまい人間がするポジションですよ。
それに古代が選ばれるという重さが何となく設定の物量のおかげで想像できてしまうわけで大変格好良くないですか?
そーいえば、その前に加藤はコスモゼロを勝手に使用した古代達をなぐりつけてたわけで加藤は上官となってしまった古代と再び会い敬礼をした後こんなことを言います→「命令は聞きますよ、上官ですから、、でもあなたの命令で俺の部下が無駄に死ぬようなことがあれば落とし前はつけてもらう」
それに対して古代はこう返します→「その心配はない」


これどうですか?
その心配はないですよ!!おいおいおい!
古代進


凄すぎ



ワロタ



もう一生ついていきます

あとですねー
冥王星前線基地のガミラス司令官、シュルツなんだけど「肌が肌色」という旧設定を逆手にとってガミラス帝国が併合した異星人となってるそうで、これは映画グラディエーターのマキシマスがローマに併合されたヒスパニア人将軍であり辺境ゲルマニアで戦っているみたいでカッコイイです。
ガミラス人は当初まだ設定が確定されてなかったせいなのか番組の初めではデスラー総統も肌が肌色だったんですが途中から肌が青色になりました。
だから番組の最初の方に出てきたシュルツさんも肌が肌色でした
そういう設定を逆手に取りビジュアルイメージを出来るだけ改変しないように濃密に設定を組み入れていくというこのヤマト2199のやり方は設定が作品の主人になることはなくあくまで設定は作品の僕であるという非常に正しくも難しいやり方なので俺が云うのも失礼な話なんでしょうが流石の真摯さだと感じました

こういう設定、今日昨日作り上げたものじゃないですよね
これはあれだ、西崎さん体制下のヤマトは俺が思うに設定にはパンチがなければマスに訴求しないとばかりにパンチがありまくる彗星帝国とか異次元人とかナイスな設定でたのしくも緩やかなヤマトだったわけですが
現在はその軛も解け、かつてファンだった人がこうあるべきでしょう!という世界補完を行いはじめたと云うことだと思います
それはつまりどういうことかというと
かつてガンダムというけっして完全ではなかったけど面白すぎてファンの人のアイデアをどんどん喰っていって大きくなりガンダムサーガというものを作り出してしまった作品があります(ヤマトより後発ではありますが、、)
その力学と同じようなことが
ヤマト世界にもやっと起こるのではない!?
それが僕が昼に言ったヤマトの未来に期待が持てるといったわけであり
ヤマトはヤマト2199によってはじめて成長期にはいったんだなーとおもいました


ヤマトの未来凄いな!!!

注)そういえば放射能のくだりは変更されているっぽいです
もう一度見てみます

あと、古代と島が火星のアルカディアポート跡で待機していたのときのコードネームは「ウズメ」これはおそらく天宇受賣命(アマノウズメ)日本神話で天照大神が天の岩戸に隠れた時、八百万の神々の前で舞を見せて天照大神の興味を引いた神様。日本最初のストリッパー
でもあの宴で最高の舞を見せたのは古代守だよなー
ということはこの際無しで

akiman7 at 00:47|PermalinkComments(45)TrackBack(0)
Profile
職業・あきまん

代表作
ファイナルファイト
ストリートファイター2
(上2つの企画兼ドッター、なおメイン企画は現株式会社アリカ取締役社長西谷亮氏)
ターンエーガンダム
(キャラクター原案)
コードギアス
(ナイトメアデザイン原案)
カプコン時代は基本企画兼ドッター
フリー後に専業イラストレーターとなる

経歴 

1964年7月21日生まれ
出身 北海道釧路市
釧路北陽高校卒業後
1983年
東京デザイナー学院商業デザイン科に入学
1984年
同校中退
1985年
あるアニメスタジオに入社
同年、金銭的な理由で退社
その後いくつかの就職を失敗した後
1985年
(株)カプコン東京支社にアルバイトで入社
ファミコン「1942」のパッケージイラスト製作
1986年
(株)カプコン大阪本社第3企画室に移動
サイドアーム
ロストワールド
麻雀学園
麻雀学園スーパーまる禁版
ファイナルファイト
戦場の狼2
ストリートファイター2
スーパーストリートファイター2
キャプテンコマンドー
パニッシャー
ヴァンパイア
ヴァンパイアセイバー
XーMEN
マーヴル・スーパーヒーローズ
ウォーザード
ストリートファイターZERO2
ストリートファイターZERO3
ストリートファイターIII
ストリートファイターIII サードストライク
スターグラディエーター
ファイナルファイトリベンジ
パワーストーン
パワーストーン2
他に参加

1998年
(有)あきまんを設立
フジテレビのアニメーション
「∀GUNDAM」
にキャラクター原案として参加
2001年
U.S.Aカリフォルニア州サンディエゴ近くの小さな街カールスバッドに移り住みゲームの開発をする
角川書店より初画集、安田朗∀ガンダムズ発売
2002年
WOWWOWのアニメーション
「OVERMANキングゲイナー」
にメカデザインとして参加

2003年
3年間ほどかかわったred.dead.revolver.の仕事をおえて日本に帰国
その後東京に移り住み
現在フリーランスのイラストレーターをはじめる
2003年12月
角川書店ガンダムエースにて読み切り漫画「月の風」掲載

2004年8月〜2005年1月
「月の風」連載

2005年6月28日
バンダイのPS2用ゲーム「ガンダムトゥルーオデッセイGの伝説」発売
担当はメインキャラクターデザインおよびパッケージ等

連載
角川書店「ガンダムエース」にコラム
幻冬舎コミックス「GIGA69」の表紙とSIDE-B
太田出版「CONTINUE」に4コマ漫画「桜田ふぁみりあ」
ソフトバンククリエイティブ「ドリマガ」に「あきまん堂」

2006年予定
幻冬舎コミックス「コミックバーズ」にてイラストストーリー連載開始
あきまん画集発売
コミックス「月の風」発売
コードギアス〜反逆のルルーシュ〜にナイトメアフレームデザイナーとして参加
ブレイブ ストーリー 新たなる旅人 にキャラデザインとして参加

2007年
単行本「月の風」発売
「あきまんカバーガールズ」発売
電撃ホビーマガジンにデザインコラム連載開始