2008年08月25日

崖の上のポニョ感想文(ネタバレあり)

今日はちょっと余裕が出来たのでエドインと崖の上のポニョを見に行きました
例によって予備知識をほとんど入れずに新宿ピカデリーに行きました
新型の映画館ですよ
この館とガンダムがあれば以下略


そしてポニョを大人しく視聴
手描きならではのほのぼのとした作品
「ああ、なんだかなにもかも素晴らしくてこれはもう俺の見るモノじゃないかなぁ〜」
なんて途中まで思ってたのですが、それが大間違い
最後まで見るとこれがまた何とも云えない厳しい物語であるとわかりました。
ほんと、ふつうにほんわか見るつもりだったんですよ
物語の裏とかそういうモノを考えたら楽しく無いじゃないですか
ママが可愛いなぁとか、そうすけがかわいいなぁとか
海がスゲェとかそういう風に見てました、とちゅうまでは
しかし途中か海の精霊って云うんですかすくなくともデボン紀から生きているあのでかい美人ですよ
あの人が「ポニョを人間にしましょうか」とフジモトに提案してから俺は
この物語から目が離せなくなりました
要はこれ
「大人の条件」を云ってるんですよね
あー凄く回りくどく云っちゃってスミマセン
裏から見ちゃいけないとは思いつつだけどあまりにもあからさまなので
書かずにはいられない
結論から言うと
ポニョは吾郎さんと対比されていてそうすけはゲド戦記を見たお客さんに相当する
ポニョはお父さんの力で無理矢理願いを叶えるわけですが
たとえ子供といえども男に恋をして自立を求めるのならば
それはもう成人であると
だけどお前はズルをして願いを叶えそのおかげで世界が崩壊の危機にある
その責任を成人であるお前自身がとりなさいと
とんでもなく突き放したおそろしい教訓があんまり隠れていないところが凄まじい
しかもフジモトのの監督不足のくせにきわめて責任の少ない受動的立場にいる無垢なそうすけ(ゲドのお客さん)にまで責任を問うしまつ
なんという怒りの根の深さでしょうかね
しかし映像はきわめてほんわかしたまま流れていくので普通に夢と希望があふれたまま
ポニョとそうすけはキスをして終わります
宮崎作品の中でありますからポニョと宗介は死ぬまでお互いを愛し続けると思えば思えなくもない
しかし現実はどうでしょうか
ポニョである吾郎さんとジブリが泡になるかならないかはゲド戦記を見たお客さん次第と云うことになります
メチャメチャはしょってしまったのでわかりにくいですかね
なんかあったら質問をくださいまし
俺的にはフジモト魔法の力(ジブリの力で)でポニョが人間に化けた(吾郎さんが監督をやった)せいでゲド戦記が売れた(世界がゆがんだ)
くだりが好きです
ぽにょは幼子だけど男を愛した時点で母はポニョを大人だと認定した
ポニョは父親の庇護を抜け魔法の力(ジブリの力)を捨て泡になる(非クリエーター)覚悟を背負わされた
なぜならそれが本来あるべき大人(いや、一人前と言った方が良いのかな)の姿だから
ではでは

akiman7 at 22:52│Comments(14)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by YANGSANG   2008年08月25日 23:15
ポニョは自分の恋を叶える為に津波に乗ってやってきましたが、おかげで島は水没して、その復旧たるや並大抵のものではないと思いました。
漫画映画ではあるのですが、その事に対する罪の意識(5歳に求めるのは如何とも思いますが)「いけないことはいけない」という描写も欲しかった気がします。

逆にあれだけの事をしでかしてしまったのだからポニョと宗介は「責任を負って生きていきなさい」と言われても致し方ないと思われます。
(宗介は責任を負いますがポニョは多分判っていない)

事態の収拾に奔走するフジモトとリサ母さんのキャラクター造形が見ていて楽しかったです。
2. Posted by あきまん   2008年08月25日 23:24
あれはフジモトに監督責任があるわけで
ポニョには責任はないと思うんですよ
だけどお母さん的にはポニョは「男を愛した時点で大人」
という判断を適用してポニョから魔法を奪った
それでポニョはいつ泡になってしまう変わらないリスクを負うことにより責任をとった
これはもの凄く納得がいくけど苛烈だなぁとおもいました
でもそれが大人と云うことだと伝えているのだと思います
それじゃあ何故そこまで大人とはなにか?にこだわるのか?
それは上記の通りだと思いました
3. Posted by あん   2008年08月25日 23:28
まだ観てないですが
もう真っ直ぐ観られなくなりました
4. Posted by しんしん   2008年08月26日 00:23
>父さんの監督不足のくせに
この「父さん」って宗介の父さんのこと?
「フジモト」・・・「駿」・・・?
父さんに当てはまる奴多いな

関係ないけどあきまんもゲド戦記嫌い?
5. Posted by 774   2008年08月26日 01:04
ポニョみましたが恐ろしく的確な指摘にびっくりしました。完全にいやぁ実におもろいなぁってな具合でみてました。いやぁ天才は怖いっす
6. Posted by YANGSANG   2008年08月26日 14:05
フジモトの監督不行き届きは間違いありませんが、いたずら(結果、世界滅んでしまうような)をした子供にまるでお咎め(諭しや叱り)がないのにはちょっと違和感を感じました。

水没した世界は美しく、宗介の小さな冒険や、その状況を住人達も笑いながら乗り越えて行こうという逞しさが生活空間を奪われるという絶望感を包み隠しているのかなあとも思いました。

個人的には月や海といった女性を象徴する物が力を持ち、それが世界を滅ぼす事になった時、男がそれを弱めて元に戻そうと奔走している物語という側面で見るのも面白いかなあと思い始めています。(フジモト自身は、そんな事は全く考えてもいないでしょうが。)
7. Posted by てつ   2008年08月26日 17:34
ラーメンうまそーとかポニョかわえー
と、いう感じであえてさらっと観ておしまいにしていた自分もありかなー

でも、あきまん的解釈が一番しっくりくるなあ
>ゲド戦記が売れた(世界がゆがんだ)

納得

お子様向けじゃなく、えらく業の深いそんな物語
8. Posted by 無名   2008年08月27日 19:01
僕もその解釈に近いものを感じたんですが、フジモト=ジブリより、フジモト=鈴木敏夫さんだと思ったのですがどうでしょう。
●嵐リーダー大野智 大麻吸引&3P騒動の真相!!
10. Posted by pouji   2008年08月31日 18:28
>フジモト魔法の力(ジブリの力で)でポニョが人間に化けた(吾郎さんが監督をやった)せいでゲド戦記が売れた(世界がゆがんだ)

爆笑しましたw
11. Posted by しんしん   2008年09月02日 01:03
あと何人釣れるかなぁ
◆川田亜子 衝撃映像・・・・・悪魔になった真相とは・・・?!
13. Posted by olahraga   2015年12月31日 13:15
まだ観てないですが
14. Posted by kata kata mutiara cinta   2016年01月02日 23:48

お子様向けじゃなく、えらく業の深いそんな物語

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
職業・あきまん

代表作
ファイナルファイト
ストリートファイター2
(上2つの企画兼ドッター、なおメイン企画は現株式会社アリカ取締役社長西谷亮氏)
ターンエーガンダム
(キャラクター原案)
コードギアス
(ナイトメアデザイン原案)
カプコン時代は基本企画兼ドッター
フリー後に専業イラストレーターとなる

経歴 

1964年7月21日生まれ
出身 北海道釧路市
釧路北陽高校卒業後
1983年
東京デザイナー学院商業デザイン科に入学
1984年
同校中退
1985年
あるアニメスタジオに入社
同年、金銭的な理由で退社
その後いくつかの就職を失敗した後
1985年
(株)カプコン東京支社にアルバイトで入社
ファミコン「1942」のパッケージイラスト製作
1986年
(株)カプコン大阪本社第3企画室に移動
サイドアーム
ロストワールド
麻雀学園
麻雀学園スーパーまる禁版
ファイナルファイト
戦場の狼2
ストリートファイター2
スーパーストリートファイター2
キャプテンコマンドー
パニッシャー
ヴァンパイア
ヴァンパイアセイバー
XーMEN
マーヴル・スーパーヒーローズ
ウォーザード
ストリートファイターZERO2
ストリートファイターZERO3
ストリートファイターIII
ストリートファイターIII サードストライク
スターグラディエーター
ファイナルファイトリベンジ
パワーストーン
パワーストーン2
他に参加

1998年
(有)あきまんを設立
フジテレビのアニメーション
「∀GUNDAM」
にキャラクター原案として参加
2001年
U.S.Aカリフォルニア州サンディエゴ近くの小さな街カールスバッドに移り住みゲームの開発をする
角川書店より初画集、安田朗∀ガンダムズ発売
2002年
WOWWOWのアニメーション
「OVERMANキングゲイナー」
にメカデザインとして参加

2003年
3年間ほどかかわったred.dead.revolver.の仕事をおえて日本に帰国
その後東京に移り住み
現在フリーランスのイラストレーターをはじめる
2003年12月
角川書店ガンダムエースにて読み切り漫画「月の風」掲載

2004年8月〜2005年1月
「月の風」連載

2005年6月28日
バンダイのPS2用ゲーム「ガンダムトゥルーオデッセイGの伝説」発売
担当はメインキャラクターデザインおよびパッケージ等

連載
角川書店「ガンダムエース」にコラム
幻冬舎コミックス「GIGA69」の表紙とSIDE-B
太田出版「CONTINUE」に4コマ漫画「桜田ふぁみりあ」
ソフトバンククリエイティブ「ドリマガ」に「あきまん堂」

2006年予定
幻冬舎コミックス「コミックバーズ」にてイラストストーリー連載開始
あきまん画集発売
コミックス「月の風」発売
コードギアス〜反逆のルルーシュ〜にナイトメアフレームデザイナーとして参加
ブレイブ ストーリー 新たなる旅人 にキャラデザインとして参加

2007年
単行本「月の風」発売
「あきまんカバーガールズ」発売
電撃ホビーマガジンにデザインコラム連載開始