2012年08月08日

国語の問題点

A「音速パンチをお見舞いしてやる!」
B「ならばこちらは光速パンチだ」
A「わぁぁぁ!!、ま、負けだ…光速にはとてもかなわねぇ」
B「なんのなんの音速もなかなか凄かったよ、反省したらCを共に倒そうよ」
AとB「喰らえ音速&光速パンチだ!」
C「わぁぁ!」


という時

音速パンチの運動エネルギーと光速パンチの運動エネルギーには
無限の格差があり光速パンチの貢献度に対して
音速パンチは鼻くそ以下な訳ですが
まるで音速パンチがCを倒すことに貢献した様な気にさせる
それが国語世界の問題点ではないでしょうか

akiman7 at 23:19│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by R2R   2012年08月09日 23:47
光速パンチは質量が無限大になる為喰らった側は微塵も残らなくなるかと思いますが
Bがそうなっていない所を見ると光と同じく質量が無い=攻撃力自体はゼロであると考えられ
Aの役割はレーザーポインタのようにBのマッハパンチのガイドでしかないのではないでしょうか
即ち本来の功労者はむしろB!
2. Posted by cheap tattoo needles   2012年08月16日 18:24
まるで音速パンチがCを倒すことに貢献した様な気にさせる
それが国語世界の問題点ではないでしょうか
3. Posted by えd   2012年10月09日 15:14
描写を細かくして
タクシー代わりにBを使った
とかにするしかないとおも

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
職業・あきまん

代表作
ファイナルファイト
ストリートファイター2
(上2つの企画兼ドッター、なおメイン企画は現株式会社アリカ取締役社長西谷亮氏)
ターンエーガンダム
(キャラクター原案)
コードギアス
(ナイトメアデザイン原案)
カプコン時代は基本企画兼ドッター
フリー後に専業イラストレーターとなる

経歴 

1964年7月21日生まれ
出身 北海道釧路市
釧路北陽高校卒業後
1983年
東京デザイナー学院商業デザイン科に入学
1984年
同校中退
1985年
あるアニメスタジオに入社
同年、金銭的な理由で退社
その後いくつかの就職を失敗した後
1985年
(株)カプコン東京支社にアルバイトで入社
ファミコン「1942」のパッケージイラスト製作
1986年
(株)カプコン大阪本社第3企画室に移動
サイドアーム
ロストワールド
麻雀学園
麻雀学園スーパーまる禁版
ファイナルファイト
戦場の狼2
ストリートファイター2
スーパーストリートファイター2
キャプテンコマンドー
パニッシャー
ヴァンパイア
ヴァンパイアセイバー
XーMEN
マーヴル・スーパーヒーローズ
ウォーザード
ストリートファイターZERO2
ストリートファイターZERO3
ストリートファイターIII
ストリートファイターIII サードストライク
スターグラディエーター
ファイナルファイトリベンジ
パワーストーン
パワーストーン2
他に参加

1998年
(有)あきまんを設立
フジテレビのアニメーション
「∀GUNDAM」
にキャラクター原案として参加
2001年
U.S.Aカリフォルニア州サンディエゴ近くの小さな街カールスバッドに移り住みゲームの開発をする
角川書店より初画集、安田朗∀ガンダムズ発売
2002年
WOWWOWのアニメーション
「OVERMANキングゲイナー」
にメカデザインとして参加

2003年
3年間ほどかかわったred.dead.revolver.の仕事をおえて日本に帰国
その後東京に移り住み
現在フリーランスのイラストレーターをはじめる
2003年12月
角川書店ガンダムエースにて読み切り漫画「月の風」掲載

2004年8月〜2005年1月
「月の風」連載

2005年6月28日
バンダイのPS2用ゲーム「ガンダムトゥルーオデッセイGの伝説」発売
担当はメインキャラクターデザインおよびパッケージ等

連載
角川書店「ガンダムエース」にコラム
幻冬舎コミックス「GIGA69」の表紙とSIDE-B
太田出版「CONTINUE」に4コマ漫画「桜田ふぁみりあ」
ソフトバンククリエイティブ「ドリマガ」に「あきまん堂」

2006年予定
幻冬舎コミックス「コミックバーズ」にてイラストストーリー連載開始
あきまん画集発売
コミックス「月の風」発売
コードギアス〜反逆のルルーシュ〜にナイトメアフレームデザイナーとして参加
ブレイブ ストーリー 新たなる旅人 にキャラデザインとして参加

2007年
単行本「月の風」発売
「あきまんカバーガールズ」発売
電撃ホビーマガジンにデザインコラム連載開始