2018年04月07日

4月。
ユウの受験が終わってから入学まで結構あると思っていたのだけれど
入学式はもう来週となってしまった。
小学校を卒業して習い事もいくつか終わってしまったので習い事についてメモ。

ユウの習い事
・バスケットボール -> 卒業
・算盤 -> 退塾
・体操 -> 継続
・ピアノ -> 継続
・ハンドボール -> 新規

バスケは元々小学生だけのクラブなので卒業という形。
最後の練習は見ることができなかったがカミさんに頼んで録画してもらった。
そんなに熱中することもなく(練習中歩いてばかりのことも多々)さしてうまくはならなかったが
団体競技を通じて成長して欲しかったのでそれなりに得るものはあったかと思う。

代わりに始めるのがハンドボール。
中学は部活が活発でないようなので何かやらせたいと思っていたが
たまたま市のハンドボール教室の募集があったので月2回土曜に通わせることとした。

フウの習い事
・バスケットボール -> 退部
・体操 -> 継続
・ピアノ -> 継続
・ハンドボール -> 新規
・バイオリン -> 新規
・スイミング -> 新規予定

あまりボールに触れていなかったことと前々からスイミングがやりたいと言っていたので
ユウの卒業を機にバスケットは辞めることに。
そして友達が学習発表会で演奏したのをきっかけにバイオリンを始めたいと言い出した。
フウは熱しやすく冷めやすいところがあるのでやる気が続くのかイマイチあやしいけど
取りあえず様子見で習わせることに。

あと追記するとするなら昨年から週末にやっているパパ塾による卓球。
これは当然ながら継続。
最初は一緒に遊べる程度で、と思っていたのだが最近ついつい厳しく指導してしまう。要注意。。

しかし習い事がホーワ状態だ。
フウまでハンドボールをやらなくてもよかったのだがユウを連れて行くとなんだかんだで
フウも連れて行くことになり、実際に連れて行って体験すると
ユウよりフウの方が乗り気になってしまい入会やむなし。

ウチのコは2人とも習い事沢山やっても「コレ」というものが出てこないので
1つ1つ見ていると物足りない感じもあるが少しでもたしなんでいると
どれかが人生を豊かにしてくれるかもしれないと思うことにしている。

↓ 春休みに自分の実家の鹿児島に行ったときの写真

本土最南端佐多岬(自分も初めて行った)

image20180407-02























内之浦のロケットセンターでの写真

image20180407-01























拍手、コメント、応援クリック WELCOME です。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

akimasa0880akimasa0880 at 23:30│コメント(2)

2018年03月11日

あと10日ほどでユウは小学校卒業。
思い返すとあっという間の小学校生活だった。
連絡帳とか見直すと4年生のときとか先生がさんざん「宿題を何度言ってもやってきません」
と書いている。確かに4年の頃とかそんな感じだったかも、、懐かしい。
今もまだまだだけど過去のユウと比べると確実に成長している。

ユウの通う中学校は管理教育的な学校ではなく生徒の自主性を重んじる学校。
宿題は多くないらしいが授業は教科書の範囲をわかってることが暗黙の前提で進むっぽく
基本的知識を各自が知っている上で生徒同士で討論したり考えたりという形が多いらしい。

今までは家勉として自分が毎日やることを渡してきたのだがそろそろ自分で考えて
勉強するようになっていって欲しい。
と思いつつもいきなり放置では勉強をやりそうにもなくなかなかそうもいかない。
中学に入ったら周りに刺激を受けてやりはじめるのか?
とりあえず中学に入るまでの今の時期は朝は40分、夜はちょっとだけ家勉を渡すようにしている。

ネットの情報ではユウの行く中学は文系重視らしく今のユウの実力では文系科目が
ネックになりそうなので国語と社会を今から対策中。

授業ではとにかく自分で書くことが多くなりそうなため書くことの対策として
1日1本要約文を書かせている。(夜の家勉)
素材は受験勉強中に使った国語の問題集4冊。ここから順に論説文を抜き出して要約させている。
解答があるわけではないので自分がさくっと目を通すだけ。
よほどひどい内容でなければ何も口を出さないが要約文を書くことで論説文の文体から文章の書き方を
自然に習得していってくれないかな、と目論んでいる。

社会については地理の問題集を買ってとりあえず国の名前や山、川、湖、といったところを
地道に覚えている。こちらは朝5分、夜10分(ユウが寝る前に自分が帰ってきた場合)くらい。
なかなか単調だが覚えるに従い今までスルーしていた話題でも覚えた地名が出てきたりすると
ちょっとは身近に感じられるようだ。なにせ今まで地理には全然興味がなかったので。
さらに暗記だけでなく知的興味を持って欲しいので地理に関する副読本(ゆるい感じの地理参考書)
を1日1頁。

あとは毎朝、Webで新聞のコラムと社説を1本。(15分)
我が家ではなかなかニュースを見ないので
(というかニュースをやっている時間に自分がいない → カミさんはニュースつけない)
これで国語力の底上げと世の中を少しでも知ってもらう作戦。
いきなり社説とか読んでどこまで理解できているか不明だが自分がなるべく補足してあげている。

文系重視といいつつやはり数学は押さえておきたくとりあえず中1代数を毎日10分程度。

小学校の間続けてきたチャレンジはペースメーカとして当面継続予定なのでチャレンジを
夜10分程度(1日1チャレというスローガンがあるようなので)
こちらは学校から帰ってきて自分でやるように言っているだけなのでやらない日も多い、、
通信教育はZ会もちょっとだけ考えたがなにせまだ精神年齢が幼いので楽しくやる系がよさそう。

スタディサプリもお試しで使いはじめたがテキストとか使わずに授業を眺めているだけなので
どれだけ効果あるのか、、まぁ、これもペースメーカということで。

これだけやるともうあまり時間なく英語の比重はかなり低。
受験が終わったら毎日のWebレッスンを復活させるつもりでいたのだが一度朝の時間を
他にまわすとその貴重さを認識してしまいもう戻せない。。
苺ママさんのブログで教えて頂いた英語物語、ウェブレッスン週2回、毎日新聞のWeekly lightくらい。
受験勉強前は週末だけは30分程度の読書もしていたが今はなくなってしまった。。

理科はチャレンジやスタディサプリ以外特にやってないけど唯一興味のある教科なので
とりあえず放置。(チャレンジとスタディサプリで十分か)


拍手、コメント、応援クリック WELCOME です。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

akimasa0880akimasa0880 at 13:24│コメント(2)その他の勉強 │

2018年02月04日

ユウの受験が終わった。
書いておかないと絶対忘れるので自分の思い出として書いておく。

昨年2学期の通知表は△撲滅を目指したもののやはり国語に1つついた。
(それでもここ数年で△が一番少ない!)
英語のアピールでカバーしたかったが調査票でも本番でもアピールする場は全くなかった。

本番が近付くにつれ調査票の扱いを気にしたり、願書の写真が普段着だったことを気にしたりと
やはりいろいろなことにナーバスになっていた。
今年は募集定員が昨年より16名減って(よりにもよって、、)そのことも気になっていた。
本人はいたって普通で「本番も緊張しない」と断言していたが
さすがに前日は勉強していたようだ。(遅いっちゅーに)

受験当日の朝は過去問を見ながら解く順をおさらい。(時間切れにならないように作戦を立てた)
会場につくとどこかの塾の応援の人が立っていて「これが噂の、、」と思った。
結構な受験生が並んでいて「今年は何倍だろうな、、」と思いつつユウと別れて保護者控え室へ。

暖房はついていたものの広いためとにかく寒かった。
控え室は皆静かで何人くらいいるのかな、とか1科目終わるたびに「できたかな」
なんて思いつつ本を読みながら待っていた。
試験終了後放送する、と張り紙があったので呑気に待っていたのだが終了時刻を過ぎてもなかなか
放送はなく他の子供達が待合室に入ってきたので外に出るとユウの姿が。
探したよ、と少し怒られた。試験の出来を聞いたが算数は全部書いたと聞いてややホッ。

試験を終えたユウと一緒に神社に行っておみくじを引いた。大吉!
2日後に大吉おみくじを携えて合格発表の場に。
最終合格発表で1次通過者全員を親子ともども並ばせてその前で合格者を貼りだすという緊張感。
最初番号を左から右に追っていて「あ、ないじゃん。。」と思ったが(その間5秒ほど?)
前の人に隠れてよく見えない部分がありよくよくみると番号は縦に並んでいて
縦に追っていくと無事番号を発見!!

自分の受験のときは貼りだされた場で自分の番号を発見できなかった苦い経験があるので
(その直後、「合格者の方ですか」と聞かれ「いえ違います」とその場を去った哀しい過去。
 どうでもいいが、、)
初めて、貼りだされた合格者一覧に番号を発見するという体験をさせてもらった。
不合格の方も同じ場にいたので大喜びもできずとりあえずユウと静かに握手をして合格を喜びあった。

後日、情報開示ということで学校側から点数を教えてもらったが
噂に聞いていたボーダーより1点多かっただけ。
やはり国語が目標に届いておらず漢字1コ間違っただけでも落ちてたかもと思うとラッキーだった。

合格証書を手にもう一度神社にお礼まいりに行った。お賽銭もやや奮発。

合格を手にしたユウはその日学校を休む予定だったが行きたい、と言い出し5限から授業に出た。
たぶんうれしかったんだろう。

その後、学級の友達には受験したこと、受かったことがあっさり知れ渡ったようで
友達から受かった学校の偏差値を聞かれたらしい。
学校から帰ってきたユウに偏差値って何?と聞かれた。偏差値知らない受験生もめずらしい。
塾も、模試も受けなかったし学校も受けた学校1校しか知らないようなので
確かに偏差値知らなくても不思議でない。
今さら知ってもしょうがないので、そのうちわかるよ、と言っておいた。
ま、知ってもそんなに偏差値高いわけでもないので知らなくてもいいだろう。
でも今年ちょっと上がったんでないかい?

拍手、コメント、応援クリック WELCOME です。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

akimasa0880akimasa0880 at 00:48│コメント(2)受験 │