2017年07月30日

1年ぶりにYAに参加した。
YAは4回目だけれど今回は2つ、新しいことが。

1つはフウが今年初参加。もう1つはホストファミリーをやったことだ。
YAも4回目ということでなにか刺激が欲しくてカミさんにダメ元で打診したところ
ダスキンでハウスクリーニングと引き換えでOKがでた。

今回ステイしたのは男女1名づつ。
応募時に男女どちらでもよい、と書いたのだが男2人の予想に反して男女だった。
用意した部屋は1部屋だったのだがそれでも問題ないらしい。

YAキャストというと陽気なイメージがあったのだが最初引き合わされたときに
自分が 「Hi. I'm Dad.」と言っても「??」のような感じの反応され、自分の英語の通じなさに
こっちのテンションもダウン。
自分としては「Oh! You're Dad!. HAJIMEMASHITE !! 」なんて言って握手を求めてくるのを想像していたが
そんなわけはなかった!そのあとも車に乗り込むまでもなんとなくテンション低め。無言のまま、、、
(今から思うと彼らはツアー中、次々とステイして回るのだからそんなにテンション高くなくて当たり前だ)

当然ユウもフウも全く話さず先行き不安だな、と思ったもののその後の夕食で自分が頑張っていろいろ話して
だいぶ打ち解けた。こちらの英語は半分くらいしか通じない感じだったがまぁ、そんなものだろう。
飛ばせる限りのジョークを飛ばし結構笑いを誘うことができた。

キャストは木曜夜から月曜朝までの4泊5日だったのだが話をする機会があったのは
朝食と夕食のときのみ。あとはギリギリまで部屋にいて出てこなかった。
一番時間があると思われた金曜の午前中も全く部屋から出てこず家を出る1時間前に出てきて
昼食べて出発、という感じ。
ホストファミリーはキャストがリラックスしてステージに集中できるためのボランティアなので
こんなもんだろうとは思うもののちょっと寂しい感じはあった。

ただ、最終日午前の、親のワークショップに参加者募集時に自分は全くその気はなく観客席から見ていたのだが
ステイしている男性キャストが舞台からこちらを見て大きく手招きをしてカミさんともども呼ばれてしまった。
ダンスと演技と歌の3つのワークショップをユウと一緒にまわって舞台裏とかも見られていい経験ができた。

カミさんは1つめのワークショップが終わって帰ろうと観客席に戻ろうとしていたら手招きをしたキャストが
追っかけて連れ戻していた。テンション低いかと思っていたのだがなかなかアツい男だった。
このワークショップは彼なりのステイの感謝だったんだろう。

ユウも最終日くらいにはだいぶ打ち解けた感があり少しは話していたっぽい。(一言、二言のレベルだが)
フウはホントに最後まではにかんでおりキャストが話しかけてもだまったままで首を縦に振ったり
横に振ったりしていた。
最後のハグもフウの反応悪くて危うくしてもらえないところであったがなんとかやってもらった感じ。
フウはまー、ホントに外国人への拒否反応が大きくなって英語も全然である。困ったものだ。

今回はステイに頭が一杯でさらに2年ぶりということで最終日に
ユウ、フウにサイン用のペンを渡すのをすっかり忘れた。
(ちなみに初日にバッグも忘れて手ぶら参加させてしまった。オヤツがなかったと怒られた、、)
場所の関係から親はお別れの場に行けなかったのだがお別れの最中にユウがやってきて
「ペンがない!」と言って来た。

毎年、サインは2人くらいからしかもらわない割にサインもらいたくてしょうがない様子で
カミさんがペンを買いに出たものの明らかに間に合わないので一緒にいた愛知の会で仲良くさせて頂いている
きぃぴぃさんがきぃちゃんの写真を見せて
「このコにペンを借りるんだ!」といって再度お別れの場に戻って行った。

フウもペンはないはずだけどどうしたんだろう、と思っていたらフウが降りてきて
とりあえず誰かのサインがシャツの胸に書いててあったので
「フウはユウと違って機転がきくので友達にペンを借りてサインをもらったのかな」と思って
フウのシャツをよく見るときぃちゃんのサインで、ウケてしまった。

フウが「誰のサインももらえなかった」と言ったらきぃちゃんが書いてくれたようだ。
これはこれで思い出に残るものになった。

結局、我が家はホストファミリーなのでキャストが片付けを終えて出てくるのを待たないといけなくて
出てきたところでキャストの何名からかサインをゲット。
(ユウだけ。フウはそもそもサインをもらうことに興味なしの模様)
ディレクターのポール氏からももらっていた。

ステイキャストとの最後の夕食は焼肉。カラオケにも提案したが苦笑いされたので却下。
焼肉は初めての体験だったようでミニBBQのようでクールだ、と言って喜んでいた。

翌月曜はカミさんはYAが起きてくるギリギリに仕事に出かけ、フウは学童、ユウはお留守番で
結局自分だけが駅までキャストを送って行った。
他のホストファミリーは皆、お子さんも見送りにきていてそのあたりも残念な感じだったが
仕方ないと言えば仕方なし。

今回はワークショップよりホストファミリーで頭が一杯でユウ、フウとも役などももらわなかったので
ワークショップやショー自体はまぁ、特筆することはなかったのだが兎に角、フウのノリが悪かったなぁ、という印象。
今回も初日に1人だけダンスしないのでステイしているキャストが隣でいろいろと促してくれたのだが
フウは全く動かず。結局これ以降、舞台でキャストとフウが絡んでいる姿を見ることはなかった。
怒っていたのかも。。

今回、実は自分が一番楽しかったかも。
そんなに通じないとはいえ、いろいろとジョークを飛ばして少しづつ仲良くなった4日間は充実していた。


拍手、コメント、応援クリック WELCOME です。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ




akimasa0880akimasa0880 at 22:44│コメント(4)

2017年07月20日

今週末はYA。
なんと今回はカミさんの許しが出てホストファミリーをやることになったので週末は記事を
書けないし、次書くのはYA関連になるだろうから英検の結果をば。

例によってカミさんが最初にチェック。
今回はすっかり忘れていたのでメールがきて思い出した。
「2次も合格でした~」

で、結果をみて思わずつぶやいた。「あ、あ、ありえん。。」


20170718-1










20170719-1








1次の反省から10日くらい前から毎朝5分づつ絵をみて説明するやつを練習。
週末も過去問や予想問を練習。
リーディングでは発音間違うし、自分の意見を言うやつは毎回詰まるしで
こりゃ2次は厳しいか?と思っていたのだけど、、、

ユウは面接官は終始ニコニコしていた、リーディングはハキハキと読めた、
意見も詰まらずに言えた、と言ってたけど出来すぎの結果にびっくり。
アティチュードも満点で先日学校の懇談会で学習態度が悪い
(寝なくなったが落ち着きがない←ここ数年毎年寝てますと言われていた)
と言われたのがウソのよう。
面接官との相性がよっぽどよかったに違いない。

1次2次合わせると


20170718-2





ということでなんとか受かりました~。

2次を受ける直前に衝撃事実が判明。
1次のライティングはリーディングと別に時間があると勘違いして書かずに寝ていたらしい。。
試験官に促されて起きたらしいけど危なく0点になるところだったようだ。
どうりで1次の会場から出てきた瞬間に「落ちた」と言っていたわけだ。

YAがステイに来るという事で最近は
「ユウは英検2級だからYAへの通訳はユウに任せるよ!パパは英検3級だからね~」と
事あるごとに言っている。
ユウはこんな顔  してるけど。


拍手、コメント、応援クリック WELCOME です。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ






akimasa0880akimasa0880 at 00:19│コメント(8)

2017年06月24日

今日午前中は市の環境分析センターで親子実験教室。
ここは家から歩いて数分のところにあり大気や水など環境全般についての分析調査を行っているとのこと。
公害監視から始まり現在に至っているようだ。
近所にあり建物の存在は知っていたが何をやっているかは全然知らなかった。

市民への貢献の一環で実験教室などのイベントもやっているようで応募した次第。
分析装置などの見学のあと、
PH、COD、透視度による水質調査や音の実験、液体窒素実験(定番!)などをやらせてもらった。
6年になって実験部に入ったユウはどの実験も楽しめたようでアンケートでは
DNA抽出実験をリクエストしていた。

英検受験から早や3週間、当日はあまりの人の多さにびっくりしたがユウが指定された2級の教室は
ユウとほぼ同年代のコばかり。
インターのサッカーイベントで会うコもいて(仲がいいわけではないが)やや緊張がほぐれた。
教室に入ったら親はすぐに出ていくものかと思っていたのだが皆隣に座っているので「そういうもんなんだ」と
自分も隣に座り、最初の受験番号などのマークをチェック。係の人も「保護者の方はチェックして下さい」と
言っていて小学生受験が普及しているんだな、と。

一旦家に帰って試験時間が終わるころに会場入り。
ちょうどユウが出てきた姿を見て安心すると、「たぶん落ちたよ」と自信なさげな一言。
このあたり悲観的なところはパパゆずりか。

で、今週の月曜に発表。
答えあわせはほとんどしなかったが聞いた話ではリーディングは結構できている感じで
リスニングとライティング次第かな、と思っていた。
ライティングはお題を見て、何を書いたのか聞くのがコワかったのでまったく触れず。

発表当日は仕事なので翌日朝にでも家族みんなで結果を見ようと思っていたのだが
カミさんが発表後すぐに見たいと言うのでカミさんに見てもらうことにした。
メールが来たので「きたっ!」と思って開くと「パスワードが違うよ!」と。ガクッ。

パスワードをメモってなかったのでうろ覚えを教えたのだが違っていた模様。
候補を3つくらい返信してしばらくして再度メールが。
パスワードやっぱ違ったかな、と思いつつメール開くと「合格でした。」と。
本番に弱いところはパパに似なかった模様。
思えばピアノとかも練習は間違って本番で間違わないタイプだ。


20170624-1













ホント、運よく受かったという感じ。過去問やってなかったら確実に落ちてる。

でこれが先日郵送されてきた得点詳細。

20170624-2







リーディングは過去問の特訓が効いたようでなかなかの得点。
リスニングはもう少し行けるかと思ったがなにせ事前に問題を見ることすらしなかったので
2部の方で考えている間に次が始まるのに戸惑い伸びなかった模様。
リスニングも事前練習が必要だったと反省。
ライティングは予想とおりダメ。
何か書けば点数もらえるかと思ったのだがそうでもないようだ。(当たり前か、、)
ライティングも全く練習なしだったがあのトピック(今年は起業について)だと
やっぱ書けないと思う。そもそも起業がわかってるか怪しい。日本語ででも書けないだろう。
ちなみにライティングは内容:2/4、構成:2/4、語彙:1/4、文法:1/4 とのこと。
課題に相応しい語彙を使うことや文構造のバリエーションが必要なようだ。

ユウはというと発表の翌朝、「やったね!」と声をかけたものの反応なし。
本心は喜んでいるとは思うがその後いくら英検の話をしてもたいした反応はない。
ポーカーフェイスもパパゆずりか。。

ということで2次試験にコマを進めることになった。
たいして話せないし精神年齢が幼いので面接はかなり厳しいんじゃないかと思うが
1次試験の反省を踏まえ事前準備をする予定だ。


拍手、コメント、応援クリック WELCOME です。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


akimasa0880akimasa0880 at 15:51│コメント(12)