稀勢の里と日馬富士にみる立ち合いの因果

  大相撲9月場所はまもなく千秋楽。相撲生命をかけて出場した日本人横綱の稀勢の里は苦戦しながらも勝ち星を積み重ね、何とか勝ち越しへとたどり着きました。新聞報道を見る限り、懸案の進退問題はこれでひとまずクリアしたようです。

 

 もっとも稀勢の里が勝ち越しを決めた遠藤との一番は、いささか見苦しいものとなりました。立ち合いの手つきが不十分(私が見るところ、主に遠藤の方に非があったようです)で、行司が3度も「待った」をかけたからです。

 

 大相撲では、両者が息を合わせて両方の手をついてから立ち上がる、というのが現状のルールというか申し合わせです。ところが遠藤は、片手はつくがもう一つはつかないまま立ち上がろうとしていたように思えます。

 

しかし、大相撲の興行を行う日本相撲協会はどうした、これほどまでに手つきにこだわるのでしょうか。

 

理由は2つほど考えられます。まず、立ち腰で行う立ち合いより姿勢を低くして手をついて行う立ち合いの方が、はるかにスピードと威力が増します。

 

陸上の100メートル競走など短距離競技では全選手が手を地面につけるクラチングスタートをしており、立ったまま走り始めるスタンディングスタートをする選手は見当たりません。手を地面につけるクラチングスタートの方がスタートダッシュがきくからです。

 

もう1つの理由は伝統と美学でしょうか。相撲の世界には両手をついて立ち上がる立ち合いが正統的で美しい、とする価値観が存在しているように思えます。

 

しかし、現役の力士たちの中には、どれだけ行司から手つきが不十分と注意されようと、審判を務める親方衆から叱られようと、そんなものは「笑止千万」と取り合わない連中も少なからずいるようにも思えます。

 

どうしてですって。それは、昔の大相撲の取り組みを見れば一目瞭然です。伝統の大力士である大鵬も北の湖も、立ち合いは中腰で、手をつくことなくいきなりぶつかりあう相撲をとっていたからです。

 

私はつい先ほど、youtubeで昭和48年3月(春)場所の14日目に組まれた「横綱北の富士-大関輪島」戦をわが目でチェックしましたが、この二人はいきなり中腰で立ち上がり、胸をぶつけて勝負を始めてしまいました。行司はもちろん止めることはありません。

 

北の富士といえば、現在、日本相撲協会の理事長を務める八角親方(元・北勝海)や千代の富士の兄弟子であり、部屋を継承した後は、師匠となった相撲界の重鎮です。

 

手つきが嫌いな現役の力士にしてみれば、理事長が頭が上がらないかつての大横綱がこんな相撲をとっていたわけですから、手つきルールなど愚直に守っていられるかい、といったところが本音でしょう。

 

ただし話を少し戻すと、科学的には立ち腰より手つきの方が立ち合いで相手に与える衝撃は大きくなります。その分、勝ち星は増え、地位は向上します。にもかかわらず、力士たちの多くはなぜ手つきの立ち合いをきっちり身につけようとしないのでしょうか。

 

そのわけはよく分かりませんが、私はふと、こんなことを想像しました。

 

相撲のルールはひどく簡単で足の裏を除いて体のいかなる部分が地面についても負けになります。

 

ならば力士は、土俵の土に触れれば負けてしまう手をできるだけ土俵から遠ざけたい、と本能的に感じているのではないか。中腰での立ち合いは、威力はないけれども、何かの弾みで自分の手を土俵につけてしまうというアクシデントも少なくなる、と経験と体で判断しているのではないか――。

 

ここにいたって私は仕切りの際に、土俵の土にこれでもかといわんばかりに顔を近づけ、低い立ち合いから勢いよく相手にぶつかっていった力士を一人、思い出しました。暴力事件を引き起こし、残念ながら引退を余儀なくされた元横綱の日馬富士です。

 

彼の体重は幕内力士の中では最軽量の部類に入る130キロ台でした。そんな日馬富士が横綱をはれたのは、両手をつくきれいで高速、かつ威力十分の立ち合いを身につけていたからにほかなりません。

 

 

運動エネルギー(E)は『(1/2 )× m ×(vの二乗)』の公式で与えられます。mは質量すなわち力士の体重、vは立ち合いで相手にぶつかる時の速度です。

 

体重(m)は小さくても、運動エネルギー(E)は立ち合い速度の二乗に比例しますから、力士は体重を増やすより、両手をつく低い威力のある立ち合いを磨く方が、相手を攻めるエネルギーが増えることをこの公式は示唆しています。

 

そういえば稀勢の里が長きに渡って休場したのは、2017年春場所で低い立ち合いでぶつかってきた日馬富士の威力たっぷりの高速の寄りに、たまらず土俵の外に転がり落ちたためでした。

 

軽量力士の活路は立ち合い速度にあり。大相撲の世界で日馬富士のマネをする力士が1人や2人、現れてもいいものだ、と私には思えるのですが、いかがでしょうか?

樹木希林が輝いた名作映画「大誘拐」

 個性派女優として活躍した樹木希林(きき・きりん)さんが他界されました。

 

彼女の代表作としてマスコミはテレビドラマの「寺内貫太郎一家」や「時間ですよ」、映画の「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」などを紹介しています。でも私は樹木さんというと「大誘拐(だいゆうかい)」を一番に思い出します。

 

「大誘拐」は作家の天藤真(てんどう・しん)さんが1978年に発表した胸のすくような愉快な推理小説で、1991年に映画化されました。

 

筋立てはというと、誘拐犯の3人グループにさらわれた資産家(和歌山の山林王の小柄な老婆が一転してボスとなって、犯人を自分の手足のごとくこき使い、いずれ死ねば相続税の名目で国家に奪われる運命にある自分の財産から100億円を身代金としてかすめとるといったもので、ファンタジータッチのミステリーといえるでしょうか。

 

樹木さんは主人公の柳川とし子の御屋敷でかつて仕え、今は山中の家で一人暮らしの中村くら(くーちゃん)の役でした。とし子は誘拐犯ともども、くーちゃんの家に転がり込み、ここを根城として、和歌山県警やテレビ局と丁々発止の交渉を重ねていきます。

 

私は昨日、何年か前に録画していた「大誘拐」をレコーダーから探し出し、改めてみてみました。

 

この映画に出演していた当時の樹木さんは40歳代後半だったはずですが、顔はふっくらして元気そのもの。かつてのあるじのとし子と同様、3人組をすっかり手なづけたくーちゃんはプロレスの技のように、背中から犯人の人に落下してじゃれあうなど、独特のテイストをこの映画に付け加えていたのでした。

 

ちなみにこの映画で主役の老婆役を務めた女優の北林谷栄さんは日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。また小説はネット百科事典、ウィキペディアによると週刊文春のミステリーベスト1020世紀国内部門第1位に輝いたといいますから立派なものです。

 

テレビ局はほどなく樹木さん追悼とうたって、彼女が出演した映画を放送することになるのでしょう。気の利いたテレビ局なら「大誘拐」を放送してくれるかもしれません。その折は皆さん、樹木さんの名演(怪演?)をお見逃しなく。

電源喪失事故、関空の次はあなた?

 関西国際空港が台風21号による高潮で“水浸し”となり、痛々しい打撃を受けのは9月4日のことでした。地下室に設置した変電設備が水でダメージを受け、空港のもろもろの施設に電気を送れなくなってしまったのでした。

 

 似たような事件は過去にもありました。2011年3月、東京電力の福島第一原子力発電所は、三陸沖の地震によって発生した津波によって、地下に置いた非常電源が破損し炉心溶融(メルトダウン)とへといたりました。

 

大阪湾を埋め立てて作った関西国際空港は地盤沈下が宿命の空港です。ならば高波や高潮を警戒して変電設備は、水が届かない高台や建物の上部あるいは屋上に置いておけばよいものを、水没の可能性が高い危険な地下に設置していたのはいささか驚きでした。

 

不可解なことに東電の福島第一原発の事故が起きた後も、関空は変電設備の場所を変えていません。電源を喪失するというトラブルがどんな深刻な事故を引き起こすかを“目撃”したにもかかわらず、関空関係者は無策だったのでしょうか。

 

変電設備の移設は、恐らく長期間の工事となり、巨額の費用が必要になるし、空港が営業を中断することにもなるのでしょう。しかし、かといって安全を軽視するやり口はとてもほめられたものではありません。いや社会や国民や利用者をなめているといってもいいでしょう。

 

視点を少し広げてみると、水への備えがおぼつかないのは関西国際空港だけではありません。例えば写真でお見せする次の高層マンション。エントランスを出るとそこにはもう神戸港が広がっている高級臨海マンションです。

神戸港高層マンション

 

でも、よくよく考えればこのマンションはかなり問題含みです。塩分を多く含む雨風にさらされて建物は傷みやすいと考えられます。近未来に発生が確実視されるが南海トラフ巨大地震では、この一帯は高さ4メートルほどの津波の襲来も想定されています。

 

(ここから先は少し推測もまじえますが)他の多くのマンションと同様、このマンションも、電力会社から電気の供給を受け、各部屋に送るための受変電設備は建物の地下、もしくは一階に設置している可能性が濃厚です。ならば、巨大地震による高波、あるいは津波が襲来した時は、関西国際空港と同じような目にあう恐れを否定できません。

 

目の前がすぐ海といったケースは希有な例なのかも知れません。しかし海抜の低い場所に建設されたマンションにまで広げれば、その数は少なからぬ水準に達することはまちがいありません。海に近い場所にはホテルもオフィスビルも飲食店だってあります。

 

関空の次に電源喪失事故に遭うのは私やあなたなのかも知れません。

 

意外にも関空は最悪の事態は免れて 台風による被害前の4割ほどの運航がもう始まっているといいます。もう少しすると鉄道も動き始めるようです。でも状況の好転が、“水浸し”による電源喪失事故への反省・警戒を薄めやしないか。へそ曲がりの私はそんな気がしてなりません。

プロフィール

あきなか