2006年06月

オスグッド

中学2年生 女子 バレーボール部

3週間前から両膝下部に痛みがある。新チームになり練習量が増えた事と、レシバーからライトアタッカーにポジションが変更したことが原因だと説明する。

脛骨粗面に圧痛があり、膝を曲げると痛みがある。

もともと彼女は、腰が痛い、足首が痛い、手首が痛いなど頻繁にケガが多い選手である。
関節と筋肉の柔軟性に欠けるのである。

早速治療にとりかかる。

大腿と下腿の疲労、緊張をとり、動作法で関節軸を整え、立位で最後の仕上げをする。

屈曲時の痛みは1回の治療で半減する。練習を休むように指導したが、なかなかそれが出来ないとのこと。練習をすれば又もどるを繰り返すこと、結局4回目の治療で完治した。

ただでさえ、大腿四頭筋、大腿二頭筋の筋代謝が低下している状態だから、まず練習量を減らすことが大事です。筋肉にも休養が必要です。

解説

筋代謝とは簡単に言えば筋のエネルギー活動のことです。したがって、筋代謝が低いと言えば、筋のエネルギー効率が悪いと言うことになります。
つまり、ある一定の筋活動をする時に通常以上の酸素を必要とし、その分だけ多くの二酸化炭素を排出し、血中の水素イオンの濃度が低下し、その結果、疲労物質である乳酸をより多く産生する状態のことです。

必要な休息をすれば先ほどのガスや乳酸は処理されます。

オスッグト専門治療ページ→こちら

熊本から野球少年が。。。

中学2年生 男子 野球部(ピッチャー)

ネットを見て新米コーチが熊本の人吉温泉から車で3時間半かけてつれて来た。

小学生6年の時から野球肘で悩んでいるらしい。
肘に水が溜まって抜いたこと、練習や試合後にはアイシングしても痛みが残るとのこと。

診察した感じではそこまでひどくなかった。
骨盤、背骨の歪みがあり、筋肉にも疲労がたまっていたので、基幹の型でゆるめ、特に上腕筋は丁寧にほぐし、右肩、肘、手首の関節軸を正常に合わせた。

シャドウピッチングをしてもらうが痛みはなかったので終了した。

コーチが新米なので、上肢の筋疲労のとり方やアイシングのコツや肘の自己療法を教えた。
コーチの話では、身体の線は細いがとても野球センスがあるので期待している選手らしい。
ピッチャーはケガが多いので、こまめに身体の手入れをすることを注意した。

解説
野球肘(上腕骨内側上果炎)は上腕二頭筋と上腕三頭筋を激しく使ったり、或いは使う競技は発症する可能性があります。
この症状が悪化すると関節鼠(離断性軟骨炎)に進行するリスクが高まります。


田中整骨院095-881-1918

初めての自己療法開催

初めて自己療法を開催した。

日曜日はあいにくの雨でした。10時〜12時までの2時間。
テーマは便秘症。参加者5名だったが、キャンセルがでて4名になってしまった。

ホームページにも記していたので、同業者からも3〜4人(県外も)参加したいと連絡をもらったが、自己療法開催の目的は田中整骨院のファン作りなので、丁寧にお断りした。
しかし、近い将来は同業者にも提供しようという計画案は持っている。

コスモス会館で予定定員は30名だったので、急きょ会場を狭い広間に変更してもらい、
アットホームな感じでスタートする。(本当は80畳の大広間)

簡単な自己紹介で始まり、便秘の原因を説明し、実技に入る。

基幹の型 1)松葉ゆらし 2)希望の虹 3)威張り五徳 4)あっち向きこっち向き
をまず覚えてもらう。意外と覚えがいいと関心した。

5)尻枕、縦横ゆらし 6)膝立てちょきん 7)膝立てゆらし 8)なでなでお腹
9)脇腹挟み

これで終了。人数が少なかったので30分早く終った。

自己療法の治療手順のタイトルは楽しいタイトル名になっている。毎日楽しく
自己療法して貰う為です。いつでもどこでも毎日出来るので、私の治療より効果があるかも?

毎月、第4日曜日にある自己療法の年間スケジュールをお知らせします。

7月:腰痛、坐骨神経痛 8月:脳梗塞 9月:喘息 10月:五十肩 11月:うつ病
12月:耳鳴り 1月:花粉症 2月:冷え性 3月:不妊症 4月:頭痛、肩こり
5月:スポーツ障害

来月の腰痛、坐骨神経痛は何人ぐらい参加するのかな〜?
最初から上手くいくことはないので、コツコツやっていきましょう〜

田中整骨院
095-881-1918

オスグッド

高校2年生 男子 野球部

1週間前から、左膝に痛みがでて来院する。野球部のキャッチャーで練習が最近ハードになったそうだ。中学時代から、オスグッドの経験があるので、自らオスグッドが再発したと言うので説明が簡単であった。

脛骨粗面が隆起しているので、殆んど正座したことが無いそうだ。

早速、治療に入る。大腿、下腿の疲労、緊張を○○法で取り除き、膝の周囲を○○法で緩め、膝の動作法、立位での仕上げをやった後、屈伸してもらう、

「先生、曲げても痛くありません!」
もっと深く曲げたらどう?

「少し痛みます」

それだったら、あと2〜3回で治るよ。
治療は3回で終り、オスグッドの自己療法を教え終了した。

解説
オスグッドは成長痛だから時期がくるまで治らないと諦めている人がいますが、この症状は簡単に治癒する症例です。
骨端線発症起因の決定的原因とするなら、子供は全員、大なり小なり発症しなければなりません。しかし、これを発症させるのは男の子で、しかもその殆んどはランニングスポーツをしている子供たちです。
このことから判るように、骨端線はバックグランドであっても、決定的要因でもなければ発症の引き金でもないのです。

痛みの正体は大腿四等筋腱による牽引痛です。
痛みは殆んどの場合、運動時に発します。だから炎症性のものではなく、筋疲労、筋緊張による筋代謝力の急激な低下です。

治療上のポイントは、本来かなり丈夫な筋肉を有していますが、有酸素運動閾値が非常に低い人達なので強い急激な施術は注意が必要です。
そして正確な動作法(手の位置、角度、強さ)です。

オスッグト専門治療ページ→こちら

中足骨の疲労骨折

高校2年生 女子 陸上部

10日前から、右第2中足骨が痛くなり整形外科でレントゲンの結果、疲労骨折と診断される。1ヶ月間の練習禁止と例え試合に出場しても良い記録はでないよと明言された。

高総体まであと5日しかない厳しい状況である。

種目は400メートル。うちの娘は九州大会までいける実力はあると熱弁するお父さんが横で見ている中、治療に入った。

下腿と足の甲側、足底側の緊張を○○法でとり、中足骨の動作法を何回か繰り返す。
その日は、あまり変化はなかったが、2回目になると、劇的な変化をみせた。
歩いても、体重をかけても痛みは解消する。

3回目はさらに変化があった。ジャンプしても痛みはなかった。
4回目、試合当日である。朝6時から治療と中足骨のテーピングして試合会場に直行した。

高総体の結果が気になったので、新聞を見ると第5位で九州大会の出場を決めていた。
九州大会の結果はわからないが、又来年もあるから頑張ってほしい。

解説

疲労骨折の診断であったが、本当に疲労骨折なのだろうか?
経験的に疲労骨折であれば、もう少し治療期間が長くなる。
中足骨の動作転位と判断し、その治療で結果がでたのだから判断は正しかったと思う。

田中整骨院
095-881-1918







踵の痛み

小学6年生 女子 バレーボール部

1ヶ月前から、左足かかとの真裏に痛みがでる。病院で診てもらったが成長痛ということで練習を控えること、塗り薬だけだそうだ。

ジョグ、ダッシュ、歩いても痛みがでる。2週間後には大事な試合があるという。

まず、アキレス腱と下腿の腓腹筋を○○法で緩め、踵の裏を前後左右斜め、あらゆる方向から○○法の手技を使う。

歩かせてみると、「歩いても痛みがありません」

じゃ〜軽くジャンプしてごらん「まだ少し痛みがあります」

これだったら、4〜5回で痛みはとれるから。。。

その通り、5回で治療は終了した。

「最初から、早くここに来とけば良かった」とお母さんがポツリと言った。

解説
小学生、中学生、中年の女性に多い踵の痛みは、今回の手法を使えば数回で痛みはとれます。
この痛みの原因は自然形体では独自の理論で剥離痛と言っています。(筋肉痛のひとつ)圧痛があるのが特徴です。

田中整骨院
095-881-1918


上前腸骨棘の痛み

中学2年生 男子 陸上部

5月頃から上前腸骨棘付近に違和感を覚え、6月になると、歩いても、走っても、寝ていても、身体を伸ばすとき(側屈)、特に朝起きるときは激痛がはしる。

週2回ペースで近くの整骨院に通うが痛みは全く変化なし。左下肢に重心が掛かるので痛みが出たと説明された。

5日後に中総体の800メートルに出場しなければならないので、何とかして欲しいと来院する。

上前腸骨棘の上を押すと圧痛があった。左下肢に体重をかけると痛み、足を上方に上手く上げられない。

骨盤、背骨を調整後、○○法で圧痛をとり、PSISを調整した。
外に出て、ダッシュすること3〜4回確認した。

痛みは70%ぐらいその場とれていた。

「5日後の中総体には、十分間に合うから安心しなさい」
2回目の治療でほぼ痛みは解消した。

帰り際に、母親が「治療後に外に出て、痛みの確認をする先生は初めてです。いつ来なさいとも言わない整骨院が多いのに。。。感激しました」と一言

治療したら、どれだけ変化があったのか、ないのか、確認するのは当然ですよ。
変化がなければ、手法を変えなければならないですからね。

解説
PSISが後方転位し、その状態で練習を継続したので、上前腸骨棘付近に疲労がたまり、
筋肉が緊張して痛みがでたと思われます。
PSISを正常の位置にもどし、筋肉の緊張をとれば痛みはその場で解消します。


田中整骨院
095-881-1918
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ