2007年03月

足の痛み

小学6年生 男子 柔道部

約1ヶ月前、柔道の練習中、大人の人に背負い投げされた時、左足指先から受身をしてしまい第1中束骨付近を痛めた。

その日に病院に行き、レントゲン検査では異常なし、湿布だけだった。
歩いたり、荷重をかけると痛む。小学生最後の試合に絶対出場したいと来院する。

1回目、痛みはあるが軽くなった。手法は○○を使った。
2回目、軽いジャンプなら出来るようになった。
4回目、片足荷重でも痛みは解消。
6回目、確認の為の練習をさせるが、ほとんど気ならない。
7回目、終了。

小学生最後の試合、ベストをつくしてガンバレ!

普通の捻挫ではなかった(中束骨足底付近が腫れていた)ので、あらゆる手法を使ってみた。結局どの手法が一番効いたのか判らなくなった。これは反省すべき点であった。

田中整骨院
095−881−1918

坐骨神経痛

67歳 女性 

3ヶ月前から坐骨神経痛と言われ、病院で電気と牽引をするが痛みが取れないので来院する。歩けば痛む、立ち上がりで痛む、シビレと夜間にうずく。

骨盤、背骨の歪みがあり、背部の筋肉はぱんぱんに緊張している。掃除関係の仕事をしているので姿勢が悪い。

1回目の治療でかなり満足したようで「姿勢が良くなったのがわかる」とニンマリ

2回目、歩行時の痛みが気ならない。

3回目、来院時の姿勢、歩き方が歴然と違うのが判る。

4回目、左下肢のシビレ消失、痛みも解消し、治療は終了した。

解説
坐骨神経痛の主な原因は体幹の歪みである。今回のケースは体幹の歪みだけだったので改善が早かった。
坐骨神経痛も股関節がらみや膝関節がらみがあるとやっかいな疾患になり、もう少し時間がかかるでしょう。

田中整骨院
095−881−1918

肋骨の痛み

80歳 男性 農業

1ヶ月前、車から降りようとした際、1メートル位幅の溝を飛び越えようとして時誤って転倒した。その際左膝と右肋骨を痛める。

病院のレントゲンの結果、骨にひびは入っていないから安静にするようにと湿布と痛み止めの薬だけもらった。治療もなし、アドバイスも無かった。

80歳にしては筋肉、骨格がしっかりしているので回復は早いと思った。(60代後半にしか見えない)

咳をする時と横向きに寝ると痛いと大きな湿布を何枚もしていた。膝は捻ると痛むようだ。

初回の治療で膝の捻りの痛みはずいぶん軽くなったが肋骨の痛みはまだ残存する。

2回目の来院時にたくさんのみかんを頂戴した。ずいぶん痛みが軽くなったので嬉しいらしい。膝はほとんど痛くないと言うので肋骨重点に治療した。

二日後、患者さんの奥さんが(一緒に治療に来ていた)

「お父さんは咳しても、みかんの作業しても全然痛くないので先生に宜しく伝えてくれ」と言っていた。

筋肉と骨格がしっかりしていると年齢は関係ないぐらい回復は早いもんだよ思った。

田中整骨院
095−881−1918

外反母趾

17歳 女子 学生

2ヶ月前から足左第一母指の付け根が痛くなった。いわゆる外反母趾である。クラッシックバレエの練習を週2回やっている。形状はさほどひどい外反母趾ではない。
普段はバレーボールのマネジャーもやっており活発な女子高生である。

初回、治療後痛みは解消するが、バレエの練習時に痛みが出るかどうか確認したかったので
次回それを報告することで治療は終った。

2回目、来院時バレエの練習時も痛みが無いことを確認したので治療はやらなかった。結局1回の治療で外反母趾の治療は終了した。

6月にクラッシックバレエの個人の発表会があり、ダイエットしたいと希望があったので特別に自然鍛錬法のダイエットを指導した。やる気まんまんなので6月が楽しみである。

ダイエットは簡単です、しかし維持するのは難しい。

解説
外反母趾で悩んでいる人は多い。人間を支えているのは、あの小さな足なのだから外反母趾などで足に異常があれば必ず他のところにそのしわ寄せがきます。(膝、腰、首、姿勢など)
形状を整えるには時間がかかるが、痛みをとるのはさほど時間はかかりません。

田中整骨院
095−881−1918

肋骨骨折

39歳 女性 教員

1週間前、別に何もしていないのに突然右肋骨が痛くなった。深呼吸、咳、仰臥位での背伸び、物を取ろうと手を伸ばした時、車のハンドルを回したときなど痛む。

整形外科のレントゲン検査は肋軟骨骨折の疑いがあると診断される。? 治療は湿布と肋骨固定バンドだけだった。痛みは全然変わらないどころか、逆に痛みが強くなっているようだ。

初回、肋骨骨折の新手法をやるがあまり変化がなかったので、体幹を整え調整してから再び同じ手法を試みた。圧痛はまだ残存しているが、深呼吸はかなり楽になった。

2回目、深呼吸、咳、背伸び、手を伸ばした時の痛み、ハンドルを回したときの痛みは解消する。

次の日、痛みが残っていたらもう一度来なさいと説明したが来院がないので、治癒したのであろう。

解説
今までこの症状は痛みを取るのに正直言って苦労していた。最近の学会で肋骨骨折の新手法の発表があったばかりで早速試したのが、今回の症例である。
自然形体は日々進歩しているのを実感した。
最初から体幹を整えて新手法をやれば、もっと早く良い結果がでていたと思う。

田中整骨院
095−881−1918

肩の痛み

14歳 男子 テニス部

2日前、テニスのサーブの練習中(その日は普段の3倍ぐらいの練習時間)右肩がだんだん重たくなり、帰宅する頃には肩が上がらなくなった。2週間後に試合があるので早く治してほしいとの事。中学2年生にしては筋力が弱く、線が細い学生だ。

初回の治療で痛みは激減するが、肩を挙上した時少し引っかかりがある。
2回目、肩も挙上でき痛みは解消、引っかかりも消失したので、練習再開を許可するが、あくまでもラケットを使用した時の痛みの確認したい為と説明する。

2日後、朝一番に電話があり、「全然痛みがありません」とのことで治療は終了した。

解説
ハードな練習で肩関節軸が正常な位置からずれて、筋肉が正しい動きが出来ない状態になり痛みだしたものと思われます。今回は肩鎖関節のズレが原因でした。

田中整骨院
095−881−1918
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ