2007年12月

踵の痛み

11歳 男子 ラグビー部

3日前から左踵に痛みがでる。ラグビーの練習中に時々踵に痛みが出ていたが、こんなに痛くなったのは初めてだったので、ネットで検索して来院する。

歩行時痛、階段時痛、荷重痛、ジョギング痛など左踵の内側が痛いと訴える。

初回で半分の痛みが消える。

2回目、かなり痛みが解消したので、確認の為の練習をするように指導する。

3回目、少しジャンプしたとき痛みがでる程度なのでこれで様子みることした。

痛みが再発したらすぐ来なさいと言ったが、あれから1ヵ月経っても来院しないということは治っているのだろう。

踵の治療で大事なのは、下腿筋の緩め方と○○法の技術だと思います。レベルアップするには症例の経験でしょうか。

田中整骨院


入院中の尾骨の患者さんが。。

43歳 男性 会社員

8月末頃から痔ろうになる。10月25日に痔ろうの手術をする。その後前屈や座るのが困難になり、両手で支えていないと座れなくなる。座位は背もたれがないと座れない。

横向きで寝ているが痛みで目がさめる(そのときは仰臥位になっている)、ブロック注射をするが効果なし。

3日に1回痛み止めの注射をしている状態だと言う。11月末に退院の予定だが退院できる状態ではないらしい。外科的な手術は成功しているし、外科的には何も問題はないと医者は言っている。

レントゲンやMRIで検査すると尾骨がかなり前方転位していると説明があった。手術で尾骨を切除してもいいが、なるべくメスは入れない方がいいと言う。

何とか年内に退院できるように、担当医がネットで調べ当院で治療してみてはどうかと勧められ、入院中だが治療できるか電話で問い合わせしてきた。
(非常にめずらしいパターンである。16年間開業しているが、面識がない医者からの紹介は始めてである。)

車で約30分、必死の思いで来院する(座席にまともに座れないため)

尾骨の痛みをかばっている為、椅子から立ち上がる動作や歩き方が不自然でそれも痛みが出ている。

早速、尾骨を上げる手法を約3分してから
「一度座ってみてください」「あれ〜うそ〜痛くない!」「身体を斜めに倒して尾骨が床に当たるようにして座ってみて」「先生、ぜんぜん痛くない!」と信じられない様子。

「先生、お尻をドンドンしていいですか? ぜんぜん痛くない!」
それから、基幹の型と腰の治療、約30分で治療は終った。

治療する前の顔と治療後の顔の表情がこれほど違った患者さんも珍しかった。

尾骨は前方転位か側方転位がほとんどです。後方転位の場合は少し回数が掛かります。

今回は非常に珍しいケースでした。まず医者から当院に「ここに行ってみたら」と勧めるということ自体始めてだったからです。

ほんとに患者さんのことを考えている担当医でしょう。(医者のプライドを捨てて患者さんのことを真剣に考えている)

すばらしいと逆に感動しました。そしてその担当医に対して非常に関心を持った一日でした。

田中整骨院








ソケイ部の痛み

14歳 女子 バドミントン部

1ヶ月半前から左ソケイ部が痛くなる。バドミントンの試合中突然痛み出した。その後は痛みが右に移った。

右足を大きく前に出し深く曲げると痛む、足を外転すると痛む、しゃがむと痛む。

整形外科で診察してもらうが、骨に異常なしと言われストレッチの指導をされただけだった。

初回の治療からほとんどの痛みが消えた。PSISを調整、股関節の○○法がメインだった。
最後に自己療法を指導して終った。

2回目、来院時少し痛みは戻ったが、あらゆる動作をしても痛みが無いと言うので、練習をして確認することにする。

3回目、練習しても痛みが出ないというので治療は終了した。

ソケイ部の痛みはバドミントンの選手には非常に多い疾患です。
これはドロップショットを取ろうとする際、大きくラケットを持つ側の足を大きく前に出す動作が多いからであろう。その時に股関節や腸骨が微妙にずれるからです。

田中整骨院

ドゥケルバン病

43歳 女性 

7月頃から右親指の付け根が痛くなる。8月に整形で診察してもらうと親指の腱鞘炎と診断。整骨院に毎日通院するが(20回ぐらい)変化なし。

特に20日前から一段と痛みが強くなり、職場の紹介で来院する。(幼稚園の先生)

初回、圧痛がひどい、少し動かしただけで激痛が走ると言う。時間をかけて親指付近をゆるめることにした。

3回目、ずいぶん動きが滑らかになってきたが、ある一定の動きだけが痛みがとれない。

5回目、やはりある一定の動きだけの痛みがとれない。仕事で幼稚園児を抱っこするので痛みがぶり返すのであろう。

7回目、どの方向に親指を回しても痛みが解消したので、治療は終了した。

ドゥケルバン病の解消のコツは第1指付近の筋、腱の緩め方にコツがあります。それと○○手法ですね。

この疾患は手首における代表的な伸筋腱炎の一つで、長母指外転筋腱と短母指伸筋腱が橈骨茎状突起で狭窄された状態です。使いすぎが原因です。

田中整骨院

5月からの踵の痛みが。。

9歳 男子 野球部

今年の5月ごろから右踵が痛くなる。特に朝は踵を床につけることができない。体重をかけるとジンジンする。歩くと痛い、当然走ることができないので練習は5月から中止した。

途中7月頃、練習を再開したが(痛みはあったが、我慢できなかったため)やっぱり痛みがひどくなり、再度練習中止する。

その間、整形ではレントゲン検査は踵骨挫傷と診断され、近くの整骨院に3ヶ月間毎日のように電気とマッサージを受けていたが変化はなっかた。

初回、下腿筋を良く緩め、踵の○○法で治療する、本人は歩行時の痛みが軽くなったと言っているが、足を引きずっている。足の疲労をとる自己療法を指導。

3回目、歩いても痛くないと言っているが、しかし朝は踵を床につけない。

4回目、朝踵をつけても痛くない。

5回目、ジョギングでも痛くない。しかし歩きい方はぎこちない

7回目、朝の痛み、荷重痛、ダッシュ痛も解消したので治療は終了した

今回のケースは、時間が経過している為、脳が正しい歩き方を忘れてしまっているので痛みが取れても、ぎこちない歩き方になってしまうのである。

田中整骨院

ドイツから予約が入る

32歳 男性 ドイツ在住

10月16日に始めてのフルマラソンに出場し、左膝を痛める。その後右膝も痛くなる。
ハーフマラソンは経験あるがフルマラソンは初めてで、ドイツではハーフマラソンの大会が少ないらしい。

10分も走れば両膝が痛くなり走れない、そのうち両ソケイ部まで痛くなってきた。1ヶ月後ドイツの病院で診察してもらったが、言葉の関係で(今年の春ドイツ勤務になったばかり)よく判らないまま、サポーターをもらっただけだった。

年末に故郷に帰国するのでドイツから予約が入った。(「長崎 スポーツ 膝」と検索したらトップで当院のHPにヒットした)

現在は30分走れば必ず痛みがでて、特に階段を下りる時に痛む。もともと腰は慢性的で腰、膝と治療することになった。

初回、基幹の型に膝治療のオーソドックスな治療。まだ練習はしないようにと忠告する。

2回目、階段を下りる時に違和感を訴えるので○○法を加えた。確認の為、今日走るように勧めた。

3回目、来院時、50分走っても全く痛くないとの返事。仕上げの治療をして終了した。

ネットで県外から来院する患者さんは多いが、海外から予約するというのは今回が始めてのケースで、インターネットはほんとに「すごい」と改めて思った。

今回の膝痛はその場で確認できない(30分走らないと痛みがでない)ケースだが、きっと○○法が決め手法だと思っている。そのヒントは30分は走れるから。。。

田中整骨院

一生治らないと言われた腰痛が。。

中学2年生 女子 バレーボール部

10月の始め頃から右の腰痛に悩まされ、ある整形外科で診察すると、椎間板障害と診断される。毎日電気治療、牽引、薬など通院するが全く痛みが取れなかった。

この椎間板障害は「一生治らないでしょう、毎日コルセットを使用しときなさい」と言われた。

バレーボールの監督に当院を勧められ来院する。

歩けば右腰からお尻付近が痛い、歩き方が不自然である。階段の上り下りが痛い。
後屈、右捻転痛を認める。授業中や簡単なバレーのパスやアンダーでも痛いと言う。

骨盤、背骨の歪みを整え○○法を試みる。少しは軽減したが、まだシックリこない。授業中に痛みをとる自己療法を指導する。

2回目、歩いた時の痛みはその場とれる。基本的な自己療法を指導する。

4回目、階段時や歩行時の痛みは取れるが、再度来院する時には戻ってしまうの繰り返し。

6回目、しゃがむと痛いと言い出す。痛くない程度の練習をさせるが、直上パスや対人レシーブでも痛いと訴える。

7回目、4回目から○○法の手法をオリジナルに変更したのが良かったのか分らないが、徐序に結果が出てきたみたいだ。

8回目、普通の練習時にも痛みは無いと言うので治療は終了した。

「一生治らないでしょう」と言われた椎間板障害が8回の治療で練習復帰できたが、今でも医者のその言葉は信じられない。

今回のケースは椎間板障害ではないと思います。仙腸関節がかなり大きくずれたのが原因だと思います。

今回、とっさに思いついたオリジナルの○○法は、「これは使える!」と自負しています。

田中整骨院

膝の痛み

18歳 男子 ハンドボール

1週間前から、左膝が痛くなる。朝の起き掛けは特に痛む。歩けば痛い、つま先立ちでも痛む。体育の先生からの紹介で来院する。(体育の先生は高校時代の一つ後輩)

本人は高総体で膝を肉離れしたのが尾を引いているのでは?と心配しているが、それは考えられないと説明した。

膝関節や大腿四頭筋、ハムストリング筋を緩め膝の決め手法○○法を試みるが、痛みは取れない。

再度挑戦しても、痛みが取れない。こんなはずは無いと少し焦る。

あ!忘れていた。○○法で行こう。

一つの手法で完全に痛みが消失。

2回目は次の日、来院時に朝の痛みやつま先たちの痛みを確認したが、「ウソみたいに全く痛くない」と言う。

仕上げの治療をして修了した。

今回のケースの膝の痛みは、頻度は少ない○○転位だった。この場合一発で劇的に痛みが取れるケースが多い。

田中整骨院

背中の痛み

13歳 女子 バレーボール部

2日前、バレーボールのトレーニングの一環としてやっている倒立歩行中倒れ、床で背中を打った。左肩甲骨付近が痛い。

打撲した関連痛で首を前屈した時と、身体を左右に捻った際特に痛みが出ると言う。

骨盤、背骨を調整、特に胸椎付近の棘突起が右に傾いていた。

頚椎も調整して肩甲骨付近を○○法で調整、前屈痛、左右の捻転痛はかなり軽減した。

2回目、手法は同じ、あまり痛みが無いと言うので確認の練習をするように指導した。

3回目、来院時、アタック、ブロック、レシーブなど痛みが無いと言うので治療は終了した。

中学生女子レベルで倒立歩行の練習はかなりハードだと思うのだが。。。
しかし、これができるようになれば、肩、腕、背筋、バランスが整い技術のレベルアップは確実ですね。

田中整骨院

顎関節症

30歳 女性 教員

4〜5年前から顎関節症と言われ、歯科医でマウスピースみたいなもので矯正するが、変化なし。

朝起きると必ず左アゴ付近から音がする。ここ2〜3ヶ月前から口が大きく開かない。

指2本がやっと口に入る程度。

骨盤、背骨に歪みがあるので、まずこれを調整する。

肩、首、アゴ周辺を○○法と○○法でよく緩める。

顎関節症の決め手法の○○法を試みる。

軽く指3本まで入るようになるが、音はまだ残る。治療後、顎関節症の自己療法を指導した。

3回目、音が軽減したのが良く分る。口も大きく開けるようになった。

4回目、音は完全に消失したので治療は終了した。

レベルの差はあるものの、30人に一人は顎関節症だと言われています。痛みをとるだけだったら、ほんの数回で解消します。

顎関節症は特に自己療法が抜群の効果を出しますね。

田中整骨院

Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ