2008年07月

開帳足での足裏の痛み

52歳 女性 開帳足の足裏の痛み

3ヶ月前、犬の散歩をしている時に左足第4指中足骨裏付近が痛くなる。
そのうちに治るだろうと様子をみていたが、一向に変化がないので
整形外科でレントゲンを含め検査してもらう。

その結果「開帳足」からくる足の痛みと診断された。
中足骨が平になり、そこにストレスが蓄積し痛みが出ていると説明された。

靴のインソール(中敷き)を勧められたが、その後通院はしていないとのこと。

歩けば痛む、体重を乗せるとさらに痛む、長く歩くことが出来ない。

初回、第4中足骨が下方転位しているだけで、それを上に挙げるようにすれば
痛みは解消しますと説明した。

治療後、足裏の痛みを確認すると、その場で痛みは半減した。
「違う、違う、いつもと全然違う!」

2回目、昨日と同じ内容で治療する。痛みは全く消滅した。体重をかけても、
ジャンプしても痛みは無かった。

今回のケースは開帳足との整形の判断でしたが、自分としては開帳足だとは思いませんでした。

足が扇状にひらいている訳でもなく、外反母趾があるわけでもなく、魚の目、たこがあるわけでもありませんでした。

ただ中足骨のアーチが正常な位置になかっただけです。
もし開帳足であれば、たった2回の治療で治るわけがありませんからね。

田中整骨院

オスグッド病

小学6年生 女子 バスケットボール部 オスグッド

5月の初め頃から両膝が痛くなる。痛いのを我慢しながらプレイしていたが、限界を感じ病院で検査をする。診断名「オスグッド」

2ヶ月間、練習を中止するように言われた。その間、近くの整骨院に1週間に1度のペースで通院するが全く変化がなかった。

ぎりぎりのメンバーでのミニバスケットの大事な試合が明日あるので、少しでも痛みが和らげばとHPを見て来院した。

最初は左のオスグッドだけだったのが、現在は特に右のオスグッドがひどい。
両膝をかばって両アイキレス腱痛、左の外反母趾の痛みも併用していた。

初回、女性のオスグッドは男性に比べて改善が遅いと説明した。1回の治療で明日の試合、何処まで回復するか心配だが、もてる技術は全部出し切って治療した。
オスグッドのストレッチを指導し初回の治療は終った。

2回目、来院そうそう、お母さんが「昨日は3試合して、第1試合目は全然痛くないって言っていました。いつも足を引きずりながらプレイしているのに。。」
「2試合目、3試合目から徐々に痛みが出てきたみたいです」

3回目、外反母趾、アキレス腱の痛み解消する。深くしゃがんでも痛みは消失する。

5回目、裏の駐車場(30メートル)をジョグギング、全力ダッシュしても痛みが出ないというので治療は終了した。

女性の場合のオスグッドは回復が遅い場合が多い、筋肉の質の違いを(男性と比べると)感じます。
男性に比べて、女性はオスグッドになる頻度は少ないが、最近女子のオスグッドの来院が多いな〜

田中整骨院

有痛性外けい骨

小学6年生 女子 バスケットボール部 有痛性外形骨

2週間前からバスケットの試合中、左右の舟状骨付近が痛くなる。すぐに整形外科でレントゲン検査をすると
「この足の痛みは偏平足が原因」と診察された。

治療は足先を使ってグーチョキパーを毎日20セットすることと、足先でタオルを引き寄せる(タオルギャザー)を指導された。

痛みは全く変化が無いので、近くのN整骨院に行った。そこでは殆んど説明もなく、電気、アイシング、マッサージ、テーピングされ、昨日まで毎日通院したが、これも全く変化が無かったそうだ。

オスグッドで治療に来られている患者さんのお母さんに紹介され来院する。

歩いたぐらいでは、痛く無いが、ジョギング、ダッシュすると痛くなる。
有痛性外形骨の説明、右股関節痛や腰痛もあったので、ついでに治療した。

有痛性外形骨の治療ポイントは****と*****である。

2回目で股関節痛、腰痛は解消する。

3回目の治療後、当院駐車場(30メートル)でジョギングの確認をするが痛みは無し。
次は50%のダッシュで確認するが痛みは無し、次は全力のダッシュで確認をするが痛みは無し。

有痛性外形骨の治療は終了した。

整形では偏平足が原因と診断されたと言っているが、足裏を良く見ても偏平足ではなく、土踏まずもしっかりとあるのに。。。。なんで偏平足なんだろう?不思議である。

田中整骨院

シンスプリント

高校1年生 女子 陸上部(長距離)

中学1年生の時からシンスプリントで良くなったり、悪くなったりの繰り返し。
6月の前半にロードレースを走ってから、又再発した。

近くの整骨院に3日に一度の回数で通院していたが変化が無くネットを見て来院する。

典型的なシンスプリントであったが、重症ではなさそうだ(走らないと痛みが確認できない)
重症であれば、歩いても痛みがでるからだ。

治療後、下腿筋のストレッチと下肢の疲労をとる自己療法を指導する。

2回目、20分のジョギングならOK。

4回目、40分のロードならOK

5回目、痛みは無し

シンスプリントの原因は疲労です。特に陸上部のスポーツ障害の殆んどが疲労の蓄積です。
いかに毎日トレーニングの疲労を残さないかが大切になります。
それには、睡眠、休養、バランス良い食生活、アイシング、ストレッチ、痛みとの対話、などが重要になります。

なんでもかんでもガムシャラに練習すれば早く走れるのか?。。。そんなことはありません。休養も練習のうちです。

自分の痛みと対話する、痛みと会話する習慣を持ちましょう。痛みはあなたに合図を送っています。痛みはあなたに信号を送っています。
耳をすまして痛みの信号を聞いてください。必ず聞こえるはずです。

「もう少し休ませてください」って

自分をコントロールできない選手は決してトップアスリートにはなれません。
当然です!自分をコントロールする能力がないのだから。。。

田中整骨院


尾骨が痛い

32歳 男性

2日前、川遊びで橋の欄干から川面(3階ビルの高さぐらい)にお尻から飛び込んで遊んでいた際、尾骨を強打する。

次の日、尾骨の激痛で座れない。整形外科でレントゲンを撮ると「尾骨がずれている」と診断された。湿布、痛み止めの薬、コルセットを着用すること、1ヶ月もすれば痛みは徐々に取れるでしょうとのこと。

明日から2日間熱海で研修があるので、車で2時間かけて福岡から何とか来院する。

左尾骨に圧痛がある。立ち上がる時に痛む。座ると痛む。

早速、尾骨の手法をするが痛みがとれない。この手法を数回やって変化が無ければ、尾骨のズレが原因ではないと判断する。

残るは骨盤の歪みしか考えられない。いろいろ骨盤の調整をするが痛みはとれない。
(骨盤の歪みは、人それぞれで複雑に歪んでいる場合は非常に難しい)

師匠の山田先生に電話でアドバイスを受け、座位で*****するようにする。

痛みは取れ、2日間の研修も何とかなりそうです、と笑顔で帰られた。
2時間の車中で、骨盤が戻らないことを願うだけです。

手法に困った時は、すぐ師匠の山田先生に電話することにしています。患者さんの身体も見ていないのにもかかわらず、的確なアドバイスを頂けるので本当に助かっています。

田中整骨院

バネ指

61歳 女性

今年の2月頃から、右第3指が痛くなる。病院で検査するとバネ指と診断された。
毎日のように通院するが、一向に痛みは変わらず、最後には手術を勧められた。

バネ指も色々な程度があるが、このケースは重症の部類に入ると思った。

初回、正直言ってあまり変化が無かった。バネ指の自己療法を指導する。

2回目、来院時、あれから家に帰ってから、すこぶる調子がいいと上機嫌。

4回目、中指の引っかかりが無くなった。

治療した時はいいが、又戻ってしまうの繰り返しが続く。

15回目、1日置きに約1ヶ月間の治療で完全に改善した。

今回のバネ指は重症でした。バネ指の治療ポイントは屈筋腱を*****をすることと
*****です。

バネ指の特徴は良い治療結果が出ても、又症状が戻ることです。これが何とかならないものかな。。。。

田中整骨院
12歳 女子

5月の中旬ごろ、縄跳びで遊んでいる時、バランスを崩し左手を着いて転倒、その際痛める。整形外科でレントゲンを撮ると成長軟骨が骨折していると言われた(意味が良く判らない?)
外せる固定用ギプスを昨日までつけていた。
力を入れたら痛む、背屈、底屈、回旋痛、手を床につけない、痛くてピアノが弾けない。

初回、左上肢、特に前腕を緩め、手首の動作法でかなり改善するが、手を床につくと痛い。

2回目、手首のストレッチ指導、一度ピアノを弾くように指導。

3回目、手をついてもOK.ピアノは5分弾けば痛む。

5回目、普通にピアノの練習をしても痛くないので治療は終了した。

「こんなに早く治るなんて。。。病院でのあの2ヶ月間はいったい何だったんだろう?!
もっと早くここに来とけばよかった」とお母さん

「成長軟骨が骨折?!」初めて聞きました。ただ単純に動作転位でした。約2ヶ月間手首を使っていなかったので、筋肉が弱っていました。
改めて動作法のすごさを感じています。

田中整骨院



手首の痛み

12歳 女子

5月の中旬ごろ、縄跳びで遊んでいる時、バランスを崩し左手を着いて転倒、その際痛める。整形外科でレントゲンを撮ると成長軟骨が骨折していると言われた(意味が良く判らない?)
外せる固定用ギプスを昨日までつけていた。
力を入れたら痛む、背屈、底屈、回旋痛、手を床につけない、痛くてピアノが弾けない。

初回、左上肢、特に前腕を緩め、手首の動作法でかなり改善するが、手を床につくと痛い。

2回目、手首のストレッチ指導、一度ピアノを弾くように指導。

3回目、手をついてもOK.ピアノは5分弾けば痛む。

5回目、普通にピアノの練習をしても痛くないので治療は終了した。

「こんなに早く治るなんて。。。病院でのあの2ヶ月間はいったい何だったんだろう?!
もっと早くここに来とけばよかった」とお母さん

「成長軟骨が骨折?!」初めて聞きました。ただ単純に動作転位でした。約2ヶ月間手首を使っていなかったので、筋肉が弱っていました。
改めて動作法のすごさを感じています。

田中整骨院
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ