2008年10月

オスグッド

13才 男子 テニス部 オスグッド


今年の8月頃から両膝が痛くなる。我慢して練習を続けていたが、さらに酷くなり
整形外科の門を叩いた。
レントゲン検査の結果「オスグッド」と診断された。

病院ではレーザー治療とマッサージだった。変化がないので、近くの整骨院に通うが、
ここも全く変化がなかった。

当院のホームページを見て、島原半島の先から(約1時間30分)来院された。

初回、治療後、しゃがめるようになった。オスグッドのストレッチとアイシングを
指導する。
2回目、正座も出来るようになった。
3回目、練習に復帰する。練習後少し痛くなる程度。
4回目、完全に痛みは消失したので治療は終了した。

オスグッドになる人には必ず共通することがあります。それは身体が硬いということです。
身体が柔らくて、オスグッドになった選手を今までに見たことがありません。

そのくらい、柔軟性に欠ける人ばかりです。
とにかくストレッチの必要性を、しっかり説明することと、正確なストレッチを
しているかが重要になります。

田中整骨院

テニス肘

46歳 女性 テニス肘


7月から右肘が痛くなる。整形外科で診察すると「テニス肘」と診断された。週2回ペースでレーザーあてに通院している。

3年前も同じテニス肘になり回復するのに4ヶ月間かかった。趣味でバドミントンをやっていて、最近試合があった為、無理な練習が続いていたのが原因だろう。

重症のテニス肘で、包丁が持てないので左手で料理は作っている。雑巾や布巾がしぼれない。やかんを持てない、お風呂の湯を片手でくめない、風呂掃除ができない、ノブが回せない、洗濯バサミができない、ハサミが使えない、食器が持てない、など日常生活に支障がでている。

初回、屈伸、回内で痛みがでる。かなり重症である。治療後、肘のストレッチを指導する。
バドミントンの練習はしばらくの間中止してもらった。

5回目、随分痛みは軽減したが、上腕骨外側上果のピンポイントの痛みがとれない。

6回目、MC治療を追加するようになった。

7回目、タオルをしぼった状態でMC,洗濯バサミを挟んだ状態でMCをすると痛みが消失する。

8回目、治療後は痛みが消失するが、翌日になるとピンポイントの痛みが又もどるの繰り返しが続く。

10回目、バドミントンのラケットを握っても痛みはでなくなったので、やっと練習再開する。練習を続けながら治療することで現在も継続している。

肘の痛みは少し時間がかかる部位でもあります。その理由は関節よりも靱帯を痛めているケースが多いからです。

それと、なかなか肘を安静にできないというところがあります。歯を磨くにしても、顔を洗うにしても、どうしても肘を使ってしまう。

今回初めてMC治療を使用してみたが、MC治療してから数段治療結果が良かった。
これはいろんな部位に使える印象を持った。

田中整骨院

またまた超重症オスグッド

13才 男子 バスケットボース部 オスグッド


今年の4月頃、右膝が痛くなる。痛みを我慢して練習していると、今度は左膝も痛くなってきた。

5月に整形外科で診察してもらうと、「オスグッド」と診断された。左膝は生まれつきお皿が欠けていると言われた。

病院の治療はストレッチと湿布と電気治療だった。良くなるどころか、だんだん酷くなってきた。同じバスケットの仲間が、当院の治療を受けてオスグットが治ったと聞いて来院する。

初回、少し膝を屈曲しただけで痛みがでる超重症のオスグッドだった。1ヶ月間練習は中止している。
治療後、ほとんど変化がなかった。(最近オスグッドでも重症者が多いような気がする)

初回でほとんど変化がないというのは珍しいことで、普通にやれば何か変化はあるものだが。。。それだけ重症だと言うことだろう。

ストレッチを指導するが、足先を掴むことが出来ないので、まともなストレッチが出来ない。(これも珍しい)できる範囲でストレッチをするように指導する。

2回目、治療後、痛みなしで、しゃがむことが出来た。

4回目、修学旅行の2泊3日(京都、大阪)で両膝の痛みは無かった。

5回目、ダッシュしても痛みは無いというので治療は終了した。

スポーツ障害専門でやっていると、普通レベルのオスグッドはあまり来院しない、超重症患者のオスグッドが増えてくる。

これも仕方ないことでしょう。超重症オスグッドの皆さん、悩まないで諦めないで当院の治療をすぐ受けてくださいね!

田中整骨院

頚椎症

50歳 男性 ディスクワーク 頚椎症

慢性的に左の首から左上肢に痛みとしびれがあった。時に8月頃から酷くなり、レントゲンを撮ると「頚椎症」と診断された。

椎間板の狭小化と骨棘を認める。

朝は必ず痺れが酷くなり、午後からは薄らいでいくそうだ。

近くの整骨院に通うが(10回程度)全く変化がなかった。

運良く当院のHPを見て来院した。

後屈痛、左捻転痛、左側屈痛が顕著だった。
治療後、痺れは消失していた。姿勢が悪い為、姿勢を良くする自己療法を指導した。

2回目、1週間後の治療である。あれから1週間しびれは無かった。非常に楽になり、仕事がはかどるようになった。後屈痛は若干認める。

4回目、痛みも痺れも全く出ないので治療は終了した。

典型的な頚椎症だと思います。左の椎間板が狭くなっているので、そこを広げるような治療に専念しました。

長時間PCのディスクワークの為、姿勢が悪くなっているのも原因のひとつです。
姿勢が悪くなると、項筋の機能が低下して行きます。(背筋も含めて)そうすると首の支持力が低下しますから、頚椎に負担がかかり変性が始まるのです。

その変性が骨棘です。

田中整骨院

野球ピッチャーの腰椎分離症

中学3年生 男子 野球部(ピッチャー) 腰椎分離症

去年の運動会のリレー競技中、突然腰に激痛が走り動けなくなり、救急車で運ばれる。

整形外科のレントゲン、MRI検査の結果は腰椎分離症だった。
その後、5ヶ月間も練習中止。コルセットと超音波の治療を行う。

中学3年生にしては立派な体格をしていた。5ヶ月間も練習していないせいか、少し
太めであった。(なんと5ヶ月間も練習中止とは、もったいない話である)

症状としては、身体を後ろに反らすことが一番辛いと言う。(分離症特有の症状)
治療後、後屈痛は消失する。姿勢が悪いので、姿勢を良くする自己療法を指導した。

2回目、来院時の後屈痛はあるが、治療後の後屈痛は解消する。
    この繰り返しが続く。

3回目、卒業後は私の母校の野球部に入学すると聞いて、色々とアドバイスすることになった。
ピッチャーというので、球速スピードアップしたい願望があり、その方法を指導した。

(当院に通院する野球選手には配布している。「球速スピードアップの法則」
 8ページのプリント)

5回目、痛みが無いと言うので、しばらく様子をみることにした。

その間、「球速スピードアップの法則」に記しているように、下半身のトレーニング
をコツコツとやってもらいたい。野球はなんと言っても下半身ですからね。

今回のケースは腰椎分離症です。分離症の大半は第5腰椎に発生しますが、時に
第4腰椎にも認められます。瞬時に前、後屈と回旋を繰り返す種目(体操、柔道、野球
サッカー、重量挙げ、バレーボール、バスケットボールなど)が多いです。

腰の前屈動作と後屈動作を繰り返すことによって、下関節突起がテコ作用となり
下位の椎弓を疲労骨折と考えられています。

丁度、飛行機が何十万回とフライトを重ねるうちに機体が風圧により金属疲労を来たして
やがて破損する状態とよく似ています。

田中整骨院


超重症オスグッドが熊本から。。

中学1年生 男子 サッカー部 オスグッド

約1ヶ月前から両膝が痛くなる。近くの整骨院に1ヶ月通院するが全く変化なかった。
オスグッドと言われ、電気とマッサージの治療を受ける。
あまり酷いオスグッドなのでストレッチはしなくていいと言われた。

学校の階段も一段ずつしか昇降できない。歩いても痛みがでる。息子の膝の痛みを
見かねて、熊本から来院した。

今まで何十人とオスグッド患者を見てきたが、本当に超重症患者であった。

初回、治療後あまり変化がなかった。(こんなことはめずらしいのである)

オスグッドのストレッチを指導するが、あまりにも筋肉の柔軟性に欠けるのでストレッチが
出来ない。(これも初めての経験であった。熊本の整骨院の先生がストレッチをしなくても
いいと言われた意味がここで判った)

立位でのストレッチは痛くて全く出来ない。側臥位でのストレッチがかろうじて
(足先をつかめない、脛骨の上部をつかむ)できる程度であった。

次の週、泊り込みで続けて3回治療することになった。

治療家生命をかけた真剣勝負である。(オスグッド専門治療院の名にかけて)

1回目、治療後、痛み無しでしゃがむことが出来た。
2回目、立位でのストレッチが出来た。
3回目、正座が出来た。

お父さんが「すごい!」を連発する。

帰り際に「うちのサッカー部にはオスグッドの選手が沢山いるんですよ」
と言っていたのが印象的だった。

全国にオスグッドで悩んでいる選手は山ほどいるのでしょうね、きっと。
オスグッドは必ず治りますから、安心して当院の扉を開けてください。

佐賀、福岡、熊本、大分からでも来院しています。
泊りがけで3回治療して帰るパターンが多いですね。

田中整骨院

三叉神経痛

67歳 女性 三叉神経痛

約1年半前から右顔面(特に鼻から目の周り)から右後頭部まで痛くなる。時には激痛で
寝れないことも何回もあった。

脳神経外科でレントゲンやMRIの検査の結果三叉神経痛と診断されたが、生まれつき副鼻腔がない(意味がよくわからない)ということで耳鼻科を紹介され、しばらく耳鼻科に通院する。その後、激痛がひどくなり大学病院に変わる。

しかし、これと言った治療がなく投薬だけを続けていた。
特に食事と会話をすると顔面の痛みがひどくなる、そしていつおそってくるか判らない
激痛の為、ウツ病になっているようだ。

老人特有の腰痛と変形性膝関節症も持っていた。
今回の三叉神経痛は腰痛治療3回目の時に知った。それまでは腰痛と膝の治療をしていた。

本人曰く、どうせ治らないだろうと諦めていたので問診時には言わなかったそうだ。

自然形体での三叉神経痛は****が原因と考えているので、手法は基幹の型と
****である。

治療後、痛みは消失していた。本人もびっくり!(私も正直びっくり!)
完全に諦めていたのだから。。

喜んで帰られたが、あれから自宅帰って3時間後ぐらいに又痛みが出たとのこと。
それからは、治療すると痛みが消えるが、夜になると痛みがぶり返すの連続である。

10回目ぐらいから、夜になると痛みはぶり返すが、かなり痛みは薄らいでいるようで
最近は顔の表情が非常に明るくなった。
とうとう治療20回目、完全に三叉神経痛は消失した。

「あの1年半の激痛は、いったい何だったんでしょうね」と時々笑いながら言っている。

今回の三叉神経痛は超重症部類のケースでした。身体全体の歪みがひどいのが原因だと
思われました。筋力が無いので骨盤と背骨の支持力がかなり低下していました。
本人も指導した自己療法を真面目に行われたのが良かったと思います。

田中整骨院

土踏まずの痛み

中学2年生 男子 サッカー部

1週間前から左土踏まずが痛くなる。サッカー部に所属しているが、今度駅伝大会に借り出されることになり、毎日多い時には7キロ走っていた。サッカーの練習と駅伝の練習でオーバーユースが原因である。

荷重痛、圧痛、ジョギングでも痛みを訴える。

土踏まずの痛みだが、治療内容は足底筋膜炎の手法を行った。自宅での自己療法として、
下腿のストレッチ、アイシング、足裏のセルフマッサージの指導をした。

駅伝の練習は治療期間中は禁止した。中途半端な練習が治り方を遅くすることを十分に説明し、大会までには必ず間に合うように約束した。

5回目、治療後、普通の駅伝の練習を勧めた。確認の為の練習である。

6回目、普段の練習で全く痛くないことを確認して治療は終了した。

今回のケースはサッカーと駅伝の掛け持ちの練習しすぎのために起こった「疲労」が原因でした。
休養も練習のうちと考えるようにしたいですね。

痛めた足を引きずりながら練習を継続しても、良い結果は望めません。逆にその痛みをかばって、膝にしわ寄せが来たり、腰が痛くなったりする可能性が出てきます。

中途半端な練習が良くありません。

田中整骨院

股関節の痛み(ソケイ部)

高校2年生 男子 野球部 股関節痛(ソケイ部)

1週間前から右ソケイ部付近から股関節にかけて痛む。長崎から大分に野球留学をしている選手だった。今日治療が終ったら大分に帰るという。

右足を挙上すると痛みがあり、上手く上がらない。投球時の腕を振り下ろすような動作時に痛む。

股関節を正常な位置にもどす手法とソケイ部付近の筋緊張を緩め、動作法で約80%の痛みが消失した。

動作法も主に*****が効果があったと思う。

この場合、練習を再開すると又痛みがもどる可能性があるので、もう2〜3回治療した方がいいのだが、残念がら1回しか治療できないので仕方がない。

今回のケースは腸腰部構成筋群の筋性痛で、自然形体では動作転位の痛みと解釈して治療します。

主にランニング系のスポーツでサッカー、マラソン、バスケット、バドミントンなど、運動負荷が腸腰部に掛かりやすい競技で多発します。

田中整骨院
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ