2008年11月

土曜日が九州大会なのに。。

中学1年生 女子 オスグッド

1週間前から左膝が痛くなる。小学6年生の時にオスグッドの経験があるので「オスグッド」と判断して監督と一緒に来院した。

長崎県駅伝大会で優勝したので、今週の土曜日、佐賀県で九州大会に出場するようになっている。

今日が火曜日、木曜日の午後には出発するので、出発する午前も治療するとしても、3回しか治療出来ないことになる。3回でオスグッドを完治させなければならない。

経験上、女子のオスグッドは治りが遅いことを知っている。

話を聞くと、本人はバレーボール部に所属しているが、陸上部の長距離選手は少ないので、各クラブから選ばれて出場しているとのこと。

それも5人中4人が陸上部以外の選手だという。

それで、県大会優勝は「すごい!」

なんとしても、土曜日にはベストコンデッションで走れるようにしようと思った。

初回の治療で、何とかしゃがむことが出来た。オスグッドのストレッチを指導した。
何とか間に合うような手ごたえを感じた。

2回目、昨日とは全然違った。土曜日には間に合うと確信した。

3回目、来院時、ジョグ、ダッシュは痛くないと言う。階段時の下りるとき、少し違和感がある程度、これなら大丈夫!治療後、これから開催県の佐賀に出発するという。

3回の治療で間に合って、ホッとした。

九州大会、そして全国大会(山口県)と頑張ってほしい!

彼女は背が低いから、バレーボールではなくて本格的に陸上を始めたほうが、いろんな意味で可能性が高いよと話したら、「やっぱり、バレーが面白いから。。」

陸上の長距離だったら、かなり面白い選手になりそうなんだけな。。。

田中整骨院

鵞足炎

中学2年生 男子 陸上部 鵞足炎


4〜5日前、左膝内側が痛くなる。整形外科でレントゲンを含めた検査をすると筋肉の炎症と診断され、レーザー治療とアイシングした。

しかし、全く変化が見られなかった。県大会も2週間後と迫ってきたので、慌てて監督が当院に連れてきた。チームのエースだから大会に間に合うようにお願いされた。
チームの柱の彼がいなかったら試合にならないそうだ。

ジョギング痛、ダッシュ痛、階段痛、特に左膝脛骨粗面の内側の圧痛は顕著であった。

最初は内側側副靱帯の炎症かなと思ったが、圧痛部位が違うので「鵞足炎」を疑った。

動作法も全く効果はない。ひたすら縫工筋、薄筋、半腱様筋を****法で緩め、膝内側の圧痛をとる手法に徹した。

下肢のストレッチ(特に大腿内側)を指導して初日は終った。当然練習1週間は禁止した。

3回目、圧痛も随分軽減した。ジョグも痛みは無いと言う。

5回目、膝の捻じれの痛みも解消した。練習も再開した。今日は4キロ走ったが、1キロあたりで違和感を感じる。

8回目、タイムトライアルでMAX2キロを走ったが、1キロあたりでやはり違和感がでる。本人は70%ぐらいは回復していると言っている。

今日の時点で今回の県大会のメンバーから外されてしまった。残念ながら監督の方針だから仕方がない。

長崎県中学駅伝大会が始まった。結果はトップとの差、7秒で堂々2位だった。九州大会の出場権は確保した。九州大会の成績いかんでは全国大会も可能性はある。

次は佐賀県で九州大会がるので、この大会には何が何でも出場しなければならない、引き続き継続して治療する。

もう鵞足炎の痛みではなく、膝周りの靱帯の炎症に変わっていた。普通の人であれば、ここまで回復すれば、もう治療は終了しているのだが。。。。

鵞足炎は大腿屈筋群を形成している筋のうち、薄筋、縫工筋、半腱様筋の末端は腱状になって、下腿の脛骨の上部に付着している。

これが鳥の足のように3本になって、ガチョウの足ように見えるので鵞足と呼ばれている。
つまり鵞足炎とは鵞足部に付着しているこれら3つの腱の炎症です。

原因は鵞足筋の使いすぎ、大腿骨内側上果の凸状の形状が大きいと鵞足が擦れやすくなるため、炎症しやすい、鵞足筋、腱の硬化、短縮も要因の一つに挙げられる。

ストレッチは大腿の裏や内側がストレッチされることを意識して行う、そしてアイシングは必要です。

田中整骨院



膝の痛み

33歳 女性 ひざ痛


昨日、ミニバレーをしている時、右膝を痛める。学生時代からバレーボールをしていて、約8年前に同じく右膝痛めた時に手術を勧められた経験がある。

その間時々、右膝がはずれるような感じはしていた。

ひざの屈伸、特に伸ばすときの痛み、膝を捻転した時の痛み、正座ができないなどを訴える。

初回、一通りの膝の治療を終えた感想は、膝の支持力が弱い、つまり不安定さを感じた。
治療する前とは、治療後は確かに全然違うが、完全ではなかった。

膝の自己療法を指導し、その日は終った。

2回目、前回と違って、膝を捻転して痛い方向が逆になっていた。捻じれの痛みを丁寧に時間かけて調整した。

膝の周りの緊張を****法でとり、***法を細かいテクニックを使用した。

屈伸痛、捻転痛、正座も完全に痛みは消失した。

今回のケースは膝の捻じれが主な原因でした。色んな方向に微妙に捻じれていました。やはり膝関節の不安定、支持力低下が捻じれを作り出すのでしょう。

現在は多種多用の膝サポーターがありますので、自分の膝の症状に合ったサポーターを買い求め活用してほしいですね。

田中整骨院

女子のオスグッド

小学6年生 女子 バスケットボール部 オスグッド病


9月後半頃から両膝が痛くなる。整形外科に行くと「オスグッド病」と診断された。

病院では湿布とストレッチを指導され、成長痛だから成長が止まるまで、上手に付き合っていくしかないと言われた。

次に近くの整骨院に行くが、電気治療とマッサージで全く変化が無かった。

どこの病院や整骨院でも、このパターンだ。

痛みがさらに悪化してきたので、友人の紹介で当院の扉を叩いた。

初回、右脛骨粗面がかなり隆起していた。圧痛も酷い。熱もかなり持っていた。
治療後、オスグッドのストレッチを指導した。当院のストレッチは整形外科のストレッチと違うので、整形外科のストレッチは忘れて貰った。

少し屈曲しただけで痛みが出ていたのが、痛み無しでしゃがめる様になった。

2回目、1週間に1回ペースしか通院できないので、又少し痛みが戻っていた。膝の捻りの痛みがあったので、調整する。

3回目、バスケットボールと小体連の競技ため、二重のスポーツをやっているので、又少し戻っていた。

4回目、小体連の競技は終ったので、練習量が減ったので回復が早くなっていた。
(オスグッドを早く治そうと思ったら、練習量は減らさなければいけない)

5回目、痛みは完全に消失したので終了した。

女性のオスグッドは回復が、男性に比べ遅いように思います。(今までの治療経験で)
なぜ?と聞かれても現在のところ判りません。

男性に比べて女性の靱帯や筋肉の機能が低いからかもしれませんね。

田中整骨院

シンスプリント

16歳 女子 バレーボール部 シンスプリント

9月前半、右下腿の内側が痛む。近くの整骨院に行くと「シンスプリント」と言われた。
毎日、電気治療、マッサージを受けるが全く変化が無かった。

10月中旬ごろが一番痛みのピークで、立っているだけでずくずく痛みが出ていた。

痛いながらも練習は我慢して行っていたが、とうとう限界を感じ来院した。

歩行痛、ジョギング痛、ジャンプ痛、荷重痛、横のステップ(横移動)が痛む。

左膝前十字靱帯を手術(1年前)している関係で、左膝の動きは悪い。

初回、シンスプリント治療後下腿のストレッチ、アイシング、足底のセルフマッサージなど指導した。

練習は監督に説明して、特別メニューで練習量を減らすか、中途半端を止めて、全く休むかアドバイスをしたが、「それは無理です」とのことだった。

2回目、1週間後に来院する。来院時に施術後の様子を聞くと
「あれから、痛みは出なくて、昨日から又痛み出した」と言う。

3回目、来院時、練習中は痛みは無いが、練習後に少し痛みがでる程度になった。

県大会が近づき、練習時間が遅くなるから治療に来れないので、しばらく様子を見ることになった。

脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)はランニングやジャンプ、ダッシュなど繰り返すスポーツ活動によって発生する下腿中央から下部にかけての内側の痛みを言います。

原因は下腿の筋肉(後脛骨筋、長指屈筋、ヒラメ筋)や筋膜、骨間筋などが脛骨の骨膜を異常に刺激して骨膜に炎症を発生させるためと考えられています。

田中整骨院










明日サッカーの試合なのに膝が。。

14歳 男子 サッカー部

昨日サッカーの練習中、ボール蹴った際左膝を痛める。膝の屈伸やジョギング、膝を捻ると痛い、など。

明日、サッカーの試合があるので何とか出たいと言う。

実は昨日、佐賀県から来た半月板損傷の疑いがある患者さんの膝の痛みが1回の治療で良くなり、偶然その人から「すごいよ!」と聞いて来院した経緯があった。

この膝痛は膝関節の捻じれが原因だと思った。

いつものように身体を真っ直ぐして、膝の周りを緩めて、膝関節の捻じれをとる***の施術を行う。

「あれ〜痛くない!」と言う。

当院の裏の駐車場を走って確かめることにした。ジョギングで痛み無し。次はダッシュで痛みは無し。

「すげ〜すげ〜」を連発する。

明日、試合に出れることを確認してから治療は終了した。

今回のケースは、膝関節の軸が捻じれて痛みを出していたものと判断しました。膝痛は本当に捻じれが絡んでいる場合が多いですね。

田中整骨院

野球肘

中学2年生 男子 野球部 野球肘

2週間前から右肘内側が痛くなる。軟式野球の練習がハードになった。内野手だがキャッチボールしただけでも痛む。

一年前も野球肘で当院に通院していた。今回は肘を回外すると痛いと訴える。当然圧痛もひどかった。

初回、上肢を緩めるが、特に上腕筋と前腕筋は十分に緩める。動作法を試みるが、今回は特に****法を使い時間をかけて治療した。練習は痛みの無い程度の練習をするように注意した。

2回目、今までのストレッチにプラスして特に野球肘の****ストレッチ2種類を追加して指導した。

5回目、調子がいいと言うので、普通の練習を勧める。想像以上に回復が早いと思う。

6回目、来院時、普段の練習でも痛みは出ないというので、最後の仕上げの治療をして終了した。約1ヶ月の期間だった。

今回のケース野球肘(上腕骨内側上果炎)は前腕の屈筋群と回内筋群の使いすぎによって、肘の内側上果部で腱や滑膜が炎症を起こしたものです。

前回(1年前)の野球肘の痛み消失より、今回は数段早くなりました。その理由はストレッチの追加と****法を時間かけて行ったことが良かったと思います。

田中整骨院

かかとの痛み

11歳 男子 陸上部 かかとの痛み


7月末ごろから左かかとが痛くなる。歩いても痛い、体重を乗せると痛い、階段時に痛い、
当然ダッシュすれば、さらに痛みが強くなる。

明後日、試合があるので走れるか心配している。

初回、かかとの周りを十分に***法で緩め、動作法、下腿筋を***法で緩め、***法で仕上げをする。

治療後、かかとのインソールを購入してもらい、アキレス腱と足底筋膜のストレッチ、足底筋膜のセルフマッサージの指導をして終了した。

「明後日の試合は走れないことはないけど、痛みはあるよ」と説明した。

2回目、試合は出場したけど、痛みがあったとのこと。これは当然である。まだ1回しか治療していないのだから。

4回目、通学時の痛み、階段時の痛みは消失した。

5回目、50%のダッシュの練習では痛みは無かった。

6回目、普通の練習でも痛みは完全に無かった。

かかとの痛み(踵骨骨端炎)はランニングやジャンプなどの際にアキレス腱や足底筋膜の牽引力によって、かかとの軟骨部が炎症を起こして痛みを引き起こす疾患です。

男子に多く、女子の2倍の頻度で認められます。発症年齢は骨端線(成長線)が閉鎖するまでの時期です。特に10歳前後によく認められます。

田中整骨院


背中の痛み

62歳 男性 背中の痛み

2週間前から左背中が痛んで左上肢にシビレが出ている。最近ある事情で車中に寝ているとのこと。狭い車中で変な姿勢で長時間寝たのが原因だろう。

歩いても痛む、だまっていても痛む、頭を後屈、左側屈すると痛む。

初回、頚椎下部から胸椎上部のズレだと思い、背中と頚部を緩め、頚椎と胸椎の矯正を試みる。痛みは随分軽くなった。

2回目、前回と同じ内容の手法で痛みは軽減する。

3回目、3日間治療を空けると、再び痛みはもどっていた。車中で寝ているので、かなり姿勢が悪い状態で寝ているのだろう。

頚椎、胸椎を矯正しても、今日はしっくりこない。あまり変化が無かった。

手法を変えて、****法にする。すると、痛みはウソのように取れた。

首の後屈、左側屈痛や歩行痛も無い。これは新しい発見だった!

原因はやはり、頚椎下部、胸椎上部のズレでした。

田中整骨院

棚障害

13才 女子 陸上部

3日前、試合で800m走を走った後、右膝が痛くなり屈曲痛、階段痛、座れない状態になった。

次の日、整形外科で診察してもらうと、半月板損傷又は棚障害かもしれないと言うことで、大きな病院を紹介され、MRIを撮った。

その結果、棚障害と診断された。水腫もあり、内視鏡の手術を勧められた。

以前、シンスプリントで治療していた患者さんで、翌日当院に来院した。

初回、確かに腫脹があり、膝が曲がらない、伸びない状態で、歩行痛があり、立ち上がりがスムーズできない、階段の上り下り、特に上るほうが痛みがきつかった。

治療後、膝の*****を施術したら非常に効果があり、これだと確信した。

2回目、来院時、前回とは比較にならない程、回復していた。治療後、もう走るのを勧めるぐらい痛みは消失していた。

3回目、走っても痛くないというので治療は終了した。こんなに早く棚障害が治るなんてと
お母さんがビックリ!

弟も1年前に棚障害になり、痛みをとるの時間が掛かったらしい。

棚障害とは、タナ(内側膝蓋滑膜ヒダ)とはお皿と大腿骨の間に介在する滑膜ヒダのことをいいます。見かけ上、棚に似ている事からタナと呼ばれいます。

タナは胎生期の滑膜隔壁の遺残したもので、50%程度の人に認めれています。大半が膝蓋骨の内側の存在しており、普段は何ら異常をもたらしません。

しかし、外傷や膝の酷使によってタナは肥厚、硬化し、膝蓋骨と大腿骨の間に挟まれて症状を引き起こします。

今回は手法****が一番良かったと思います。

田中整骨院


Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ