2009年09月

カカトをつけれられない踵骨骨端炎

11才 男子 ソフトボール部 踵骨骨端炎


2ヶ月前から部活のソフトボールの練習中、左の踵が痛くなる。
特に今日は踵を地面につけられない程痛くなり来院した。

患部を少し押しただけで痛がる。「踵骨骨端炎」と説明する。
下腿や足の裏などの疲労が原因である。

踵の治療は、シンスプリントの治療とほぼ同じである。ポイントは下腿や足の裏だけでは痛みがとれない場合が多いことである。(簡単な場合は下腿と足裏で痛みは取れます)

初回、9月18日 踵の治療は、案の定、下腿と足の裏だけで間に合わない症状だった。治療後、踵をつけられるようになった。ヒールパッドを指導した。

2回目、9月19日、スムーズに歩行ができるようになる。

3回目、9月24日、踵の患部が微妙に変わった。外側部だったのが踵の真裏に移った。治療する内容を変えてみることにした。

4回目、9月25日、過重をかけても痛みは無い。

5回目、9月28日、調子が良さそうなので走って確認するように指導した。

6回目、9月29日、ジョグ、全力でのダッシュでも痛みは無いというので治療は終了した。

踵の痛みで、実際多いのはアキレス腱やふくろはぎの異常や足底筋膜の異常による影響が多く踵に繰り返しかけられる負担によるものではありません。

例えば、アキレス腱からの影響の場合は、腓腹筋→アキレス腱→踵骨→足底筋膜→指先へと移行していきます。

アキレス腱が上方に引っ張れると、踵が引っ張られることになり、結果体重がかかる踵に痛みが発生します。それが原因であれば、アキレス腱やふくろはぎを緩めれば伸縮性が回復しますが、一番の問題は直接これらを緩めても回復しないのです。

それを回復するには****と****の筋肉を緩めなければいけません。


田中整骨院

笑っても痛い股関節痛

11才 男子 ソケイ部の痛み


5〜6日前から右足や股関節付近が痛くなった。

昨日はかなり痛い足を引きずりながら、縄跳びの練習や陸上のハードルや走り幅跳びの練習を行った。

今朝になると、右足(特にソケイ部あたり)が全く動かなくなった。寝返りが出来ない、立ち上がり、足を床につけない、まともに歩けない、笑っただけで足が痛む。

陸上の練習は週3回行っている。学校で縄跳びの大会があるため、必死で練習していた。

まず、股関節の周りの筋肉を緩めるが、これだけでは間に合わないぐらいの症状である。股関節に連動する異常筋肉を調整する。このような場合はほとんどの筋肉に飛び火している思ってよい。

治療後、痛みにはあまり変化が無かった。5日後には学習研究会で1泊旅行があるのでそれまでには何とか間に合うように調整してくださいとのこと。

2回目、次の日来院したときには普通通りに歩いて来た。
昨日、治療後はどうだったか?と聞くと。。
あれから、学校に行き、帰宅して就寝するまでの痛みは少し軽くなった程度だった。翌日、朝起きてみると、痛みは完全に無くなっていたという。

仕上げの治療をした後、ジャンプして確認するが痛みはないというので治療は終了した。お母さんも、あまりの回復ぶりにビックリ!1泊の学習研究会も間に合って良かった良かった。

今回のケースは、実は私が2ヶ月前に体験した股関節痛と同じ症状でした。
多忙の為、3日間寝れないほどの睡眠不足と精神的疲労が重なり、股関節が動かなくなりました。本当に笑っただけで痛いのです。

その時の経験があり、治療の要領が判っていたので、それが役に立ちました。
筋肉疲労も度が超えると、すごい症状がでますよ。気をつけてくださいね。

田中整骨院

アキレス腱痛

8歳 女子 アキレス痛

体操を週5回練習している。1週間前から左のアキレス腱が痛くなる。
つま先立ちと正座をすれば痛みが出る。

アキレス腱の治療は患部を触らないことです。
痛みの原因は他に筋肉異常の形で出ています。今回も患部には一切触らなくて治療しました。

治療後、つま先立ちと正座をして、痛みの確認をします。
「痛くないです〜」

下腿のストレッチを指導して初日は終わりました。

2回目、痛みは戻っていました。(練習を休むことができません)
治療後、又痛みは消失しています。

3回目、来院時から痛みはありませんでした。

アキレス腱は筋肉ではないので血液の供給量が少なくなっています。
その関係で他のスポーツ障害より、比較的治り方遅いような気がします。

この治療法はシンスプリントや踵の痛みなどにも応用が効きます。

田中整骨院


重症の首違え

35歳 男性 首の筋違え


1週間前、洗面所で歯石をとっていたところ(立位で頭を後ろに倒しながら長時間)首が痛くなり回らなくなった。

その後、用事があって山口県まで車で往復した。
帰ってきたところ、さらに首は全く動かなくなっていた。

自分で車を運転できない状態で来院した。(少しの振動やカーブで激痛が走るため)3日後は東京に用事があるので、どうしてもそれまでに治したいとのこと。

重症の筋違えで、可動域はほとんどない状態で前屈は微動で激痛が走る
首に触ることが出来ないため、遠隔治療をすることにした。

3〜4箇所の部位から遠隔治療を行うこと10分間。
ずいぶん首が動くようになったが、前屈はまだ厳しいものがあった。
こういう場合はあまり深追いはしない、これって大事。

2回目、びっくりするくらいその後の反応がよく、今日は自分で車を運転して来院した。
今日もまた遠隔治療を行った。

治療後、前屈も痛むことなくスムーズに動き、驚異の回復ぶりだった。
初日に深追いしなかったのが良かったみたいだ。
結局、治療は2回で終了した。

今回のケースは、普通であれば4〜5回掛かってもおかしくない重症の筋違いだった。

直接触るのではなく遠隔治療を選択したのが良かったと思った。
遠隔治療でも患者さんは、首に感じていますとか、首がピリピリしますなどと言っていた。やはり、筋肉というのは連動しているものだと再認識する。

田中整骨院

又も特殊なオスグッド、今度は。。

小学6年生 男子 野球部 オスグッド


5日前、野球の試合中に両膝が痛くなる。

この少年は「特殊なオスグッド」として、時々私のブログに紹介されている
オスグッド患者さんである。

ストレッチは毎日欠かさずに行っていたけど。。。
又、再発したと言う。

今回も普通のオスグッドの治療では痛みは取れませんでした。

特殊なオスグッドな為、前回、前々回の犯人場所を治療するが痛みは取れません。

いろいろと工夫をし、犯人探しをするが、やっぱり痛みは取れません。

残すところ、もうここしかない場所を約3分ほど治療し、しゃがんで痛みを確認した。

「先生、痛くないです!」

こんなところに****オスグッドの犯人が隠れていたとは驚きでした。
またまた、本当に勉強になりました。

このような、難しい患者さんは特に大事にしなければなりません。
何故かというと、すごく勉強になるからです。

私に言わせれば、宝の山のような感じです。(少しオーバーかな。。)
「こんな難しい患者は無理だ!もう諦めよう!」と思っていたら
今回の特殊なオスグッドの手法は判らなかっただろうし、マスターできなかったでしょう。

「プロは諦めない!絶対に治す!」
こんな心構えが必要ですね。

でも、もっと大事なのは過信したらダメですよ!

オスッグト専門治療ページ→こちら

セミナー後の美味しいカレー

9月5日(土)、6日(日)大阪でのセミナーでした。
19時に初日のセミナーが終わりました。仲間の一人が有名なカレー店に行きたいと言い出し、谷町線の千林大宮まで、仲間4人で行くことになりました。

セミナー会場の淀屋橋から乗り換えて約30分。

店名は「カレーのダイヤ」
実をいうと私はちょっとカレーライスにはうるさいのです。

我が田中家では、ほとんどカレーは私が作る決まりとなっているぐらいでして、
カレー大好き人間なのです。
日曜日、ビールを飲みながら、あれこれと工夫しながらカレーを作っているときは、私にとって「至福のひと時」なのです。

少し道に迷ったあげく、やっとたどり着くことができました。
こじんまりとした、いかにも老舗の風格を感じる店内、薄暗い室内、何とも言えない香辛料の匂い、人のよさそうなママさん。
私が注文したのは「ビックリとんかつカレー」850円です。

出てきたカレーには半分に切った缶詰のパイナップル(口直しでしょう)が一つと福神漬け(赤ではなくオレンジ色の)
とんかつが2つとこれでもかと上から大量にかけたカレールー。

こんな色のカレーは最高です!(こげ茶色、できれば黒に近い感じ。。)
(最近はやりのスープカレーや色が黄色っぽいカレーは好きではない)
カレーの色にもこだわりがあるのです。

ボルーム、味、値段と三拍子そろって合格点でした。
久しぶりの満足なカレーでした!

大阪ではチキンカレーやポークカレーはありません。
ビーフカレーがカレーなのです。大阪の食文化の歴史のひもを解くと、
肉を食べる習慣が無かった江戸時代で、唯一牛を飼うことが許されていた近江
現在の滋賀県がルーツのようです。

余談ですが、千林大宮の商店街をウロウロしている時、何件も整骨院がありました。さすが、激戦区大阪(全国で一番整骨院の数が多い)、その中の数件の看板に、「他の整骨院よりマッサージが長く、上手です」や「マッサージのシンボルマーク」など、。。。。

その整骨院の院長やオーナーは、治療家のプライドというのものは無いのでしょうね、きっと。。。
患者さんの意識も、何をやったかではなく、どれだけ長くやったかが問題なのでしょうね、きっと。。。

いろんなことを考えさせられる大阪セミナーでした。


田中整骨院


090905_2103~01

















090905_2037~01

女性に多い、そり腰

28歳 女性 そり腰


1ヶ月前から右腰が重たくなった。別に何をしたわけではなかった。
1週間前から痛みに変わり座っているだけ痛むようになった。特に運転中。

整形外科に足を運んで、レントゲンを撮るが「異常なし」だった。
電気治療とコルセットしたが痛みは全く変化なし。

ネットで探し来院された。
初回、痛みの原因が判った。「そり腰」である。そり腰というのは腰椎の前湾曲が強いのである。その反対で前湾曲が弱いのが「深腰」という。

そり腰の特徴は仰臥位では、腰背部がアーチみたいになっていて、仰臥位ではいつも緊張状態だから側臥位でないと寝れないという人が多い。

今回の患者さんも、その典型で、習慣でいつも右を下にして寝るので、右腰背部が
膨隆していた。(肋骨が膨らむ)

後屈すると痛むと訴える。
仙腸関節の歪みとそり腰からくる不自然な背骨の位置が痛みの原因でした。

仙腸関節の調整と腰背部の筋緊張を緩和させると痛みは消失した。
治療後、そり腰と仙腸関節の自己療法を指導して終了した。

2回目、来院時、腰の痛みは無いが、右半身がスッキリしないと訴える。
特に、右ふとももの裏のツッパリ感が気になるらしい。
歩き方を聞くと、骨盤を閉めて歩いているそうな。。。
それで、正しい歩き方を指導すると、ツッパリ感も消失した。

そり腰の自己療法は形状自体の改善はあまり変化がないが、痛みは完全に解消します。それは姿勢が良くなるからです。姿勢が良くなれば、内臓が活発に動き出します。内臓が活発に動き出せば、元気になるということです。

田中整骨院
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ