2011年03月

半年前の肉離れ

肉離れ 男性 38歳

約6か月前、ソフトボールの練習中に右ふとももの肉離れになる。
実は、5年前から同じ部位を何回も肉離れをお越し、古傷みたいになっているそうだ。

それと、左ひざを8年前に自転車で転倒した際、半月板損傷になりハードな練習や寒くなると痛みがでるという症状で上五島から泊まりかけで来院された。

1泊2日で3回治療することになりました。

2週間前の練習では、走っただけで痛みが出て練習出来なかったとのことでした。

1回目、体幹を良く診ると、骨盤、背骨、頸椎の歪みが顕著だったので、まずそれから調整することにした。足の長さは3センチ以上の違いがあった。

身体を真っ直ぐにした後、膝の捻じれを調整、太ももの瘢痕形成がある肉離れの調整である。

当院の肉離れの治療は、ほとんどふともも裏はあまり触らない治療になっている。

それは原因は太もも裏ばかりに無いからだ。

彼の場合は****に筋肉異常があったので、そこを中心に治療しました。最後に肉離れのストレッチと膝関節の自己療法を指導して終わった。

2回目、1回目とほぼ同じ治療法でしたが、****だけは入念に治療しました。

治療後、裏の駐車場を走って確認をしてみました。
30%のダッシュで。。痛くない。
60%のダッシュで。。痛くない。
膝関節も痛みが無いとのこと。

ハムストリングの筋肉は確実に改善していました。

3回目、昨晩はぐっすり寝たとのことで壮快。
骨盤を調整すると、だいたいの人が爆睡するようです。
それは、骨盤周囲の関節の動きが良くなり、その周りにある神経圧迫が解消すればその組織のコンデションが良くなるからと思っています。

正確な痛みの確認は、一度ソフトボールをやってみないと分かりませんが、かなり変化が現れると思います。

時間が経過している肉離れも、当院で治療すれば、きっと良くなりますよ。

田中整骨院
★★★★★★★★★★★★★★★★★
田中整骨院
http://www.nagasaki-sport.jp/

スタッフ清水君の結婚式

スタッフ清水君の結婚式

スタッフ清水君の結婚式が3月20日にニュー長崎ホテルでありました。
新婦は宮崎生まれのかわいいお嫁さんです。
約1年間、長崎と宮崎の遠距離恋愛でした。

新居も当院から歩いて10分ぐらいのところの新しいアパートに引っ越し万全の準備をして結婚式を迎えました。

私の方も、スピーチを頼まれていましたので、これもまた万全の準備をしてのぞみました。
当日はすごい雨と風で、着物姿の家内とチャイナ服の次女は車に乗り込むのも大変でした。

ホテルに着くと、会場は人で一杯でした。連休と大安が重なり3つの披露宴会場は大混雑になっていました。
当院の従業員全員も参加し、約70名の結婚披露宴は始まりました。

新郎、新婦が入場する前に二人のプロフィールの映画が映し出され、会場の雰囲気を盛り上げた後、二人が入場します。昔の結婚式と違い演出効果バツグンです。

すぐに新郎側のスピーチ、私の出番です。清水君に対しての思いが強くなり過ぎ、スピーチ内容が長くなったので、原稿を見てのスピーチにしました。

スピーチをしている間、前に座っている人が話の内容に何回もうなずいているのが見え、スピーチの内容はまんざらでもないな。。と自己満足しながら終えました。

ケーキ入刀、お色直し、余興など終わり(当院スタッフの吉山さんのボディビルのワンマンショーなどで大盛り上がりでした)

110320_1810~01


最後のフナーレ、ご両親にご挨拶して、2次会にも参加して、
無事終わりました。

結婚式の終わりごろにスタッフの森光君と本田君が感極まってボロボロ涙流しているではないですか。

意外でした、しかし、誠実なピュアな心を持っているからだと思え、
二人を面接し雇用した自分の眼は間違いなかったと改めて思いました。

なにはともあれ、良い結婚式でありました。二人とも末永くお幸せに!

「人間は一生のうちに、逢うべき人には必ず逢える、しかも一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に」

合掌

田中整骨院

東北地震

東北地震

この度の地震、津波で被害に遭われた地域の方々におかれまして、心よりお見舞い申し上げます。

毎日、テレビの報道を見ていると信じられないような、今まで見たことがない映像が自分の目に飛び込んできます。

今回の大地震は、現在の日本人に与えられた大きな試練のように思えてなりません。前向きにプラス思考で考えれば、今の日本を大きく変えていくチャンスでもあると思います。

あの悲惨な戦争で敗戦国となり現在の日本の姿まで復興したのだから、一人一人が心から願い行動するれば必ず復興できると思います。

被災者の方が一日でも早く笑顔が戻ることを心からお祈りしています。

月並みですが「頑張れ東北!頑張れ日本!」

田中整骨院

体の硬いシンスプリント

シンスプリント 高校1年 卓球部

1か月前から両下腿スネが痛くなる。
整形外科にレントゲン検査の結果、「シンスプリント」と診断された。

その後、整骨院、針きゅうなど治療するが、痛みは変わらなかった。
全国大会のため、練習量が増えハードになったのが原因と思われる。

2週間後に全国大会に行くので何とかしてほしいとのこと。
特に右加重すると痛みがでる。ダッシュすると痛みがでるとのことだった。

このケースの場合は****と****の筋肉異常を調整すればよい。治療すると***に異常に反応があった為、特にそこは念入りに調整した。

治療後、加重の確認をしたら痛みは消失していた、ダッシュの確認はできなかった。

彼は異常に体が硬いので筋肉疲労しやすいのだと説明し、特に下肢のストレッチを指導した。

ストレッチのやり方で、痛いほど強いやり方や気持ちいい程度のやり方など意見が様々だが、私の考え方としては「早く治った方が勝ち」という考え方でやっている。

ケースバイケースになります。人によっては「ヒーヒー泣く位」ストレッチをする場合もあります。今回の場合がそれでした。

2回目(6日後)治療は前回と同じ内容でした。

卓球の練習中の痛みなし、練習後の痛みなし、80%以上のダッシュも痛みなしというのでシンスプリントの治療は終了した。
全国大会に間に合って、ホットしています。
ぜひ頑張ってほしいですね!

シンスプリントの手法は筋肉の緩め方にポイントがあるようです。
試行錯誤しながら、いろいろ試してそう思います。

シンスプリントで悩んでいる選手は一度当院にご相談ください。

田中整骨院
★★★★★★★★★★★★★★★★★
田中整骨院
http://www.nagasaki-sport.jp/
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ