2012年04月

シンスプリントはさほど難しくありません

シンスプリント

14歳 女子 バスケットボール部

2か月前から右すねが痛くなる。徐々に痛みが増してきた。

病院で診察すると、レントゲンも取らずに、使い過ぎによる炎症だと説明された。
そして湿布だけの治療だった。

それだけでは物足りなかったので、病院を替えてみた。
今度はレントゲンを撮って「シンスプリント」と病名をもらった。
ここの病院ストレッチと電気治療と湿布だった。

痛みが全然変わらないので、近くの整骨院に行ってみた。
ここでは電気治療とマッサージを受けたが、痛みは取れなかった。
「シンスプリントは時間がかかりますからね」と言われる。

家族の紹介で当院お扉をたたいた。

20%のダッシュで痛み、加重痛を訴える。

下肢の筋肉を緩め、特に腓骨筋群と後脛骨筋を調整する
それから、メイン治療のBM治療を行う。

その後、加重をかけての痛みは消失した。
治療期間中はバスケットの練習を中止するように説明した。
これってとても大事なことです(軽めのジョグやフリースローなどはOK)

自宅出来る、シンスプリントの自己療法を指導して初日は終わった

2回目(3日後)初回と同じ様な治療を行う、調子がよさそうなのので
走るのを勧めた(80%ダッシュで痛くなければ、練習復帰の目安と説明)

3回目(3日後)80%ダッシュでも全然痛くないというので練習を再開した。

今回の治療のポイントはBMの反応がはっきり出たということとシンスプリントの
自己療法が良かったのだと思われます。(今回は4つ指導しました)

シンスプリントで悩んでいる人は、いつでもご相談ください。

田中整骨院

初めての落語観賞

初めての落語

昨日、生まれて初めて落語を観賞しました。

「春風亭昇太落語家30周年記念公演」

長崎市公会堂、18時30分開演(NBC長崎寄席)

ロビーでサンドイッチで軽く腹ごしらえ
開演は6時半からです。
公会堂1

桂 竹丸さん、新作専門で桂米丸が師匠、したがって歌丸さんの弟弟子にあたる。

春風亭小朝さん、25歳で36人を抜いて真打になったという、誰もが認める実力者

林家たい平さん、「笑点」のレギュラーで数々の古典ネタを持っている。

春風亭昇太さん、「笑点」レギュラーで数多くの新作で昇太流話芸で多くのファンをかかえている。
「お城好き」でも有名です。
公会堂2

実は私は落語が好きなのです。飛行機に乗った時は、必ず全日空寄席を聞きます。
新作もいいですが、やはり古典落語の方が味があって面白いですね。


生のプロの話し家のおしゃべりを聞き、改めてプロはすごい!と感心しました。
観客とのかけひき、「間」の取り方、流ちょうな喋り、オチのつけ方…

ネタに入る前のしゃべりが勉強になるというか、落語家の個性が出て
非常に興味津々、で実に面白いですね。

お陰様で心豊かになる良い時間を過ごしました。
機会があれば又観賞したいと思います。

田中整骨院
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ