2012年05月

29年間悩んでいる尾骨痛…

29年間悩んでいる尾骨痛

43歳 男性

県外から新幹線と飛行機を乗り継ぎ9時間かけて
尾てい骨痛の患者さんが来院されました。
(朝6時に自宅を出て、ホテルに着いたのが午後3時)

当時14歳の時に同級生に「足蹴り」をされた鈍痛が
現在も残って、29年間尾骨の鈍痛として悩んでいる。

これまでに、4件ほどの病院、整形外科、で
レントゲンを撮り全部異常なしの診断。
麻酔科でも異常なし。

カイロプラテックでは指サックで肛門治療、
それも変化なし。
整体、整骨院ではAK治療、これも変化なし。

29年間、あらゆるところに行き、それでも尾骨の鈍痛
は取れなかった。ネットで尾骨治療専門の当院を見つけ、
るばる遠方から来院された。

問診表を見ると、不眠症(安定剤を常用)姿勢不良、
骨盤歪み、猫背、頭痛(毎日常用)めまい、耳鳴り
、痰、胸のつかえ食後の胃腸不良、腹痛、胃部不快感、
下痢しやすい、足のもつれ、冷え症、痛風などがある。

この問診表を見てストレス性の尾骨痛だと判断し、
もう少し入り込んだ問診をした。
すると、出てくるは出てくるは、ストレスのオンパレード…

一番の原因は14歳の時の「イジメ」だということが分かった。(人生最大のストレス)

「怒り、恨み、憎しみ」の人間関係のドロドロしたストレスは
体を傷つけ原因不明の痛みを作ります。
今回はたまたま尾骨に痛みが出たという事なります。

考え方を変えるしかありません。相手は変わらないのですから…

もう許してあげましょう、決して相手ばかり悪いのではないのですから、
少しはあなたも悪いところがあったかもしれません。
ほんの少しだけ、あなたも反省しましょう。

そうすれば、きっと長年の鈍痛の尾てい骨痛も改善していきますよ。
こんな説明をしながら治療に入るが痛みには全く変化無かった。

その間5回治療を行ったが、やはり変化は見られなかった。

今まであらゆる医療機関に行ったがストレスの話は全く出なかった。
先生の言うのは良くわかるが、どう考えても、自分は悪くないし
イジメをした同級生を許すことや自分が反省するなんて…
ても考え方を変えることなんてできません。

いくら助けてあげようと頑張っても、受けいれる姿勢を見せない場合は
(心の扉をあけてくれない人)どうしようもありません。

痛みや病気は「自分の中に誤りがあることに気づきなさい」という、
自分対するメッセージです。
特に自爆障害の場合、何よりも自覚させる事が改善の近道です。

自覚して心を切りかえることができた時点で痛みや症状が消えることは
なくありません。

このようなストレスの話に耳を傾けて、受け入れられるか?られないか?
というのは人格(魂)レベルの問題になってきます。

低い人は受け入れられるだけの器(過去の学び)がまだないので、
いくら言っても無駄です。
もっと苦しい状況に陥って自覚しなければ誰も助けることはできません。

あなたはストレスからくる痛みを信じますか?それとも?…

田中整骨院

明日が試合なのに…

14歳 男子 野球部 足の痛み

2日前、朝練のバッテング練習をしてから、授業中(10時ごろから)
右足首がズキズキ痛みだした。
階段時の痛み、足を床に着くことができない。

整形外科で診てもらうと、「足首の腱鞘炎」と診断された。
ただ湿布だけして明日の中総体の試合は大丈夫だからと言われたが
痛みは引くどころか、だんだん酷くなってきた。

明日は中総体の試合で午前11時ごろからの第二試合でピッチャーとして
投げる予定だ。

友人の紹介で診療が終わる寸前に来院した。

問診すると捻挫では無い、関節のズレだろうと足首を調整するが
痛みは変わらず床に足をつくことが出来ない。

明日の試合は中学生最後の試合だという。

足首の靭帯、腱の炎症だろうとアイシングの指導をした。
(氷と水を1対1で20分間、間を空けてそれを3回)

明日の朝、8時に治療してテーピングをすることにした。

次の日は、少し床に足をつけるようになっていた。
足首に関係する全身に筋肉を調整する治療に変えると
あら、不思議、歩けるようになった。

その後テーピングをして
「少し痛いが、ピッチングもできるから、いけることまで
痛い顔をしないで頑張ってみなさい!」とアドバイス

トーナメントだから負けたら終わり、勝てば又次の日試合があるとのこと。

トーナメントか?!キツイな〜

夕方、試合が終わってから、また来院した。

「試合には出たの?」

「監督からサードをやれと言われ、とりあえず試合には最後まで出場しました」

「試合の結果は?」

「4対3で逆転され負けてしまいました」

「負けは残念だったけど、グランドに立てただけでも今回は奇跡なんだから…」

治療が終わってから…

自分の人生がトーナメントだったら、とっくに敗退していただろうと思うのですが、
幸いというか、ありがたいというか、仕事や人生っていうのは
いくつも負けて、いくつか勝つ
というような長期的なリーグ戦のような気がします。

リーグ戦で良かった…

田中整骨院

久しぶりの男子会

久しぶりの男子会

久しぶりの男子会(私とスタッフで5人)を当院の目の前にある「大阪屋ほるもん」
焼肉男子会を行いました。

土曜日は夕方5時に受付が終わりますが、診療が終わったのが
5時50分、6時からスタート!

「大阪屋」は飲み放題、食べ放題で4000円ポッキリでとても
良心的な、町で評判の焼肉屋さんです。
120526_1824~02


サラダバーやアイスクリームも食べ放題なんですよ。
今日はガッツリ肉を食べようとハリキリました!
肉、肉、肉!!男はやっぱり肉です〜!

ワイヤイガヤガヤと普段のストレス解消には飲み会が一番!
家族のこと、子育てのこと、彼女のこと…話は尽きません。

本当に良いスタッフに巡り合えて感謝しています。
当院の理念の一つに「利他の心を追求する」というのがあります。

スタッフの目標、そして、その家族の幸せを全力で応援すると言う意味です。
6時からスタートしたのに、気が付くともう10時を過ぎていました。

今年の忘年会は温泉旅行で盛り上がろうと約束し、エネルギーを
充満させてお開きになりました。

次回の男子会はいつごろかな?

田中整骨院

神戸から尾てい骨痛の患者さんが…

神戸から尾てい骨痛の患者さんが…

39歳 主婦 尾てい骨痛

神戸から尾てい骨痛の患者さんが来院されました。

4月の末にちょっとしたことで、体を押された勢いでたたみの上に尻持ちを強打する。

病院に行ってレントゲンを撮ると、「尾骨が中に折れ曲がっている」とのこと。
どうしようもないから、自然治癒を待つしかないと言われ、塗薬だけだった。

痛いのを我慢していたとき、偶然にも当院の尾骨専門院のHP見て来院した。
ネットでいろいろ全国の尾骨に関係する治療院を検索していたが
、尾骨専門院はココだけということで、即決したそうだ。

座ると痛い、体育座りで痛む、しゃがんでタンスのものを取ろうとする姿勢
、しゃがんだ状態で作業するのが一番痛いと訴える。

患者様のお母さんも腰や肩が痛いと言うので、親子でわざわざ神戸から
1泊2日で来院された。

まず骨盤を調整した後、尾てい骨の治療に入る。
尾骨は治療する前に、ほんとに尾骨が前方に折れ曲がっているか確認するため
触診しただけで、治療中に触ることは殆どない。

***に鋭い反応がでた。
ここを入念に調整したあと、しゃがんだ状態の尾骨の痛みや体育すわりでの
尾骨の痛みなどを細かくチェックした。

1回目で半分以上痛みは消失、

2回目の治療で8割ぐらい痛みは消失

次の日、治療する前に、
「尾骨を痛めてから、初めてこんなに熟睡しました、寝汗もいっぱいかきました」
と効果を喜んで話してくれた。

3回目、痛みが出る動作を何回も確認したが、痛みは完全に消滅していた。

午後からは市内のホテルに泊まり、久素振りに親子二人で長崎市内観光を
するそうだ。帰りがけに「長崎まで来て本当に良かったです」と嬉しい言葉。

こんな言葉をを聞くと、治療家冥利に尽きます。感謝感謝です。

田中整骨院

娘の運動会

娘の運動会

今日は小学3年生の娘の運動会です。
朝、5時半のアラームで起床。
眠たい目をこすりながらお弁当を作ります。

鶏肉ダンゴの甘辛煮、冷めても美味しいから揚げ、ネギたっぷりの卵焼き
エビフライ、肉巻おにぎり、キャラ弁おにぎりなど…

台所で約2時間大奮戦し、出来上がったのがこれです〜
弁当1


弁当2

8時半から開会式、プログラムの2番目に早くも娘の75m走。
結果は2位、最近は男女一緒に走るのです。

ビデオ撮りやカメラや良いアングルを撮るため右往左往の大忙し。
運動会

お昼のお弁当は、肉巻おにぎりが大好評ですぐに売り切れ、
冷めても美味しいから揚げも、なかなかのもので…

午後からのリレーでは、第2走者、一番でバトンを受けたものの途中で
バトンを落とし、結果3位…

お天気も、かんかん照りではなく曇りの天気で丁度いい感じで1日を過ごしました。

私は、くたくたの1日でしたが、エネルギーがあまり余っている娘は
帰ってからもゲームで夢中に遊んでいました。

あと何回、運動会のお弁当を作れるのか…細やかな幸せを感じる1日でした。

田中整骨院

7年間悩んだ尾てい骨の痛みが…

7年前からの尾てい骨痛

64歳 女性

7年前にベッドから落ちて尾てい骨を骨折した。

患部が尾骨なので治療としては何もできないと言われ
治療は痛み止めの薬だけで、自然治癒を待つしかなかった。

痛みがなかなか取れないので、東京の有名な整形外科で診察してもらうと
尾骨の骨折は良くなっているとのこと。しかし痛みは続いた。

それでも痛みが引かないので、福岡の治療院で診てもらうと
姿勢が悪いのが痛みが取れない原因と言われ治療を受けたが痛みは
変わらなかった。

近くの整骨院で週1回程度の電気治療やマッサージの気休めの
治療を続けるが痛みは取れなかった。

夜が痛くて寝れない、仰向けで寝ると尾骨が当たる、起き上がり時に痛み、
座ると痛くて、最近半年前から右下肢がしびれるようになった。

ネットで当院の扉をたたく。
骨盤の調整と尾骨治療を始める。治療時間は約30分くらい。

治療後、仰向けの体位での尾骨の痛みを確認する。
7年前からの痛みに早くも変化がみられた。

体育座りでの角度の痛みが違う。
痛みはまだあるが確実に痛みの変化を感じているという。

腰痛もあるので、エゴスキューの自己療法を指導して初日は終わった。

2回目、(3日後)完全に痛みは取れていないが、半分以上は激減しているとのこと。

3回目(10日後)旅行に行っていたが、尾骨のことは忘れている感じだという。

調子が良く、夜も寝れるようになったというので、しばらく様子をみることにした。

3回の治療期間は17日間でした。
7年間も悩み続けた時間がもったいないですね〜。
尾骨で悩んでいる人は、今すぐご連絡ください。時間がもったいないです。

尾骨専門治療院 田中整骨院

ひざ裏痛

48歳 美容師 膝痛

慢性的な右膝痛を持っている、その理由は20歳の時に右股関節の手術をして
それをかばうような歩き方やクセ、習慣が日常化しいるのがその理由。

美容師の仕事をしているので、長時間の立ち仕事、片方だけ重心をかける
慢性的作業なども原因の一つ。

近くの整骨院があるので、週2〜3回は通院している。
今回、特に3日前から痛みがピークに達し、昨日は近くの整骨院に
1日2回も治療してもらった。

友人の紹介で当院の扉をたたいた。
膝の裏を少し触っただけで、骨が飛び出したみたいに痛いと言う。

屈伸が出来ない、腫脹がある、熱感を感じる。
足を引きずったような歩き方しかできない。

肩の高さ、骨盤の歪みが外見だけで確認できる。
X脚ぎみの形状が分かる。

まず、下肢を緩め、徐々に膝周りをソフトに緩める、
メインは膝裏の激痛をとることに集中する

それにはまず***を調整しなければならない。

そして腫脹をとる手法***を行い、膝関節の捻じれを調整して
その後、膝をストレッチ5分して治療は終了した。

自宅で出来るX脚の膝痛を取る自己療法を指導して終わった。

2回目、翌日膝の腫脹は取れていた、歩き方も昨日は全然違う。

「〇〇さん、昨日と歩き方が違うように見えますけど…」

「先生、うそみたいに全然痛くないんですよ!自分でも驚いています!
美容院でスタッフから、この歩き方が昨日と全然違うと、すぐ言われました。」

「もっと早くここに来れば良かった〜」と嬉しい言葉。こんな言葉をもらうと
この仕事は止められませんね。

田中整骨院
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ