2012年09月

せっかくの夜景が…

9月16日に全柔協創立30周年記念式典、祝賀会が大阪の
ホテル阪急インターナショナルで行われました。


敬老の日との連休ということで家族で大阪に行くことになりました。
1日目は私は記念式典、娘と嫁さんは海遊館へ
2日目は定番のユニバーサルスタジオです


記念式典には来賓者として有名な国会議員が多数参加されていました。
式典は1000名を超える会員が参加しており広い会場もごった返しで
立食パーテイで食事するのも大変な状況でした。


ハワイ旅行、台湾旅行の抽選会も見事に外れ、今日泊まるヒルトンホテルへ。

大阪2


あまり腹減っていないというので、室内プールで1時間汗かくことにしました。
お客は外人さが一人だけ。プールサイドのべッドで本を読んでいました。

よく見かける光景ですが、外人さんって、なぜプールサイド本なんか
読んでいるんだろうと思いませんか?

大阪1



夕食は阪急ビルの32階で、いろいろ迷ったあげく「牛タン屋」で食事することに
案内されたテーブルは全く夜景が見えないカウンター席でした。

まずくはないが、とても美味しいとは言えない中途半端な料理でした。
レジで清算して店内の様子をみると、なんと
夜景が見えるテーブルはいっぱい空いているではありませんか!


きっと通路側のカウンター席をお客を並ばせて、いかにも店内にお客が入っているように
したかったのでしょう。

お店の都合で、お客のことを全く考えていない商売です。

もちろん、このことをレジの姉ちゃんに「オーナーにこのことを伝えなさい」と一言いって
お店を後にしました。夜景もりっぱなご馳走なのに…とても気分が悪い夕食となってしまいました。


次の日、朝8時半にユニバーサルに到着しましたが、すでにお客は行列していました。
準備万端で用意していたので(どの順番で見てEパスを使うかなど…)、効率よく見ることができました。
小3の娘も大興奮と大はしゃぎでした。
大阪3


帰りの飛行機も台風の影響もなく無事定刻通りに着き、1泊2日の旅行も無事終えました。
疲れますが、たまには家族サービスも必要です。

ユニバーサルの一番人気のハリウッド、ドリーム、ザ、ライトにもう一度、乗りたかったな。

10年来のかかとの痛み

10年来のかかとの痛み

43歳 男性

10年前から左かかとの痛みで悩んでいる。
サッカーで傷めたらしい。

毎朝起きて足を床に着くと、かかとが腫れたような感じで
歩くとバリバリとした痛みが必ずある。

軽いジョギングでも痛い。長く歩くとピリピリとした痛みが出る。
階段も真っ直ぐ降りれない(横向きしか降りれない)

椅子に座っていると鼠径部が痛くなる。

病院で検査をしても、異常なしの診断で痛みの原因はわからないと言われた。
整骨院も真面目に通うが変化は無かった。

当院のかかとのブログを読んで来院された。


最初はダメもとで来たような感じを受けた。
このような疾患は特に燃えてしまうのは私だけだろうか?


治療に入る。体が硬い。下肢の筋肉異常をを調整して、骨盤を整える。
5回〜10回ぐらいの治療が必要でしょうと答えて初回は終わった。

2回目、2日間宮崎に旅行に行っていたとのこと。そこでの変化は
階段が横向きではなく真っ直ぐに降りれたと喜んでいた。


3回目、朝起きて歩くときのバリバリとした感覚が無くなった。


4回目、長く歩いてもピリピリ感が消失した。40%ダッシュでかかとの痛みが出る。

5回目、ジョギングで10以上走ると痛みが出る。

6回目、50%ダッシュで少し痛みが出る程度になった。

7回目、かかとの調子がすこぶる良いとのこと。

8回目、80ダッシュでも痛みは出ない。

9回目、かかとの痛みは全然気にならなくなった。

あとはメンテナンスとして時々調整しに来るように伝えた。


半分諦めていた踵の痛みは良くなりました。
少し回数がかかりましたが、あきらめないで通院してくれて良い結果がでました。

痛みには必ず痛くなる理由があります。(ストレスを含めて)
今回は、「ふくろはぎ」の筋肉が捻れていたのと骨盤のゆがみだと思われます。


かかとの痛みも奥が深いので、難しいケースもありますが
悩んでいる人は一度ご相談下さい。

何年も経過した痛みも、あきらめないでメールくださいね。


田中整骨院&スポーツ研究所
交通事故専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院/長崎

超重症のシンスプリント

16歳 女子 ソフトボール部

重症のシンスプリント

1年前から右下腿が痛くなる。
ソフトボール部でセカンドのポジションで頑張っている。

部員が少ないので、思うように休むことが難しい現状だ。

1年間の間に3回病院を変えてみたが、診断は「シンスプリント」だ。

治療は電気治療や装具や塗り薬、たけふみを指導してもらったこともあった。
症状はだんだん酷くなるばかりで
当院に来たときは、まともに歩くことすら出来ない状態だった。

初回は何をやっても全く変化なし。超重症で疲労骨折の疑いも…

シンスプリントのストレッチと専用のゴムバンドの指導をして終わった。

2回目、3回目と治療するが、あまり変化がないので

「ゴムバンドの自己療法をどのくらいやっている?」
「1日〇〇回ぐらいです」
「それは少なすぎるよ、〇〇回やるようにしなさい」

すると4回目は、驚くほどの回復ぶりでした。

それと同時に今回からPNFの運動療法を取り入れるようにしました。

そのおかげで、この前の体育祭で90%の走りもできて、計6回で治療は終了した。

やはり自己療法をは真面目にやらないと良い結果は出ないと改めて思いました。

シンスプリントは必ず練習量を減らすか、又は休養が必要です。

「休養も練習のうち」と考えるようにしましょう!

田中整骨院&長崎スポーツ研究所
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ