2013年02月

ウォーミングアップ教室

2月24日(日)長与町バレーボール協会主催の小、中学バレーボール教室
がありました。

バレーボール普及指導員をしている私はこのようなイベントにボランテアとして
活動しています。

今回はウォーミングアップを指導することになりました。

ウォームアップの内容が練習の質やゲームの勝敗を左右することが
監督、コーチも分かっているのですが、どれだけウォームアップの質を
真剣に追求している人は非常に少ないのが現実です。
CIMG0860
今回は特に肩周辺、股関節、ジャンプ系、敏捷性を紹介することにしました。

冷えた体育館も熱気ムンムンで汗ばむ感じです。

スタッフの清水先生は元陸上部の長距離選手
(県下一周駅伝にも出場経験あり)
で上手くウォームアップのモデルとして大活躍してもらい、
大好評で無事終えることができました。

その後は、長崎女子高(元鶴鳴女子高)の監督、樋口先生の基礎練習から
実践的な練習へと行い、バレーボーラーにとって充実した1日だったようです。
CIMG0862
さすが教え方が上手だなと感心しましたし、勉強になりました。

これからも地域社会の皆様やスポーツ関係の選手に少しでもお役に
立てるよう、時間に余裕があればボランテアに参加したいと思っています。


交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院/長崎

〒851-2106
長崎県西彼杵郡時津町左底郷87−1
☎095-881-1918
田中整骨院
オスグッド専門(スポーツ障害一般)

エースのかかと痛

16歳 女子 ソフトボール部 かかとの痛み

約1ヶ月前、右かかとが痛くなる。

50%ぐらいのダッシュでは痛くない。
ベースランが痛くなる。

靴を履いたり脱いだりする時が一番痛む。
微妙なかかとの痛みがピッチングに影響している。

病院でレントゲン検査をするが「骨に異常なし、原因が分からない」とのことで
MRIを撮れる整形外科を紹介してもらいました。

しかし、なぜか「MRIを取らなくてもいい」ということでした。
せっかくMRIを撮れるところを紹介してもらったのに…

「脂肪が腫れている」とのことで、足底のクッションを作ってもらった。
最初は少し痛みが軽減していたが、結局痛みは変わらなかった。

当院でかかとの治療を終え、靴を履いたり脱いだり何回もチェックしましたが
痛みは解消しました。

4日後、2回目の治療をする前の問診では
靴を履いたり脱いだりの痛みは解消、ピッチング時の痛みも解消、
全力ダッシュ時の痛みも解消していた。

3月からは試合が立て続けにあるため,短期間で改善してホットしました。
今回のかかとの痛みは骨端炎のような痛みでは無く
かかとの軟部組織が歪曲が原因と思われます。

長崎では1、2位を争うチームのエースだったので
期に改善して本当に良かったです。

交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院/長崎


〒851-2106
長崎県西彼杵郡時津町左底郷87−1
☎095-881-1918
田中整骨院
オスグッド専門(スポーツ障害一般)

腰椎分離症

中学2年生 男子 剣道部 腰椎分離症



去年12月から腰が痛くなる。
整形外科に行くと「腰椎分離症」と診断された。

3ヶ月間は運動禁止、コルセットだけで安静にするようにのアドバイスだけだった。
近くの整骨院、整体院、民間の治療院など転々と治療をするが芳しくなかった。
ネットで検索して当院に来られた。

腰椎分離症の特徴である「後屈痛」が顕著であった。
分離症の特別な治療法というのは確立されていません。

ではどんな治療法なのかと言うと
骨盤、背骨を正しい位置に整え、全体的に調整するというものです。
それに分離症の自己療法を指導しています。
初回の治療で後屈痛は解消するが、この痛みは経験的に又戻ってしまいます。



4回目の治療後、80%のダッシュ数本はOKでした。

5回目、50%の剣道の練習でも痛みはOKでした。

6回目、普通の練習では痛みはないというので治療は終了しました。

当院にはいろんなスポーツ選手が来院しますが、特に剣道選手の言動は
凛としてハキハキしてすがすがしく思えるのは私だけでしょうか?
こんな受け答えが気持ちいい選手がもっと多く増えると仕事のやりがいがありますね。



交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院/長崎


〒851-2106
長崎県西彼杵郡時津町左底郷87−1
☎095-881-1918
田中整骨院
オスグッド専門(スポーツ障害一般)

仙骨骨折

37歳 女性 仙骨骨折

10日前、階段で転倒した祭、お尻を強打し
激痛で動けなかった。

整形外科すぐさま直行する。
レントゲン検査の結果、仙骨骨折と診断された。
しかし、骨折の場所が骨盤の仙骨ということで治療はなし
痛み止めの薬だけだった。

せき、くしゃみをすると仙骨に響く、
立ったり、座ったりで激痛、歩けば痛い、座ると痛い、
仰向けで寝れない、夜になると左足がしびれる。
足が冷たくなったなど…

ネットで検索して当院に来られた。
治療は手法を変えるたびに仙骨の痛みを確認しながら行った。
骨盤の支持を整える為にバラコンバンドの腰回し運動を指導した。
治療後は痛みは軽減するがまだ歩行がぎこちない。

2回目、左足のシビレと足の冷えはすでに解消していた。
自己療法として骨盤の回転を良くする***を指導した。

3回目、痛みは60%減少している

4回目、せき、くしゃみ、歩行、立ち座り、仕事での動きなど
殆ど仙骨の痛みは気にならないと言うので治療は終了した。

今回のケースは仙骨骨折ということで病院では自然治癒を期待するだけで
安静と薬だけです。
当院の治療で治療期間は約3週間で治癒しました。
普通であれば2〜3ヶ月は掛かると思われます。本当に上手く回復して良かったです!

当院は「最短期間で治す事が一番の親切」をモットーに頑張っていんます!


田中整骨院&スポーツ研究所
交通事故専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院/長崎

〒851-2106
長崎県西彼杵郡時津町左底郷87−1
☎095-881-1918
田中整骨院

6ヶ月間悩んだシーバー病

10歳 男子 ソフトボール部 シーバー病(かかとの痛み)



約6ヶ月前から両かかとが痛くなった。
整形外科で検査すると「シーバー病」と診断された。


成長痛だから時期が来ないと治らないと説明を受けた。
だましだまし練習していると、3ヶ月前から
かかとをかばって左膝まで痛くなった。


ソフトボールでピッチャーとセンターをやっていて
早く皆と一緒に普通に練習したいと当院の扉を叩いた。


初回、とにかく身体の柔軟性の無さが気になる。
特にシーバー病の症状はピンキリではっきりしている場合が多い。
かかとと連動している場所に筋肉異常があり、それを入念に調整した。
かかと歩きでの痛みは解消した。


かかとの衝撃を和らげるクッションと足首のリングバンド、自宅できる
ストレッチを指導して初回は終わった。


2回目、50%のダッシュは痛み無し、ピッチング、守備練習での痛みは無し。


3回目、調子が良いので、全力ダッシュで確認の走りを勧めた。


4回目、100%の全力ダッシュ、普通の練習中の痛みも解消したので
シーバー病の治療は終了した。


今回のケースは約6ヶ月間まともな治療をしていなかったのと
特にふくろはぎの柔軟性が無かったのが症状を長引かせた理由だと思われます。


治療期間中は約束事を守ってもらいます。

「痛いことはしない」これが基本です!

痛いということは、まだ踵がその動きに対して対応できないということですから

それを我慢して練習を続けていると、当然治り方は遅くなります。



基本的な考え方を理解していても自分をコントロールできない人がいます。

がむしゃらにやらないと満足しないタイプや痛いと分かっていても

練習を途中で中止出来ない(監督コーチに自分の口で言えない)タイプなど。



このようなタイプの人は自分で自分のケガの治り方を遅くしています。

是非注意してくださいね。



シーバー病(踵骨骨端炎)でお悩みの方は一度当院にご相談ください。
きっと驚くような結果が待っていますよ。



田中整骨院&スポーツ研究所
交通事故専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院/長崎

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ