2013年03月

ちょっとやり過ぎ?今年最後のカキ焼き

ちょっとやり過ぎ?今年最後のカキ焼き



207号線はカキロードと言われ、かき小屋が多数道路沿いにあり
どのかき小屋に入ろうか迷うところであります。

多良岳山系から有明湾に流れる栄養ある名水が上質の

牡蠣を生産するのだろうと思います。
名水100選の「轟の滝」もすぐ近くにあります。



ということで、今年最後のカキ焼きに小長井漁協の近くの

「シーサイドマリン」というかき小屋に行ってきました。
CIMG0939

何故ここかというと持ち込み代一人100円で何でもOKなのです。
CIMG0938

おにぎり、マヨネーズ、スライスチーズ、ポッカレモン、ウインナー、

さつまいもなどを用意持参して行くのです。

インスタントコーヒーまで(ちょっとやり過ぎ…)

CIMG0931
焼きおにぎりや焼き芋などもうバーベーキュー感覚です!

牡蠣は2キロで1700円、炭代300円、そのほかに、

大アサリ、サザエ、ハマグリ、ひおうき貝など…
CIMG0932

持ち帰り用の牡蠣は少し小ぶりですが1キロ400円でした。

マヨネースとスライスチーズを乗せ、ほんの少し醤油を垂らしての

焼きガキはもう最高ですよ!
CIMG0926

シンプルにレモンをかけて食べるのも美味しいですが、

ちょっと工夫することでこの旨さ。

醤油、レモン、酢じょうゆ、マヨネーズ、チーズ、柚子こしょう、

色々な食べ方で味がコロッと変わりますよ。

滅多に食べることが無い、大あさりも美味しかったです!
CIMG0928


今年の10月に牡蠣は解禁しますので、今年はもうしばらく我慢しましょう!
九十九島の牡蠣も有名ですから食べ比べても面白いかもしれませんね。

交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院/長崎


柳生心眼流の正骨術


柳生心眼流の正骨術

3月16日の夜8時から当院で
柳生心眼流の島津兼治先生の正骨術を伝授してもらいました。

山口、福岡など8人の先生が参加しました。
島津先生(柔道整復師)は昭和13年生まれ、74歳。夫人と一緒に
東京からお見えになりました。

約2時間の講義でしたが、
特に「骨の読む、指の凹み」は聞き入ってしまいました。

古武術の凄さを垣間見ることができました。

今の治療にも相通じるものがあり、納得するところが
随所にありました。もっと講義を受けたいのが本音でしたが、

10時から近くの居酒屋「てっぺん」での親睦会を開き
夜遅くまで治療談義に花を咲かせました。
CIMG0919
CIMG0921
頻繁に海外講演を行っているとのことで
夫人も社交性があり、お酒も強く楽しい時間を過ごしました。
CIMG0920
今回は古流の素晴らしさを実感することができました。
私たち治療家は死ぬまで勉強、生きること自体が勉強なのかもしれませんね。


交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院/長崎

雲仙福田屋で男子会

雲仙福田屋で男子会

3月9日、スタッフ5人で男子会、雲仙温泉旅行に行きました。
その日の土曜日は13時で診療を終え、雲仙へ直行。

今回の企画はスタッフ本田先生の柔道整復師の国家試験合格の

お祝いを兼ねての男子会なのです。



仁田峠まで登り、途中普賢岳の見学やロープエイで妙見岳へ、
CIMG0894

島原半島全域を眺望できる景色にしばし感動。

それから雲仙地獄を見物、今日の宿泊先の福田屋へは17時に到着。
CIMG0903

福田屋は民芸調のクラッシックな旅館で一度泊まりたいなと思っていた宿でした。
CIMG0905

早速、露天風呂の「せせらぎの湯」に直行、この開放感、あ〜やっぱり温泉はいいな〜
白く濁ったお湯は硫黄の匂が体を浄化しているような感じさえします。

露天風呂に入りながらのビールは初体験で何とも言えない美味でした。



夕食は囲炉裏の食事何処で、自慢の鍋料理は絶品でした。
CIMG0913
説明を聞くと、椎茸とかんぴょうだけの出汁だけだとか…

これが何とも言えないあとを引く美味しさ。

普段会話しないようなことや、家族のこと、恋人、子供のことなど
語り合い、久しぶりにとても美味しいお酒を飲むことができました。

経営者はスタッフに対してどれだけの時間を投資し、どれだけの対話をしたか
長い人生には、このような上質の時間を作る必要があると思いました。


あとスタッフと旅行出来るのは何回あるでしょうか?
あと大切な人と一緒に過ごせる機会は何回あるでしょうか?


交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院/長崎

久光製薬、古藤選手頑張れ!

3月3日、諫早市中央体育館でV・プレミアリーグの

久光製薬ー東レの試合を見に行きました。
試合は3−0で久光製薬が快勝しました。
CIMG0865

諫早市中央体育館は3月に落成したばかりのピカピカの体育館です。
実は久光製薬のキャプン、セッター古藤千鶴選手(30歳、長崎女子高、身長170センチ))

を応援に来たのでした。

古藤選手は小学、中学、高校と当院に治療に来ていました。(長与町)
中学、高校時代の彼女のプレイ、上手い選手でした、そして努力家でした。

久しぶりの実業団のプレイを見てさらに感動しました。

華麗なトスワーク、さすがプロです!


名門久光製薬バレーボール部のキャプテン、ここまで来るのには人には分からない

血と汗と涙の努力があったのだと思います。

試合後、バスで移動する前に古藤選手と一緒に写真をパチリ。
CIMG0867

小学生の頃、膝が痛い痛いと言っていたあの彼女が…
ファンに囲まれ気配りしながらサインをする姿を見て、

本当にりっぱに成長したんだなと嬉しく思いました。

もし、久光製薬がV・プレミアリーグで優勝して、全日本に選ばれれもしたら、

その次はオリンピックかも…

夢は膨らみますね。
ずっと応援しているよ古藤選手!頑張れ!











Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ