2016年12月

痛くてつま先立ちが出来ない…

中学1年生 女子 体操部

2週間前に平均台の練習中、
平均台の根元の足の部分に落下した。

その際、右足第4中足骨頭裏付近に当たり負傷した。

整形でレントゲン検査を含め診察してもらったが、骨には異常なし
結局分からないとの回答だった。

歩行痛、つま先立ちで痛い、とのこと。

触診すると好発部位だけ出っ張りを確認することが出来る。

単純に「負傷部位を中に押し込めば楽になるのかな」と思った。

痛みが出ないように、好発部位前後に母指を押し付け、
足趾を伸展、屈曲を繰り返した。

そして、歩行、つま先立ちを確認すると痛みは消失した。

時には、シンプルに考えた方が結果が出る場合も
あると改めて感じるケースであった。

交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

毎日3回飲んでいた頭痛薬が…

32才 女性 主婦

頭痛薬は18歳から飲み続けていました。

市販の薬では効かないので、即効性のある頭痛薬を飲んでいると、
その副作用で腸壁がただれにて炎症がが起こり、
血便まで出ていたと言います。

MRI,CTなど検査すると緊張性頭痛と診断されました。
腰痛も慢性で横向きでしか寝れないそうです。極端な反り腰です。

来院時は1日3回は頭痛薬を欠かせない状態でした。
近くの整骨院に週3回通院していたそうです。

頸椎1番、仙腸関節、肩甲骨の動きを良くする手法を試みました。

2回目の治療で1日3回が1回の頭痛薬で済んだと喜んでいました。

5回目の治療で頭痛薬は飲まなくても全然平気で嘘みたいに調子が良いと、
もっと早く知っていればと嬉しい言葉を頂きました。

頭痛で悩んでいる方は是非ご相談ください。


交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

痛くてゴルフが出来ない!

左肩痛 男性 42歳

2か月前から左肩が痛くなる。
痛くてゴルフが出来ない。

レントゲンを撮るとスジを傷めていると言われた、湿布だけだった。
マッサージに数回行ったが全く効果なし。

知人の紹介で当院に来院した。

外転は100度まで、咳をすると脇腹が痛い、
水平伸展、屈曲で背中(菱形筋)にピンポイントで痛みが出る。

前鋸筋と菱形筋は関連する筋肉で、まずこれらの筋肉を調整した。
肩甲骨の周りの筋を緩めるような治療を中心に行い、
5回目の治療で約9割解決しました。

今回のケースはいかに前鋸筋や広背筋を緩められるか?
それがポイントになります。
問題はその緩め方ですね。

こればかりは文章だけでは伝えることが出来ません。

交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

完全伸展できない野球肘

13歳 男子 野球肘

9月の末位から右ひじが痛くなってきたが、
メンバーがいなくて痛いのを我慢してピッチングを続けていた。

10月中旬頃には肘が完全に伸び無くなった。
近くの整骨院に週2回ペースで通院したが、
あまり変化が無く、部活の友人から当院を紹介してもらい来られた。

肘の伸展時の左右差があまりにもひどく保護者もビックリ!

野球肘、野球肩で悩んで来院する選手は10人中10人が
股関節の可動域が悪い特徴があります。

その評価の仕方は「アヒル座り」をすれば一目瞭然です。
お尻が床につきません。

股関節が硬いので、下半身を全く使わない投球フォームになり、
いわゆる「手投げ」になり、それで肩や肘に負担がかかり、
今回は野球肘になっているのです。

今回のケースは肩、肘の可動域は3回目で解消。
肘も完全伸展できるようになりましたが、
股関節の可動域を確保するのに苦渋しました。

股関節のセルフケアを十分にやってもらい、
通院するたびに、投球フォームをビデオを撮り、
チェックしながら治療を行いました。

最終的に8回の治療で終了しましたが、
フォームはどうしても自己流になりがちなので、
時々チェックが必要です。


交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

小学6年生 頭痛がとれません!


「1週間前から頭痛が取れません」と予約の電話が鳴った。

病院でレントゲン、MRIで検査するが異常なし。

バレーボールのキャプテン。
運動不足からの頭痛では無い。

考えられるのは姿勢の悪さからくる頭痛。
でも外見では、そんなひどい姿勢ではなさそうだ。

残るのは、ストレス性しかないと思った。
よくよく聞いてみると、やっぱり「いじめ」が原因だった。

女子にはよくあるタイプで、チームの中で二つのグループに分かれ
副キャプテンとの仲が上手くいっていないのが原因だった。

このような人間関係のタイプ症状が一番厄介で難しい。
それは相手は変わらないからである。

小学6年生でもわかるように説明するのが又難しい。

今回のイジメは偶然なく必然だということ。
自分の身に降りかかる全ての出来事は必然であるということを
認めることから始まります。

色々な話をして
頸椎一番と肩甲骨周囲の筋肉、後頭下筋を緩めて終了。

気になったので1週間後電話をしてみた。

あれから、一度も頭痛は出ていないとの事。

あ〜”上手くいって良かったです。
患者のこころがオープンになっている人は結果が早いです!

交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院



Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ