2018年03月

広島から腰椎分離症の患者様が…

14歳 男子 野球部

去年の11月ごろから徐々に腰が痛くなる。

整形でCT,レントゲンを撮ると、左第5腰椎分離症と診断され、
ガチガチのコルセットを作り6か月間運動中止と言われた。

病院を変え、再度検査した。今回はMRIを撮る。
左腰椎分離症と右腰椎ヘルニアと診断された。

近所の整骨院や整体に行くが結果は芳しくない。

体育に授業も今年の1月から休んでいる。
バッテング、キャッチボールも痛みで出来ない。

「どのくらいの走りで痛くなるのか?」質問するが
整形外科の指示で絶対安静だったので、
走っていないので分からないとのことでした。

広島から2泊3日のとまっりがけで、7回治療することにしました。

本来ならば修復する時間が必要ですが、
今回はそんなことは言っていられません。

初回の治療で重症だと感じました。
分離症とヘルニアとダブル症状です。

4回目で徐々に良くなっているのが分かりました。

「一度、走った感じを次回教えて」

5回目の時に、全力に近いスピードで走っても痛くなかったとのこと。
しかし、走った後少し痛みが出たとのことでした。

7回目最後の治療時は太鼓判を押すほどの回復ぶりでした。
しかし、特に分離症は無理をすると再発しやすい症状だから
ハードな練習をした次の日は半分以下の練習をしなさいとアドバイスしました。

セルフトレーニングとして
大腰筋を緩める方法や重心軸を整えて
腰に負担がかからない方法を指導して終わりました。

遠方からで泊りがけの患者様はプレッシャーがありますが、
その分、やりがいがあります。

その後、患者様から嬉しいコメントがありました。
早速ご紹介します。


【チームメイトの保護者の方に
田中整骨院を紹介していただき広島より施術に来ました!

整形外科のCTで分離症とヘルニアと言われて
ガチガチのコルセットをつくり6ヶ月?1年くらいの安静、
運動禁止との診断をうけました。

ラストシーズンを何もやらずに引退しかないなぁと思っておりましたので、
藁にもすがる思いで長崎まで行きました。

田中先生にメールで問い合わせしたところ、
遠方の為、3日間の7回とゆうプランをたてていただきました。

だんだんと痛みが無くなっていくとゆう感じです!
1.2回目はしばらくすると元に戻る感じも否めませんが、

回数を増すごとに痛みが軽減される感じみたいです(息子談)

整形外科では絶対安静と言われて学校の体育も休み、
他の整体に行っても痛みは取れず…の繰り返しでしたので、

田中先生の施術をうけて痛みが無くなったとゆうのが信じられないくらいです!

それと自宅でやるストレッチを教えていただくのですが…
嘘のように痛みが軽減されます!
春休みを利用して遠方からではありますが来てよかったです☆】

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院








木綿豆腐と絹ごし豆腐

豆製品は身体に良いと誰でもが認める食材ですが、
では何を選んだら良いのでしょうか。

豆腐、納豆、豆乳、枝豆など種類が豊富です。
さらには豆腐でも、木綿豆腐や絹豆腐、厚揚げなどさまざまな種類があります。

実は同じような食材でも、種類によって栄養素が大きく変わってきます。
ぜひ覚えておきたいこれらの食材の選び方を紹介していきたいと思います。

まず豆腐です。

同じ値段でよく並んで売っている、木綿豆腐と絹豆腐。

料理の内容によって種類を選んでいるかもしれませんが、
成長期の選手には木綿豆腐の方がお薦めです。

これは木綿豆腐の方が絹豆腐よりも、
身体をつくるたんぱく質を多く含んでいるからです。

さらに不足しやすいカルシウムも、実は木綿豆腐の方が多いのです。
ですから成長期の選手の場合は、
木綿豆腐の方が絹豆腐よりも強い身体を作るにはおすすめです。

また豆腐には厚揚げがあります。
これは豆腐を油で揚げたもので脂質は高くなるものの、
なんとカルシウムが多く含まれます。


そして、豆腐の中でも最強なのが高野豆腐です。
高野豆腐









高野豆腐は豆腐を凍結、低温熟成した後に乾燥させたものです。
水分がなくなっている分、栄養素がぎゅっとつまっています。

特に嬉しいのは、カルシウムと鉄が多く含まれることです。
不足しやすく吸収されにくいそれらの栄養素が摂れるのです。

高野豆腐は煮物というイメージが強いのですが、お薦めの食べ方があります。
それはおろし器ですりおろすこと。

粉にしてフライの衣に混ぜたり、ハンバーグに混ぜるなど、
小麦粉の代わりのように使えます。

小麦粉は糖質でごはんなどからもとれる栄養素ですが、
それを高野豆腐にすることで、
成長期の選手に多く必要な栄養素が手軽にとりやすくなります。

いかがでしょうか。

豆腐といっても、種類によって栄養素がだいぶ違うことは伝わったでしょうか。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院


季節の変わり目の対処法

「三寒四温」とはよく言ったもので

テレビで見ると、3月21日の箱根の温度はマイナス3度。

大吹雪で大雪でした。祭日で観光客も大変だったでしょうね。

今回は極端ですが

「三寒四温」とはよく言ったものです。

寒暖差のせいで調子が悪くなりやすいですよね。

本日はそんなときに役立つ対処法をご紹介いたします。

その方法は「首温活」読んで字の如く首を温める方法です。

常に身体を温かい状態を保つことによって

体温調整のためのエネルギーを

あまり使わないようにして自律神経の低下を抑えるようです。

首温活のおすすめ方法は

蒸しタオルを電子レンジで温めた蒸しタオルを首の後ろに当てます。

ストールやネックウォーマー
肌寒く感じた時だけつけるようにします。

ぜひ一度試してみてください。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院



10歳若返るための4つの運動、その4


(足の左右運動)

太ももの横側、中殿筋、大腰筋を鍛えることができます。
イスの後ろに背筋を伸ばし、両手でイスの背をつかみます。
片方の足を真横にゆっくり上げ、

上がるところまで上げたら、ゆっくり戻します。
大事なのは姿勢です。

足を上げる際は、高く上げることよりも

真横に上げることに神経を注いでください。
また、

ゆっくり呼吸を続けながらスローモーションのようにやると効果が高まります。

月並みの言葉ですが「継続は力なり」

少しでもいいから毎日続けることが大切です。

これが習慣化すれば、寝たきり老人にはなりません。

習慣化するにはコツがあります。

「バカバカしいほどハードルを下げ、自分に言い訳できないようにする」

時間が無いとか、体力がないとか、言い訳できないくらいハードルを

下げればいいのです。

さあ!10歳若返るための4つの運動を自分の体力に合わせて

行いましょう!寝たきり老人にならないように!

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院












10歳若返るための4つの運動、その3

(足の前後運動)
大腰筋、股関節、大殿筋を鍛えることができます。
このトレーニングは動作が大きいので、

安定させるため片手でイスにつかまり行います。

イスの背をつかみます。片方の膝を水平の位置まで上げます。
姿勢をキープしたまま、上げた脚をさらに小さく、上げます。

これを連続して繰り返します。
左右10回。上半身が丸まったり、後ろに傾いたりしないように。
膝を上げる時は脚の付け根、股関節に意識します。

逆の足は踵に重心を乗せます。
いずれのエクササイズも呼吸を止めないこと。

上半身の姿勢がとても大事なので、胸を張り、お腹を軽く凹ませ
背骨の正しいS字カーブをキープしてください。


「お尻が変われば未来が変わる」
この言葉を心に留めて楽しくエクササイズを実践しましょう!



田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

10歳若返るための運動その(座って太もも上げ)


10歳若返るための運動その
(座って太もも上げ)

このエクササイズは腹筋と大腰筋の両方を鍛えることができます。
まず、イスに安定するように座り、両手でイスのの座面をつかみます。
次に、片方の脚を引き上げると同時に上体をかがめて、

膝を胸へ引きつけていくのです。
背中が丸まっても構いませんので、

膝頭が顔に近づくくらい大きく足を上げるようにします。


腹筋を意識しつつスローモーションのように、

ゆっくり行うのがコツです。


大腰筋は上半身と下半身をつなぐ筋肉で、

体幹を支える中心的な「柱」となる存在です。


この筋肉が強化されると上半身と下半身の連動性高まります。








10歳若返るための運動、その1

これから具体的なノウハウをご紹介していくわけですが、

大切な確認事項は次の3つです。
 峩撻肇譟廚函嵳酸素運動」の両方を行う
下半身を中心に鍛える(とりわけ大腰筋、大殿筋)
0貔犬砲錣燭辰瞳兮海靴討い

,陵酸素運動に関してはウォーキングを前提にしています。
ウォーキングはもっともハードルが低く継続しやすいからです。


△海譴らご紹介するメニューを行えば、

自然に大腰筋、大殿筋という「健康長寿のために欠かせない筋肉」
身体の「柱」が鍛えられるようになっています。


この点が一番重要ポイントと考えています。
「バカバカしいほどハードルを低めに設定する」
自分自身に言い訳できないくらいに、これが必要です。

●つかまりスクワット
スクワットは下半身の筋肉っを鍛える、もっとも代表的な屈伸運動です。
この「つかまりスクワット」は椅子の背につかまり行うもので、
動作が安定しますし転倒を防ぐことにつながります。


両足を肩幅に広げ、上体はまっすぐのまま、膝を曲げていきます。
息を吐きながらゆっくり腰を落としていき膝の高さくらいまで腰を沈ませます。


その後、息を吸いながらゆっくり元の姿勢に戻します。この繰り返しです。
注意ポイントは膝を曲げる際に膝頭がつま先よりも前に出ないようにする。

つま先より前に出ると
膝関節を痛めるリスクが高くなります。

太ももの筋肉や大殿筋、そして深部の大腰筋も効果的に鍛えられます。

歳をとってからトイレに行ったりするたびに、

誰かの手を借りるハメになりたくないでしょう。

このトレーニングは下半身の筋肉の底力をつけてくれます。


お尻を鍛えて寝たきりにならない身体つくり

膝や腰の痛みの根本的原因は衰えたお尻にあります。

年齢を重ねるにつれ、膝や腰の痛みに悩まされ、

思うように動けなくなる人が増えています。

いつまでも自分の足で元気に出歩ける方法はないものか?

その願いを叶えるカギとなるのが、お尻なのです。

お尻の筋肉は体の中で最も大きく、体を支え、バランスを取り、

様々な衝撃を吸収する役割を担っています。

お尻の筋肉が弱くなると真っ直ぐに立つことが難しくなり、

姿勢が悪くなります。

お年寄りに背中が丸い人や、

足が前に出ず歩幅の狭い人が多いのはそのためです。

若い人でも猫背であったり、乗り物ですぐに座りたがる人は

お尻の筋肉がかなり弱っている可能性が高く、要注意です。

そして、お尻が弱くなると、その負担がすべて関節にかかってきます。

例えば、股関節には体の3倍、

50キロの人であれば150キロの負担がかかるため、

その衝撃が吸収できなくると膝痛や腰痛が起きてきます。

そしてバランス能力が低下すると、

ちょっとした段差に引っかかり転倒するリスクが高くなります。

「今回はお尻を鍛えて、一生歩ける身体を作る」のテーマで

数回のシリーズで、そのトレーニグ法をご紹介したいと思っています。

お楽しみに

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院


行動を100%習慣化できる方法

行動を100%習慣化できる方法

自分が望む成功には目標設定や計画が
大事だと分かっていますが、
なかなかその為に行動を習慣化するのは簡単なようで難しい。
と思っていませんか?

今回は、どんな三日坊主の達人でも絶対に失敗しない
確実方法を伝授したいと思います。

ある文献を調べると、行動の45%は習慣で成り立っているそうです。

無意識で行動していることになりますね。

ある大学のデーターでは、新しい行動が習慣化になるまで
平均66日かかるそうです。

ある名言で「思考が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人生が変わる。」

やはり行動を習慣化することは人生まで変えるのです。

ではその方法とは「バカバカしいほど、小さな目標設定する、

絶対失敗するわけがない、言い訳できないようなにする」

例えば、「毎日腕立てふせを1回だけやる」これだったら、
時間が無いとか体力がないとか言い訳できないですよね。

これが習慣化すれば1年後には
腕立て伏せが100回出来ているかもしれません。

このようにバカバカしいほど、ハードルを低くすのです。

自分自身に言い訳できないくらいに…

皆様も一度トライしてみてはいかがですか?

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院



とっておきの冷え性改善方法


私は寒いのが大の苦手です。

行動範囲は狭くなるし、心もさみしくなるし、つまるところ、
暖かい方が好きってことです。

今回は冷え性について、とっておきの改善方法をご紹介します。

使い捨てカイロを背中とか腰に貼っている人をよく見かけます。

実はもっもっと効果抜群の貼る場所があります。

それは「肝臓」です。

身体を温めるということは、血流が熱を運んで温めているのです。

血液が良く集まる場所は肝臓です。

全血液の30〜40%が肝臓に流れます。

肝臓には門脈があります。
門脈からドンドン血液が流失するので、
使い捨てカイロは肝臓に貼ると
全身の末端まで血液が運ばれます。

ぜひ一度肝臓に貼ってみてください。

きっと違いが判るはずです。

もう一つ、改善方法があります。
血液が一番消化される場所は内臓です。

特に肝臓、腎臓、特に小腸で栄養を吸収します。

この消化や吸収の負担を抑えるのがポイントになります。

例えば、夜9時以降は食べない、冷たいものを取らない、
腸に負担をかけないように食事制限をすることです。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院

Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ