2018年08月

小学3年〜中学2年まで悩んでいたオスグッド

中学2年生 女子 バレーボール部

小学3年生ころから膝が痛くなった。
家族はさほど注意深くこの膝痛を気にしていなかった。

ソフトボールをやっていたが、
あまりの痛さに1年間休んだこともあった。

小学5年生の時ことの深刻さに気付いた両親は病院へ…
オスグッドと診断された。

中学に入り、以前から好きだったバレーボールに入部する。
ジャンプ系の多いバレーの練習でさらに膝痛は悪化した。

時々地元の整骨院で治療は受けていたが、痛みは取れなかった。

ネットで検索し当院に来院された。
スグッド専門院だが、小学3年〜中学2年まで悩んでいる選手は非常に珍しく、
こんな長期にかけて痛みが続くオスグッドは初めてだった。

走ると痛い、ジャンプするときが痛い、しゃがむと痛い、
正座は数年したことが無いなど…

バレー









五島からの来院だったので1日2回治療することになった。

1回目の治療後、
数年間出来なかった正座がいとも簡単にできて母親は感激されていた。

オスグッドの問診時によく聞かれることがあります。

「オスグッドって治るんですか?」
結論から申し上げると「絶対治ります!」

その理由は専門院として看板を掲げてから、
上手く行かなかったことが無いからです!

原因は大腿四頭筋の拘縮、委縮などが原因
と思っているいる人がほとんどだが、

実は大腿四頭筋が原因というのは約2割なのです。

では残り8割は他に色々なところに原因が隠れています。

当院のデーターでは腸腰筋が主になります。

オスグッドで悩んでいる選手は是非ご相談ください。
きっとあなたのお役になれると思います。


田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院


大分から尾骨の患者様が…

大分から尾骨の患者様が…

主婦 60歳

今年2月結婚披露宴でイスに座ろうとした際、
スタッフの手違いでお尻から転倒し臀部を強打する。

痛いのを我慢してその責務を果たした(長男の結婚式だったので)

その後、病院で検査すると尾骨骨折と診断。

薬と湿布と超音波の治療を週2回、7月後半まで通院した。
しかし痛みが少し軽減したぐらいだ。

病院の説明では
「骨もくっついているし治癒しているからと治療は終了します。」と言われた。

まだこれだけ痛みがあるのに…それはないだろうと納得いかず、

信頼していた病院に裏切られた感じで、自分で探すしかないと思い、
ネットで検索し大分から来院されました。

臀部









尾骨骨折してから、普段から便秘症だったのが
(3日に一度)さらにひどくなり、横向きで右下にしか寝れなくなった。

1泊2日で4回治療することにしました。

元々姿勢が悪く、骨盤が後傾しているので
尾骨治療する前に、骨盤、背骨のラインを整えることにしました。

尾骨治療4回後、痛みは完全消失し、
足を挙げてのV字でも痛みはありませんでした。

悪い習慣やクセの座り方で又痛みが戻るケースが多いので
正しい座り方を指導し、良い姿勢を保つための体操を指導して終了しました。

帰りの大分までの運転は、きっと違うと思うはずです。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院


種子骨炎で熊本から…

種子骨炎で熊本から…

高校1年生 野球部男子 種子骨炎

今年の4月頃から左足種子骨炎の痛みで熊本から来院されました。

この種子骨炎の痛みは中学1年生のころから痛みが出したそうです。
中学生のころ数回当院で治療した経緯があり、また再発しました。

医者曰く、このまま野球を続けていると種子骨が粉砕するかも…
と言われたそうです。

過重をかけると痛い、つま先立ちで痛い、
ジャンプ痛、ジョギング痛などがある。

1泊2日で6回施術することになりました。

足の痛み










治療法は距骨を緩め足関節の動きを良くすること基本軸として、

種子骨障害に関与する筋肉のスパズム改善

(後脛骨筋、長腓骨筋、前脛骨筋、母趾外転筋、
短拇指屈筋、拇趾内転筋など)それと中足骨の軸合わせです。

軽くジャンプするまでは改善しますが、又すぐに戻ります。

5回目で60%のダッシュで痛み、
6回目で80%のダッシュで痛みぐらいまで回復しました。

種子骨障害に対応するテーピングと
種子骨改善の自己療法を3つ指導しました。

もし、種子骨が粉砕したらどうしようと親は心配しますが、
その時になって初めてどうするか考えましょうとアドバイスしました。

まだ来ない未来について心配していたらストレスが溜まり身体によくありません。

種子骨障害で悩んでいる人は、ぜひご連絡ください。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院






一人で広島から…


中学三年生の野球部少年が広島から、
たった一人で泊りがけ1泊2日で治療に来られました。

同じ中学三年の娘を持つ父親として、
この違いは何なのか?驚きます。

約半年前、尾骨で悩んで1年間練習できなかった少年で、
その時は父親と一緒に来院しましたが、

夏の大会で相当無理をして尾骨痛が再発したのです。
彼はピッチャーで連投したのが原因だと思われます。

尾骨痛は骨盤の位置や背骨の位置などが主因で
直接尾骨の圧迫などは関連していないのが多いのです。

ですから、尾骨のレントゲンを撮っても、何も異常がありません。

野球1










今回は1泊2日で4回治療することになりました。

立ち座りが痛い、せき、くしゃみで痛い、
しゃがむと痛い、力むと痛い、体育座りが痛いなどの症状がありましたが、

4回目の治療後は全部クリアしました。

聞くところによると、左肩も疲労骨折、靭帯損傷で挙上、外転、外旋も
ままならないような状態でしたので、肩関節の治療も行いました。

実は彼の口コミで広島、山口から4人ほど野球少年が来院しています。

結果が良ければ口コミが発生する典型的な例です。

でも遠方からの来院は改めて素直に感謝感謝だと思っています。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院


Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ