2019年04月

運動器疾患の原因は〇〇筋

運動器疾患は腸腰筋と多裂筋が原因だという話をしてます。

それくらい、この2つの筋肉は重要なのです。

「腸腰筋が過緊張すれば反り腰になるのでは?」とよく質問されます。

腸腰筋が過緊張になっている人は腰が丸くなるか又はフラットになります。

腸腰筋の過緊張と筋力低下は全く違うものです。

このことが皆さんはごちゃ混ぜになっています。

まとめると

腸腰筋











■腸腰筋の過緊張は腰が丸くなるか又はフラットになる

■腸腰筋の筋力低下は腰がそり腰になる

多裂筋が弱くなると、腰椎を安定させようと
腰椎前面にある腸腰筋は過剰に働きだします。

多裂筋
















特徴的には

■ギックリ腰で前屈が全くできなくなる

■座っている時、腰痛がひどくなる、足がしびれる

多裂筋を促通させると、これらの症状は一気に改善します。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
膝痛専門院


足の親指の付け根の痛み

16歳 男子 陸上部(長距離)

2か月前から左足の拇趾の痛みが発生。

これといった原因は思いつかない。
普段と同じ練習しているが、左だけ痛みが出る。

病院でレントゲンを撮り検査すると
「親指のスジが炎症している痛み」と説明された。

しかし、湿布と薬だけで痛みは変わらない。
次は整体に行くが、やはりは痛みの変化は無かった。

当院には記録会で5000メートル走った、2日後に来院した。

何故、左の親指だけスジが炎症するのか?
ここがポイントになります。

必ず根本原因を治療しないと結果がでません。

足の付け根










よく見ると、彼は足の甲が高い、
いわゆる土踏まずが高いのです。

土踏まずの高い人の特徴は、腓骨筋の筋力低下があります。

腓骨筋が弱くなると、それを補おうと足趾が頑張るようになります。

すると長趾屈筋、長母指屈筋が異常に過緊張になります。

そして、下腿筋や足底筋を引っ張るようになりますから、

アキレス腱炎や足底筋膜炎やマメやタコなどが出来やすくなります。

それと、土踏まずが高いのでバランスをとろうと
親指で床を押さえつけような動きが機械的に続くことになります。

だから、親指の関節が正しい動きができなくなり、
親指の関節にストレスが溜まりスジの炎症という結果になるのです。

では、どのような治療を施すか?

実はとても簡単で、

腓骨筋と後脛骨筋と〇〇筋を疎通させれば、
2週間で解決します。

足のトラブルで悩んでいる人は是非ご相談ください。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
膝痛専門院

腸腰筋の緩め方

前回の続きです。

じゃ、実際にどうやって

腸腰筋の過緊張を調べ、どのように治療するかというと

1 腸腰筋の停止部(鼡径部)で圧痛を取る
2 痛がれば腸腰筋は過緊張であるので多裂筋を収縮させる
  という流れで行っていきます。

多裂筋の筋力が弱くなると、拮抗筋である腸腰筋が過緊張になるからです。

ですから、腸腰筋を緩めるには、多裂筋の疎通(筋収縮)が必要になります。

腸腰筋2















1 仰向けのまま患者さんの両下肢を
セラピストの足や大腿部に乗せて
下肢を挙上位にします。

2 そのまま、両臀部を浮かせるように
ヒップアップさせるだけです。

一般的にヒップアップは屈膝臥位といって、

仰向けの状態で膝を立てた姿勢で
行われますが、多裂筋は股関節が
曲がった状態では働きにくくなるので、
なるべく下肢は伸展位のままヒップアップさせていきます。

動脈、静脈、リンパ節を圧迫している腸腰筋が緩みますから
下肢のむくみが取れていくのです。

「嘘だろう!」

とそんな簡単にむくみが取れるのかと
思われがちですが、即効でむくみが
改善しますのでぜひやってみてください。


田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
膝痛専門院

足のむくみと腸腰筋の関係

今日は足のむくみ(浮腫)と腸腰筋の関係についてお話します!!

浮腫は一般的に、
下肢の循環不全によって引き起こされると考えられています。

エコノミークラス症候群といって飛行機に
長時間乗るなど座りっぱなしになることで、下肢の
循環不全が起きると言われています。

ただ、これらの足のむくみというのは
“腸腰筋へのアプローチで改善することがほとんど”です。

腸腰筋は腰椎から小転子へ着いており、
大腿動脈や大腿静脈、さらに鼡径リンパ節あたりに
近い部位に存在しています。

腸腰筋が過緊張になるとこれらの血管やリンパ節を
圧迫することになります。

腸腰筋が過緊張を引き起こされている患者さんほど、
下肢はむくみやすいです。

ムクミ
















そして
この足のむくみに対して行うことは、多裂筋への筋収縮です。

「え!?」

むくみに対して多裂筋??

って思われがちですが、腸腰筋の過緊張は
多裂筋の筋力低下によって引き起こされます。

ここ一番大事!

多裂筋へ収縮を入れると腸腰筋はどんどん緩みます。

腸腰筋が緩めば 圧迫されていたリンパ節や大腿静脈は
解放されるため、たった一日のアプローチでも
ものすごく改善するのです。

次回は、多裂筋の収縮のやり方を説明しますね、
お楽しみに!

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
膝痛専門院


2年間悩んだ鼠径部痛が…

15歳 男子 サッカー部

約2年前から両股関節痛に悩んでいるとのことでした。
いわゆる鼠径部症候群です。

その間、T整形外科でレントゲン、MRI検査の結果
「股関節唇損傷」と診断される。

これといった治療がなく、
I整形外科を変更するが、ここもパットしなかった。

痛みが全然取れないのだ。

次にY整骨院。スポーツ治療に力を入れている治療院で約4か月間通院する。
しかし、少し楽になったぐらい。

次はKクリニックに通院した。全然変わらなかった。

大分に良い治療院があると聞いて大分まで通った。

次はK整体へ。

今年になってからはK整形へ通院を続けた。

当院には4月に入って同じサッカーの仲間から紹介された。

スポーツ選手に多い股関節の痛み
鼠径部痛症候群です。

サッカー










サッカー選手に多い原因は

インサイドキックにより腸腰筋や恥骨筋を酷使するからです。

普通なら
腸腰筋や恥骨筋が働きすぎないように
ストレッチしましょう、電気治療、マッサージしましょう、
などなるのですが…

股関節痛に関係するのは
腸腰筋が過剰に働くため、

それは多裂筋の筋力低下が原因です。

プラスして内転筋も共同して働くので、この筋も促通します。

疲労骨折とか、器質的な問題がなければ
鼡径部症候群たったの1〜2週間で治ります。

重要なのは

“固くなっている筋、過緊張になっている筋”

にアプローチすることではなく

なぜ固くなっているのか原因を解消することです。

そして、過緊張になる筋の98%は他の筋の筋力低下が存在しています。

本当に弱っている筋に対して、関節を支えている筋に対して、
しっかり単独で収縮させると驚くスピードで改善します。

彼も、週2回の治療、2週間でプレイ中は全く痛みが無かったとのことでした。
でも、次の日はしばらくぶりの練習で筋肉痛になってはいましたが…

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
膝痛専門院

股関節の動きで最も重要なのは腸腰筋

股関節の動きで 最も重要なのは腸腰筋だと
言われています。

腸腰筋というのは下肢の筋の中で最も近位部に位置しています。

陸上競技の短距離走選手(スプリンター)が 腸腰筋を鍛えるのは、
こういった理由で 腸腰筋をトレーニングし、なるべく早く
下肢を振り上げるために日々トレーニングしているのです。

腸腰筋











そして、

腸腰筋は下肢の振り上げ動作だけに作用するわけではありません。

スクワットをした際には 股関節をしっかりと屈曲させるため
腰が反ったり、丸くなったりしない ようにしてくれます。

股関節がしっかりと曲がった状態は

腰椎へは負担がかからないので、
“大殿筋が優位に働きやすい”状態になります。

「殿筋を使え!」

と意識的にトレーニングさせられるより、
腸腰筋を鍛えたほうが断然、殿筋は使えるようになるのです。

腸腰筋の重要性は挙げればキリが ないですが、
ここを理解して 治療しているのと、しないのとでは違いが出てきます。

また腸腰筋のトレーニングというのは

腸腰筋は股関節を屈曲するだけでは、
大腿筋膜張筋や内転筋、縫工筋、大腿直筋など

いろんな筋が一緒に収縮してしまうため、効果が出ません。

腸腰筋を単独でピンポイントでトレーニングする必要があります。

重要なのは

“固くなっている筋、過緊張になっている筋”

にアプローチすることではなく

なぜ固くなっているのか原因を解消することです。

そして、過緊張になる筋の98%は他の筋の筋力低下が存在しています。


田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
膝痛専門院


超重症のオスグッド


11歳 男子 バレーボール部

去年の9月から両ひざが痛くなり,
病院で診察してもらうと「オスグッド」と診断された。

そもそも、オスグッドになる人の共通点は「身体が硬い」ということです。

彼も、足首が硬くてヤンキー座りをすると後にひっくり返ます。

前後屈の柔軟性もびっくりするくらい硬い。

うつ伏せになっての踵を臀部につける大腿四頭筋の
柔軟性の検査では20センチ以上間があります。

この状態で痛いのを我慢しながら練習をするわけですから、
膝関節はたまったものではないのです。

オスグッドの指標でもある、脛骨粗面の隆起はかなりのものでした。

オスグッド











このような重症のオスグッドは膝関節だけ治療しても良い結果はでません。

ではどうすればいいのか?

まず、足関節の安定性を確保するため、
腓骨筋と後脛骨筋とさらに〇〇筋の促通が必要になります。

そして、大腿四頭筋と絡んでいる腸腰筋、多裂筋の促通が重要です。

筋肉には拮抗筋と共同筋があることを頭に置いて
施術するクセをつけることがポイントです。

痛い部位だけ治療するのではなく、
何故この筋肉が硬くなるのか?硬くする根本原因はどこか?

それさえ分かれば重症のオスグッドも怖くありません。

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
膝痛専門院

椎間板ヘルニアとか脊柱管狭窄症に対して、どんな治療?

そもそも、 なぜ、 椎間板ヘルニアは椎間板の髄核 が
脊柱管の 方へ飛び出してしまうのでしょうか?

なぜ、 そもそも脊柱管狭窄症は椎体部に
骨棘(骨にとげができます)が できてしまうのでしょうか?

本当にヘルニアや骨棘によって痛みが出ているのでしょうか?

椎間板が出てしまうのも、 椎骨に骨棘ができてしまうのも、
腰椎への機械的なストレスが原因です。

腰椎に負担がかかっているからです。

腰椎に負担がかかる理由は、
一部の筋が過剰に働きけん引される ことで起きたり、

深層の腰椎を支えている筋が 弱くて、
関節反力が加わっているなどあります。

ヘルニア









要は、 “腰椎を支えている筋がしっかり働いていれば負担はかからない”

ので、 ヘルニアも出ないですし、 再発も防げますし
、骨棘も できなくなるのです。

腰椎を支えているのはこの3つの筋肉です

・腸腰筋
・多裂筋、腹横筋

です。これらが働いていれば、
たいていの腰痛はすぐに改善していきます。

腰椎に負担をかけていることが
原因なので、腸腰筋と多裂筋、腹横筋の
促通(筋収縮)でほとんどが改善してしまうのです。

私が腰痛を治療するときに、
腸腰筋、多裂筋・腹横筋のほかにするとすれば、

隣接関節の膝と肩甲帯くらいですが、

ほぼ100%に近いくらい痛みは改善します

腸腰筋と多裂筋この二つの筋肉が一番の治療ポイントです!!


田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
膝痛専門院

南山高校バレー部に関節トレーニングを指導


先日の選手権で高校、中学と共に県大会優勝した、
今、乗りに乗っている南山高校、中学のバレーボール部。

あの常勝軍団、大村工業を破っての優勝でした。

去年の秋頃から選手の治療をするようになりました。

ケガをしない身体作り、動きが良くなる、ジャンプ力がつく身体作りを、
スタッフの鶴先生と一緒に関節トレーニング法を指導しに行きました。

どこかが痛い、身体が重たい、違和感がある、
筋肉が張っている、力が入らないなど…

そんな時は必ず関節を守る筋肉が低下してます。

身体には約500個の筋肉がありますが、
関節を守る筋肉(支える)は12個しかありません。

この12個のどこかが筋肉低下を起こしているのです。

IMG_0632











関トレは関節を守る筋肉だけを単独でピンポイントで鍛える方法です。

筋トレとはそこが一番の大きな違いです。

関トレを行えば姿勢、関節可動域、関節が柔らくなるので 
練習前のストレッチを行う必要はありません。

良いパフォーマンスには脱力が必要不可欠です。
素早い一歩、左右の俊敏な動きなどは
脱力するため筋肉の柔らかさが条件になります。

約40名の部員に、2時間弱、丁寧に指導を行いました。

南山高校、中学バレー部の今後の試合に大注目してください。
応援していま〜す!

今月の格言 「夢や目標を達成するには1つしか方法はない、
それは小さなことを積み重ねること」 byイチロー

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
膝痛専門院

ギックリ腰をその場で改善させる方法

ぎっくり腰は正式名称ではありませんが、
原因も良く分かっていない症状です。

急激な腰部へのストレスによって
引き起こされているのは分かるのですが、

脊柱起立筋などの腰部周囲の筋の部分損傷だと考えています。

カンタンに言えば、腰の筋肉の肉離れです

腰痛には腸腰筋と多裂筋が有効です!

腸腰筋と多裂筋は腰を安定させる筋肉なのです。

歩くのがやっとで来たぎっくり腰患者さんも、この二つの
筋の促通で普通に歩いて帰れるようになります。

ギックリ腰













ぎっくり腰も全く同じです。

地を這うように来院した患者さんでも、
治療によって腰部周囲の筋が修復するわけではありません。

治療によって、損傷した筋に
ストレスを受けなくなっただけです。

“腰椎が腸腰筋や多裂筋の働きにより、腰部にストレスがかからなくなった“
から痛みがその場で取れて、正常な歩行が可能になるのです。

“ぎっくり腰はその場で改善しないもの“
と思っていませんか?

その場で改善するんですよ。


田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
膝痛専門院

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
肋間神経痛 (ブログで情報収集!Blog-Headline/health)
肋間神経痛
  • ライブドアブログ