55歳 女性 主婦

2週間前から、何をしたわけでもなく、突然左背中から脇腹にかけて痛み出す。
クシャミや深呼吸すると痛みが増強する。

病院で検査すると肋間神経痛と診断される。電気と薬だけの治療を毎日続けたが、全く変化がないので当院に来た。

脊柱が正しい位置になく、歪みが原因ですよと説明しながらの治療になった。
首、肩、背中、骨盤の周りの筋肉の緊張がハンパではなかった。
緊張を緩和し、骨盤、背骨の歪みを取った結果、深呼吸しても痛みは無かった。

2回目は少し脇の下に痛みが残存する。
3回目、完全に痛みが解消した。

この患者は、他に腰痛、頚椎症、手根管症候群、手首の腱鞘炎、指の痛みなどがあったので、引き続き治療するようになった。

解説
肋間神経痛は背骨の歪みが原因です。背骨が歪んでいるという事は、当然骨盤も歪みがあり、頚椎も同様だという事です。
骨格を正しい位置に戻すことが基本です。これさえ出来れば、症例の7割〜8割は回復します。

田中整骨院
095-881-1918