小学4年生 男子 ソフトボール部

今日、ソフトボールの練習中、セカンドからファーストまで変な姿勢で投げた際、右肩をいためる。

過去にも肩が痛くなった時、整形外科で関節が緩みすぎと言われたことがある。

今回は服を着るときも脱ぐときも痛いと言う。

明日、試合があるので何とか試合に出場したいと訴える。

肩関節が正常な位置に収まっていないのが原因と説明し治療に入る。

このような場合は○○法が効果がある。

治療後、シャドーで思いっきり腕を振り回してもらって確認する。

「痛くない!」

横から、お父さんが、「ほんとに痛くないのか?」[痛い時は痛いと言いなさい」
と心配顔。

「明日の試合は大丈夫だよ!」

月曜日、再び来院して「日曜日の試合、肩は痛くなかったけど1回戦で負けてしまった」
と残念そうな顔。

「次の日曜日も試合だから、又頑張りなさい!」

今回のケースは肩関節の上腕骨頭が正常な位置にない為、筋肉が普通に働けない状態にあったと考えられます。正常な位置に戻せば、その場で結果がでます。

田中整骨院