パニック障害

41歳 女性 主婦

HPの問い合わせでパニック障害で悩んでいるとのことで、大分から泊りがけで
来院した。

見た感じでは、そんなそぶりは(パニック障害で悩んでいる)
一切見受けられない。
逆にとても気の良い、気さくな中年の女性であった。

問診に少し時間をかけて患者さんの情報を得る。

9年前から喘息の治療
7年前から副鼻腔炎の治療
今年の5月、潜在性高プロラクチン血症と診断
7月にギックリ腰を起こしてから前屈できない
コルセットが外せない(またギックリ腰になったらという恐怖感から)
背中の張りがとれない
耳鳴り、便秘
PMS(月経障害)症状が毎回違う
股関節がつる(正座から足を崩すとき)
土踏まず、かかとの裏の痛み
背中、肩こり
歯のかみ合わせがおかしく、前歯がつかない感じ
去年、整形外科でMRIの結果、首、腰のヘルニアと診断された
今年から、毎日どこかが痛くて、土日以外は毎日整骨院へ電気治療へ通院
今年5月から体調不良(吐き気、下痢、悪心、頭痛、イライラ)
気分的に優れず、検査しても脂肪肝以外、悪いところは無かった
不眠症(常時安定剤を服用)
今年の7月、パニック障害と診断された
(広場恐怖症、めまいや焦燥感、不安神経症、痛みの恐怖)
などなど。。。

このような患者さんの場合は自ら箇条書きでメモに書いてくる場合が多い
今回もそうであった。

このような症状を一ずつ取っていく治療ではないと説明する。
ある程度、全身の筋緊張を緩和してから、ストレス除去をしていく。

ストレス除去しながら又重要な情報を得た。
9年前、母を亡くしてから喘息、過呼吸、婦人科疾患、めまいなどが
酷くなったらしい。

帝王切開時に途中で麻酔が半分切れたまま縫合。。。それがちょっとした
痛みでも恐怖感を感じ、麻酔の恐怖から歯医者に行けなくなったとのこと。

育児に自信がなくなり、娘とのスキンシップがないという。
(4歳の娘さんは異常な便秘症だ、この原因はスキンシップの無さだと
説明し、毎日お腹をさすって下さいとアドバイスした)

それを中心としたストレスから除去することにした。
治療中、感極まって泣き出してしまう。

治療後、前屈出来なかった腰が前屈できるようになった。
主人の前以外は涙を見せたことがなかったのに。。。不思議です。。
突然、涙が出てきて。。。

2回目、ストレスは沢山あり、最近気になるような出来事を5つばかり
メモってもらい、それを一ずつ薄皮をはぐ様にストレス除去していった。

次の日、3回目、顔の表情が違っていた。普段はなかなか寝れないのに
眠たくて仕方が無かったという。

大分にもこのような治療をしてくれるところがあればいいのに。。
出来ることなら、月に1回でも治療に来たいと嬉しい言葉をもらう。
治療後を終え、メールがあった。

田中先生

今回の施術、本当にありがとうございました。
主人共々、時間が経つにつれ体が軽くなるねと話しながら帰路に着きました。
私自身は、ここ最近の動作が躊躇せずに今日はでき、コルセット無しで家まで車に乗れました。
次回は、子どもが先生やスタッフの方、患者さんにご迷惑を掛けないように致します。
本当にありがとうございました。
来週はライブでご来県とのこと、猛暑が続くようなのでお気をつけください。
別府(鉄輪)の地獄蒸し工房はすごい人気です。
ありがとうございましたm(_ _)m

パニック障害はストレス性の治療が必須になります。
もし、悩んでいる人がいれば当院の門を一度叩いてみませんか?

田中整骨院
★★★★★★★★★★★★★★★★★
田中整骨院
http://www.nagasaki-sport.jp/