種子骨炎とオスグッド

11才 男子 ラグビー部

6ヶ月前から左足裏の親指付近が痛くなる。

走ると痛い、体重をかけると痛い、
つま先立ちになるとさらに痛みが強くなる。

我慢して練習しているとさらに悪化した。
病院で検査すると「種子骨炎」と診断された。
塗薬と練習量を減らしなさいのアドバイスだけだった。

痛いのを我慢しながら練習を続けていると、2か月前から右膝が痛くなり
整形外科でレントゲン撮ると「オスグッド」と診断され、
10回以上通院するが
膝の痛みも右足裏の痛みも全然取れないので、ネットで検索して来院された。

3回目の治療の際、初めて種子骨炎であるということを知った。
遠慮して言わなかったのか、この症状は諦めていたのか知らないが
種子骨炎は3回目から治療することになった。

4回目の種子骨炎の治療は〇〇を行ってみた。ふと思いついた手法であった。
効果は手応えを感じる内容だった。

5回目、あれから1週間経っていた。
劇的に変化していた。普通に練習、全力でダッシュ時もオスグッド、種子骨炎も
痛くないというので治療は様子をみるため終了した。

オスグッドは予想していた通りの結果だったが、種子骨炎は正直なところ、
もっと時間が掛かると予想していたので以外な結果で私自身が驚いたくらいだ。

「ふと思うことは宇宙からのメッセージ」常日頃から大事にしよと思っています。

交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院