平成27年2月1日(日)の西日本新聞「風人もよう」に掲載されました。

想像以上のスペースを割いてもらい
「故障から選手を救いたい」と題名で掲載されました。

本当に嬉しいことです。

記事の内容は…この業界に入ったキッカケから、
どんな思いで仕事をしているか、
業界に入る前の仕事やどんな治療をしているか、
その差別化は?
どんな時にこの仕事をしていて幸せを感じるか?
また趣味などが書いています。

IMG_20150202_0001

















電話番号は掲載されませんでしたが(広告ではないので)、

すると早速、壱岐から膝の悪い患者様が
船とJRとバスを乗り継いで約3時間かけて
来院されました。

壱岐から時津まで来院する、その思いやその背景を想像すると
正直プレッシャーを感じますが、
ここまで来るのに何件も整骨院を飛び越えて来てくれている
ことを考えると治療家冥利に尽きます。

持てるすべての技術を出して誠心誠意込めて治療します。

今度は息子に送ってもらうからと、ほくそ笑む顔で予約して帰りました。

このような一瞬が一番この仕事をして良かったと感じる時です。


交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院