高校3年生  女子 陸上部

1か月前から左足母指球付近が痛くなる。

陸上部の短距離練習がハードになっていた。

アップシューズにインソールを入れれば50%ダッシュは
何とか走れる状態だ。
しかし、スパイクシューズは履いただけで痛みが出る。

整形外科で診察すると内側の種子骨が分裂しているのが
痛みの原因と言われた。

種子骨障害の治療は別になく、痛みが落ち着くまで練習を休んで
安静するしかないと言われた。

このままでは高総体に間に合わないと思い、ネットで検索して来院した。

当院では種子骨の治療法は確立されています。

母指外転筋、短母指屈筋、母指内転筋を調整します。
この調整が難しいのです。当院ではAKS療法を使用します。

今回は米国ペディフィックス社の「種子骨保護粘着パッド」1400円
を併用しながら治療しました。アマゾンで購入できます。


6回目の治療で、スパイクシューズでの走りもOKになり
高総体まで様子をみることにしました。

種子骨炎での痛みは、どこの治療院でも苦渋している疾患です。
悩んでいる人は是非ご相談ください。


交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院