中学2年生 女子 ソフトテニス部

5月21日のソフトテニスの練習中、
左足母指付け根付近が突然痛み出した。

中総体前で練習がハードになったのと、
坂道ダッシュなどのトレーニングが原因と思われる。

5月25日、整形外科でレントゲンを撮ると
「二つあるの外側の種子骨が割れている」とのことでした。

ネットで検索して当院に来院したのが6月1日でした。
6月11日の中総体に間に合うように懇願されました。
歩行痛、加重痛、黙って立っていても痛みがある状態でした。


治療は横アーチ外在筋である後脛骨筋、長腓骨筋、
内側縦アーチの内在筋である母指外転筋、
短母指屈筋、母指内転筋などをリリースした。

その後は立位での痛み、歩行時の痛みは解消したが、
速足の歩行はまだ痛みがありました。

種子骨専用のラバーを活動する時に
はめてもらうよう指導して初日は終わった。

まだ2年生だから、
無理してこじらせるより、補欠の人にチャンスを与えることも
考えておいたほうがいいともアドバイスした。

2回目も同じような治療を施し、
3回目では試合形式の練習でも痛みは感じないとのこと。
あまりにも回復が早いので、私自身がビックリである。


彼女はヤンキー座りをすると後ろにひっくり返るくらい
足首が硬いので足全体に普通の人より、非常に負担がかかるのも
原因の一つではないかと思われます。

とにもかくにもこの調子でいけば中総体に間に合いそうです。本当に良かった!


交通事故専門治療院
田中整骨院&スポーツ研究所
九州で唯一の尾骨専門の整骨院