69歳 男性

去年の8月、クーラーの機械をロープで引き挙げていた時
右肩を痛める。

気になっていたが、そのうちに治るだろうと様子を見ていたが、
痛みは一つも変わらなかった。

重い腰をあげて、やっと今年の2月、来院する。

挙上80度、外転40度、外旋不能、結滞はお尻に触れる程度、

箸を口元に持っていけない、洗顔、歯ブラシの動きが不便など。

「多分、筋繊維、又は靭帯が断裂していると思います、
直ぐにMRI検査を受けた方がいいですよ」とアドバイスした。

切れてると初めて知り、
ただ事ではないと初めてその重大さに気づいた様子だった。

1週間後、「先生の言う通り、三分の二切れていました、
手術はせずに保存療法で様子を見る」と医者に言われたとのこと。

「やっぱり切れていたか…」
よく半年以上も放置していたものだ…

症状は少しオーバーに考えて丁度いいと思ったのでした。 

田中整骨院&スポーツ研究所
野球肩・野球肘専門治療院
九州で唯一の尾骨専門の整骨院
交通事故専門治療院